当時欲しかったあのクルマをプレイバック! 【日産・エルグランド(E52前期)編】

元祖キング・オブ・ミニバン 日産・E52前期エルグランド(2010年8月〜2014年1月)【当時は高嶺!? いま気になる中古車の新車当時レビュー】

クルマ選びで迷うことのひとつが、新車か中古車のどちらを選ぶか。新車であれば、最新の機能を体感できるうえ、購入時にある程度自分好みにオーダーすることも可能。しかし現実的な予算を考えると厳しい場合も。一方、予算的にグッと抑えられるのが中古車だ。年式やクルマの状態によって金額は変わってくるが、新車当時買えなかった憧れのクルマが手の届く可能性もある。そこで、いま狙ってみたいクルマが登場した当時の仕様、そして試乗レポートをプレイバック。今回は日産・エルグランド(E52前期)。主要諸元表付き! 全長・全幅・全高、室内長、車重、最高出力や最小回転半径、乗車定員をはじめ、燃料タンク容量までわかります。

満を持しての登場でキング・オブ・ミニバン復権!!

NISSAN/ELGRAND
日産/エルグランド(E52前期) 2010年8月フルモデルチェンジ

キング・オブ・ミニバン復権! といっていいだろう。ここしばらくライバルに水をあけられていたエルグランドだったが、あらためてLクラスミニバンのパイオニアとしての存在感を知らしめるべく、およそ8年ぶりに生まれ変わった。

3代目となる新型のコンセプトは「ダイナミック&ラグジュアリー~エモーショナルマルチパッセンジャーカー」だ。

発表・発売前に実質的なお披露目が済んでいたようなものだから、すでに実車をチェックしたり、ウェブや小冊子などで確認した人も多いはず。上下二段構えのヘッドランプユニット、縦・横に配列されたリアコンビランプなど、エクステリアの記号性を継承したルックスは期待通り、いや期待以上か。

サイドミラー下のショルダー部に入る〝Z”状のプレスライン、ウインドウを囲むクロームモールなど見どころは多く、先代では感じられなかったロー&ワイド感も大きな特徴。

ボディサイズを見ると先代に対して全長が80㎜、全幅が35㎜、ホイールベースも50㎜拡大されているのに対し、全高は95㎜も低いのだ。一方でキャビンのフロア高は最大で129㎜も低くなり、室内高は先代とほぼ同等。2列目付近では20㎜増えている。

先代のFRプラットホームではなく、ムラーノと共通となるFFのDプラットホームを採用したことことによる新パッケージングの恩恵といえる。

キング・オブ・ミニバンに相応しい「高揚とくつろぎ」がテーマのインテリアは、ドライバーの満足感や上質なプライベート空間を意識した。豊かな面構成が感じられるダッシュボードはクラス最大面積のグラデーション木目調パネルとクローム加飾によって高級感、質感ともに十分。ブルー照明のメーターはスイープ機構が付き、イグニッションはプッシュスタート式だ。

シートの仕様は圧巻だ。助手席は全車に座面クッション一体型のオットマンが付く。そして7人乗り仕様の2列目シートとあわせトリプルオットマンという贅沢ぶり。もちろん3席同時に使用できるスペースが確保されている。

しかも2列目はシートバック中折れ機能付きなので、体圧分布を理想的にできるため長時間ドライブでの快適性が高い。このトリプルオットマン+2列目シート中折れ機構付きは世界初の仕様だ。

なお8人乗り仕様の2列目は、大型アームレストが付く6:4分割式。3列目も6:4分割で収納はシートバックを前倒しするフォールダウン式だ。

贅沢といえばボーズ5.1chサラウンド付き後席プライベートシアターシステムも外せない。電動格納式の後席用モニターがこれまでの9インチに対し、なんと11インチの大型ワイドモニターになっている。

フロア高が低くなったことで乗降性が良くなったことはもちろんだが、さらに便利なのがワンタッチオートスライドドアだ。スライドドアのノブに設けられたボタンを押すだけで、ノブを引かなくてもオープン/クローズが出来るため両手に荷物を抱えたような状態の時に重宝する。これも世界初の装備だ。

搭載エンジンは、280ps/35.1㎏‐mを発生するVQ35DE型3.5L V6 DOHC、170ps/25.0㎏‐mのQR25DE型2.5L直4DOHCの2タイプ。前車は無鉛プレミアム、後者はレギュラーガソリン仕様だ。どちらも従来からあるパワーユニットだが、フリクションの低減や精度の向上などが図られ、燃費はクラストップレベルを実現している。

ミッションは従来の5速ATから無段変速のエクストロニックCVT-M6となり、6速MTモードが付く。

バリエーションは、ハイウェイスターが実質的な標準グレードになったといえる。トップグレードは3.5Lのみに用意されるハイウェイスター・プレミアムだ。ハイウェイスターはすべて18インチホイールを履き、2.5Lのみに設定されるノーマル仕様の250XGは16インチが標準となっている。


ロー&ワイドなプロポーションのエルグランド。ハイウェイスターは力強さと華やかさを兼ね備えた面構えだ。

エンジンは専用チューニングを施された3.5ℓのVQ35DEと2.5ℓQR25DEの2本立て。

木目調パネルとクローム加飾をふんだんに使用して仕上がられたインテリアは、上質でエモーショナルな佇まいだ。



高級感と座り心地、そして新機能を満載したシート。2列目は7人乗りがコンフォタブルキャプテンシートを、8人乗りがベンチシートを採用している。

助手席と2列目シートで同時に使用できるトリプルオットマンを、コンフォタブルキャプテンシートに採用。


3列目シートは6:4分割タイプ。ラゲッジ両サイドに設置されたスイッチを押すだけで、フォールダウン方式で格納することができる。

2列目シートバックは写真のように中折れ機能を採用。トリプルオットマンとの同時装備は世界初だそうだ。

こちらはセカンドシートの間に設置される、カップホルダー付のシートサイドテーブル。折りたたみ式だ。

高級感漂うフロントのセンターコンソール。カップホルダーやトレイの他、オプションで冷蔵庫も選べる。



電動で開閉可能な11インチ大型モニターを世界初採用。Boseの5・1chサウンドシステムとのコンビで圧倒的な音響空間を作り出す。

高級感溢れるオプション群


内外装ともに、より一層の高級感を演出する純正オプションパーツが取り揃えられている。写真のエルグランドが履くのはニスモの18インチホイールだ。

※記事の内容、価格、スペック等は2010年8月のデビュー当時のものです。その後の一部改良等で変更になっている可能性もあります。

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon