サイバーナビが車内のWi-Fiスポットになる!!

クルマの中をオンライン化できる【カロッツェリア・サイバーナビ】全8モデルを発売

常に先進機能を追求してきた、カロッツェリアのカーナビゲーション「サイバーナビ」。高速データ通信(LTE)を活用した、高画質・高音質な映像コンテンツを楽しめる、オンデマンド機能搭載の新モデルがリリースされた。

車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に対応

いち早く車内のオンライン化を目指してきたパイオニア。車載用Wi-Fiルーターの開発など、他にはない独自のコンテンツを展開してきた。

今回発売された【カロッツェリア・サイバーナビ】8モデルは、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)の車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に対応し、同梱もしくは別売のネットワークスティックを接続して車内のオンライン化を具現化した。

車内のオンライン化で、何より嬉しいのは通信量を気にする必要がないということ。

サイバーナビ本体がWi-Fiスポットになるため、スマホやタブレットなどでオンラインの映像や音楽を思う存分楽しむことができる。

また、「ストリーミングビデオ」でYouTube動画を直接操作・再生できるほか、自宅などで使用している「Amazon Fire TV Stick」を接続すれば、映画やドラマ、バラエティ、スポーツ、アニメまで幅広いジャンルのコンテンツが楽しめるようになる。

さらに同乗者が楽しめるエンタテイメント性だけでなく、車内でPCメールの確認やWeb会議といったテレワークを行えるなど、カーライフの可能性も大きく広がるはずだ。

サイバーナビならでのはの高画質・高音質も大きく向上。ハイレゾ音源の再生に加え、「マスターサウンドリバイブ」機能を搭載しているため、CDや圧縮音源だけでなく、ネットワーク動画やDVD/SD/USBなどの映像ソースの音までもハイレゾ音源相当にアップグレードし、臨場感あふれるサウンドが楽しめる。

他にもディスプレイに高精細HDパネルを採用し、HD解像度に対応。地図表示はもちろん、ストリーミングによる映像コンテンツやテレビなどさまざまな映像ソースを高コントラストかつ高解像度で描画し、繊細な色彩を表現できるようになっている。

フラッグシップモデルに相応しい機能性が詰め込まれた【カロッツェリア・サイバーナビ】。快適で楽しいカーライフをサポートしてくれる。

ネットワークスティック同梱モデルなら、車内向けに提供する通信サービス「docomo in Car Connect」が1年間無料で使える!!

今回発売されたモデルは大きく分けて4タイプ。9型ディスプレイのAVIC-CQ912-DC、8型ディスプレイのAVIC-CL912-DC、200mmワイドメインユニット対応の7型ディスプレイAVIC-CW912-DC、2Dメインユニット対応の7型ディスプレイAVIC-CZ912-DC。

各モデルにネットワークスティックの同梱/別売モデルが用意されている。とはいえ、新型サイバーの機能性を存分に味わうなら、ネットワークスティック同梱モデルがオススメ。

オンライン化にあたり、ドコモの高速データ通信を定額で利用するのだが、用途に合わせて3つの利用プラン(1日550円、30日1,650円、365日13,200円/各税込)から選択する必要がある。

これがネットワークスティックセット(-DCモデル)を購入すれば、「docomo in Car Connect」を1年間無料で利用可能となっているのだ。

また、ナビ機能として気になる地図情報に関して、自動地図更新に対応し、追加費用なしで最新地図データの利用が可能になっているのも嬉しい(最大3年分)。

さらにMapFan スマートメンバーズ向けに、最新データバージョンアップ期間を最大3 年から4 年(2025 年10 月31 日まで)に延長する特典もあり。このチャンスにぜひ。

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon