リノベーションでビジネス感一切なし! FLEXのリノカ・ユーロボックスがめっちゃオシャレ!!|プロサク最適チューン

ボディカラーやシートカバーが自分好みに選べます 【プロサクカスタム・FLEX編(2)】プロボックス/サクシードをリノベ!

ハイエースやランクルでレトロなスタイリングにカスタマイズを施し、車両販売をしているフレックス・リノカ。プロボックス/サクシードをベースとしたこの「ユーロボックス」もそのシリーズの1台。店頭に並べるとすぐに売れてしまうほどの人気車なのだ。ただの営業車をリノベーションして、満足感のあるカーライフを送れるリノカ・ユーロボックスの魅力を探りたい。今回は、具体的な購入プランをご紹介します。

ボディカラーは全7色、シートカバーは4タイプから選択可能!!

ユーロボックスのボディカラーは全塗装5色と、シンプルなホワイトorブラックの計7色から選択可能。設定されている全塗装色は、どれもカジュアルなモノ。丸目フェイスのエクステリアにバッチリとはまる。基本的には全塗装5色からのセレクトがおすすめだが、どうしても価格をおさえたいという人は、ホワイトorブラックを選ぶのもあり。

リノカのWebサイトでシミュレーションできる

オプションを利用すれば、さらに個性的な仕様をオーダー可能

こちらはベーシックプランからいくつかオプションを追加した1台。

ボディカラーはシンプルなホワイトで、スチールホイールはブラック塗装仕上げ、スペーサーでチョイアゲを施し、ルーフラックを装備した、オフルックを少し強調した仕様だ。

こういったカスタマイズの追加オーダーができるのもユーロボックスの強み。よりオリジナリティを突き詰めることができるのだ。

また価格をおさえるために、白、黒のボディカラーを選んだり、ホイールをスチールにしたりなど、予算に合わせたコーディネイトもひとつの方法。

さらに撮影車両のようにこの仕様でパッケージされ店舗に並ぶお買い得車が出ることもあり! フレックスのWebサイトや店舗をこまめにチェックするのがおすすめ!

Renoca EURO BOX 299.8万円(車両本体価格)
●ベース車両:H31年式プロボックスバンハイブリッド1.5DXコンフォート
●走行距離:約6.6万km
●ボディカラー:純正ホワイト
●ホイール:スチールホイール・ブラック塗装(14inch)
●タイヤ:トーヨー・オープンカントリー(165/80R14)
●フロントフェイスカスタム
●ルーフキャリア:ライノラック
●リフトアップ
●その他:フレックスオリジナルシートカバー&ラゲッジカバー、ETC

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon