非降雪地域なのでスタッドレスタイヤは不要! でもいざという時に助かる新タイヤ、ありますよ!

非降雪地域のみなさーん、いざというときにも安心なタイヤがフジ・コーポレーションから発売されましたよー!

12月に入り神奈川県で初雪が観測されるなど、いよいよ冬本番。冬とクルマとくれば、やっぱり気になるのは雪道ですよね。降雪地域の方は、10月くらいからスタッドレスに履き替えるなど、雪道対策も慣れたものですが、非降雪地域では気にしたことがない方も多いかもしれません。とはいっても、非降雪地域といっても年に何度か積雪に見舞われることがあるのも事実です。「雪予報のときは乗らなければいいや」と考えている人も多いと思いますが、どうしても愛車で出かけなければいけなかったり、出かけている最中に降雪にあうこともあります。ただ、その数回のためにスタッドレスタイヤに履き替えるのは面倒くさい。そんな人におすすめのタイヤが、フジ・コーポレーションで発売されました。

突然の降雪でも安全に走るために

それがフジ・コーポレーション専売となる「アドバンスポーツ・オールシーズンプラス」です。

このタイヤ、オールシーズンと名前がありますが、オールシーズンやスタッドレスとは少し違います。位置づけとしては、夏タイヤとオールシーズンタイヤの間。つまり、夏タイヤとしてのドライ&ウェット性能を有しながら軽微な雪道であれば走行ができるトータルパフォーマンスタイヤなのです。

「じゃあ、これがあれば雪も安心だ」というのは、ちょっと待った。M+Sマーク(ぬかるみや軽い雪道なOK)はありますが、スノーフレークマーク(雪道OK)はありません。つまり、冬用タイヤ規制が出ている道路は走行できません(チェーンを装着すれば可)。

では、どんなシーンで有効かというと、冒頭でも触れたように、規制が出ないまでも出かけないといけないときや、外出中に雪が降ってきたとき安心して帰宅したいときなど、非降雪地域特有の悩みに応えてくれるというわけです。

それを実現しているのが、3ストレート+1ジグザグ グルーブなどの技術を取り入れたトレッドパターン。インサイドはエッジを効かせ雪上走行をサポート、一方でアウトサイドはブロックを大型化するなどしてドライ&ウェット時のグリップを向上させているのです。

また、ドライからウェット、スノーまで幅広いシーンで性能を発揮するオールシーズンコンパウンドを採用している点も安心感の高いポイントです。

スタッドレスは不要と思っている人や、降雪地域のサマータイヤの代替におすすめのトータルパフォーマンスタイヤ、アドバンスポーツA/Sプラス。この冬、早速どうですか?

ADVAN Sports A/S+(アドバンスポーツ・オールシーズンプラス)

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon