今年は当たり年?「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」10ベストカー試乗会開催! 受賞の行方は?

11月24日(木)、晴天の袖ヶ浦フォレストレースウェイにて、10ベストカー試乗会が行われた。先般、48台のノミネート車の中から選ばれた11台の「10ベストカー」が揃い、60名の選考委員による最後の試乗チェックが行われた!

例年以上に有力な“11台”が集まった「10ベストカー試乗会」

2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤーも佳境に入ってきた。48台のノミネート車の中から、選考委員の一次選考により選ばれたのがこちらの11台。(10位同点のため、今回は11台)。それに、「Kカー・オブ・ザ・イヤー」に参加のダイハツ・ムーヴキャンバスを含む全12台が「10ベストカー試乗会」に参加した。

今年の10ベストカーは11台! サクラ/eKクロスEVは2台が並び、全12台でパチリ!
10ベストカー
受賞車
スズキ アルト
トヨタ クラウン
日産 エクストレイル
日産/三菱 サクラ/eKクロスEV
日産 フェアレディZ
ホンダ シビック e:HEV/シビックタイプR
マツダ CX-60 e-SKYACTIV D
BMW iX
ヒョンデ IONIQ 5
ランドローバー レンジローバー
ルノー アルカナ
今年の日産は、10ベストカーにサクラ、エクストレイル、フェアレディZの3台が選ばれる快挙!
三菱eKクロスEV/日産サクラは今回の台風の芽か。各選考委員からは勢いを感じさせるコメントが相次いだ。

スズキ・アルトからレンジローバーまで。価格帯も幅広く、人気のSUVが中心ではあるものの、2シータースポーツカーやセダン、軽セダンに軽ハイトワゴンなどバラエティに富んだ顔ぶれだった。

上級フル電動SUVのiX。走りやデザインへの評価が高かった。
ヒョンデ IONIQ 5。ヒョンデブランド日本最上陸早々での10ベストカー選出は、実力の賜物。

ちなみに11台の10ベストのうち、世相を表しピュアEVが3台(サクラ/eKクロスEV、iX、IONIQ5)で、残りもハイブリッドを有するモデルたち。唯一、電動ユニットを持たない「ピュアエンジン車」としてのエントリーは、「フェアレディZ」ただ一台だ。

軽自動車の良心とも言えるのがスズキ・アルトだ。堂々たる10ベスト進出! ノンハイブリッドのベースグレードも試乗車が供された。

当日、各車の最終チェックを行った60名の選考委員により投票が既に開始されており、映えある「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、12月8日の最終選考会にて選出される。カー・オブ・ザ・イヤー本賞以外にも、インポートカー・オブ・ザ・イヤー、デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー、テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー、テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー、パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー、K CAR オブ・ザ・イヤーも選出される。各社の主力級モデルが出揃った今回は特に、各賞の行方に大注目だ!

e:HEVとタイプR。異なる個性ながらいずれも高い走りの質感に注目が集まった。
CX-60は、縦置きリヤ駆動プラットフォーム&直6パワートレーンなど、チャレンジの塊と言える一台。
新型クラウン。デザインへの注目も高かった。
ルノー・アルカナブースでは、自慢のE-TECHをレゴ模型で再現。機構を分かりやすく説明してくれた。
10ベストカー枠外だが、Kカー・オブ・ザ・イヤーを賭けてダイハツ・ムーヴキャンバスも参加。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部