ショートバンパー&フロントグリルの交換でクラシカルなスタイルが完成!【スズキ・ジムニー DEMO CAR COLLECTION #007】

先々代JA11型、しかも1型を彷彿させるフロントグリルなど、ノスタルジックな新型ジムニーが新しい!

・パイプガードを短くしオフ系タイヤをアピール
・JA11ジムニー純正のウインカーを流用可能
・ランクルを連想させるグラデーション仕上げのサイドデカール

JA11のウインカーを付けられるのもポイント!

機能パーツを得意とするシュピーゲルが始動した、アウトドアやオフロードにマッチするパーツブランドがフュージョン。現行ジムニーはノスタルジックな旧規格モデルの雰囲気に寄せていく方向でパーツを開発。

フロントまわりで目を惹くのが、JA11の1型をイメージしたフロントグリル。2型以降は最終型まで同じデザインとなっており、1型しかない横と縦のフィンで構成されたデザインはファンが多い。フュージョンのグリルはスズキエンブレムを付けられる台座も用意しており、より1型の雰囲気に近付けられるように工夫している(エンブレムは別途用意)。バンパーはJA11のカスタマイズでも主流となっている、無骨なパイプタイプ。ブラックで塗装されているため精悍さが増し、デザインだけでなく色使いでも車高アップ感が得られる。

Specdificain(JB64JIMNY)
◦Fusionフロントバンパーブラック 11万5500円
◦フロントフェイスグリルType2 6万3800円
◦Fusionリアバンパーブラック 7万5900円

スズキ・ジムニー DEMO CAR COLLECTION まとめはこちら

HYPER REV(ハイパーレブ) Vol.277 スズキ・ジムニー&ジムニーシエラ No.14より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

低速トルクアップに割り切ったECMセッティング! ジムニーの概念を覆す走りは特筆

低回転域のトルクの細さがJB64の弱点と言える。そこに注目し、あえて他の部分を無視し、低速ト…

可愛い系とクレイジー系、遊び心満点な「タニグチ」のジムニーでアウトドアを満喫!

・アウトドアアクティビティを楽しむためのカスタムパーツ ・実用性も抜群なインテリアアイテム…

伝統の「ジャオス」スタイルをシエラにも! 強靭な質感が魅力のタフブラック仕上げ

・フロント&リアスポーツカウルにタフブラック仕上げを導入 ・定番マッドガードⅢはレッドとブ…

キーワードで検索する

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon