ただいま急増中の「ブルバー軍」を一挙レポート!!|新トレンドのアゲ系カスタム”UP style" Vol.2

約30mmのリフトアップで、仕事現場へも楽々乗り入れ!【トヨタ・30系ヴェルファイア】

にわかに盛り上がりつつあるミニバン系オフロード指向スタイル、それがリフトアップやアウトドアギアで武装した今が旬のUP!STYLEだ。有志のUPスタイラーが集結したAGE-VANミーティング参加者の中から、フロントノーズにブルバー(いわゆる野生動物対策ガード)を装着した車両を中心にカスタム内容を徹底紹介。その実態は世の中に存在しないパーツは流用、はたまたワンオフ製作で乗り切る気概に溢れています!!

シャコタン仕様から心機一転、アゲ系へチェンジ

お仕事は建設業だというヨシキングさんは、日頃の通勤にも愛車ヴェルファイアをフル活用中。

これまで乗り継いできた愛車も軒並みローダウンしていたこともあり、何の疑問も持たずにヴェルファイアもシャコタン化するも日常使いの不便さに辟易。

SNSで情報収集をすることでアゲ系の存在を知り、一気に方向転換を果たした。ちなみに足まわりにはアルファードのハイブリッド(ATH30)純正品を組み込むことで前後30ミリ程のリフトアップを実現。

トーヨータイヤの肉厚オープンカントリーを履かせることで、足元にブコツなイメージを持たせることにも成功している。

1 / 5

「約30mmのリフトアップで、仕事現場へも楽々乗り入れ!【トヨタ・30系ヴェルファイア】」の1枚めの画像
ルーフにはフェアリング付きのロングタイプカーゴが備え付けてあり、お仕事用の脚立も常備されてます(笑)

2 / 5

「約30mmのリフトアップで、仕事現場へも楽々乗り入れ!【トヨタ・30系ヴェルファイア】」の2枚めの画像
フロントグリルはフードトップモールのみゴールデンアイズ用アイテムを流用。グリルマーカーも完備する。

3 / 5

「約30mmのリフトアップで、仕事現場へも楽々乗り入れ!【トヨタ・30系ヴェルファイア】」の3枚めの画像
リアラダーはネットで購入したというメーカー不明の汎用品。ちょっと長さが足りないような気もするけど、それも個性的に見える!?

4 / 5

「約30mmのリフトアップで、仕事現場へも楽々乗り入れ!【トヨタ・30系ヴェルファイア】」の4枚めの画像
純正加工を施したマフラーエンドと並び装着されているのは、海外から輸入したブランド不明のヒッチメンバー。

5 / 5

「約30mmのリフトアップで、仕事現場へも楽々乗り入れ!【トヨタ・30系ヴェルファイア】」の5枚めの画像
HLKのロックフォースホイールに、ホワイトレターが眩しいトーヨータイヤのオープンカントリーRTを履かせる。

TOYOTA・ヴェルファイア(平成29年式)
●ホイール:HLKロックフォース(16×7.5J)
●タイヤ:トーヨー・オープンカントリーRT(235/70)
●エクステリア:タンドラ用加工フロントバンパーガード、リアラダー、ヒッチメンバー
●チューニング:スロコン=ピポット

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon