北米ブランドのBFグッドリッチもこだわりのチョイス!【SUBARU CAMP in 渚園 #007】

北米仕様のアウトバックは2.4L!日本にはないタフなウィルダネス

「SUBARU車でCAMPしている方」。そんなごくごくシンプルなレギュレーションのなかで開催されるのがSUBARU CAMP。静岡県は浜松市の渚園で行われたイベントでも、たくさんのスバリストが雲ひとつない青空の下、笑顔満点楽しんでいた。

純正のスタイルをキープしながらアップデート中!

FA24エンジンのSUBARU車を求めて、ウィルダネスにたどり着いたKenさん。ベースは、本物の北米版アウトバックウィルダネスで、純正のスタイルを活かすべくホイールを変えず、ルーフキャリアもディーラーで購入できるスーリーを選んだ。また車高をリフトアップしたことでハマるようになったことから、タイヤはBFグッドリッチに。キャンプは「めんどくさいを楽しむスタイル」で、メタルマッチで火を起こしたり、薪ストーブも愛用しているそう。「バイクでも出かけるので、コンパクトなギアを揃えています」。

Specifications
■TIRE:BFグッドリッチ(245/65R17) ほか

SUBARU CAMP in 渚園で注目の7台 まとめはこちら

SUBARU STYLE(スバルスタイル) Vol.14より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

V系スバル女子「にゃんちゅうー」ちょっと遅い夏休みを満喫! スバル クロストレックで佐渡島旅|新車レビュー

日本で最大の離島であり、その面積は東京23区の1.4倍ある新潟県の佐渡島。フェリーもあるので、愛車で島内ドライブをすることも可能。そんな佐渡島の名所をクロストレックでドライブしてきたぞ!

工賃込み4万円&作業時間30分! 最寄りディーラーでアップデートできるスバルの「e-Tune」がスゴイ!

車高調やエアサスなどのフットワークチューンは クルマの乗り味やスタイリングを変化させる重要アイテム。 各メーカーからリリースされる新作モデルはこだわり派も満足させる注目パーツが勢揃い。 極上の乗り心地やスタイルを狙うなら、見逃せない今時フットワークチューンをお届け!

USDMはじてみる?【ユーザー実例4選】日本仕様を海外仕様にチェンジ or 逆輸入モデルで差をつける!

カスタムの定番として脈々と受け継がれている北米仕様。北米の純正パーツを手に入れて装着したり、自分でDIYしてみたりと北米仕様に近付けるメイクだ。

キーワードで検索する

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon