左ハンドルのRAV4をベースにこだわりのパーツ選びが冴える!カリフォルニアにいそうなRAV4がモチーフ

【今どきSUV大人の嗜み】このカスタムならやってみたい【VOL.1】US逆輸入 左ハンのRAV4

今や空前のSUVブーム。オフ系からクーペスタイルまで百花繚乱だが、スタイルワゴン的には素のままよりは自分らしくカスタマイズしたSUVに乗りたいところ。しかもそこは大人の感性で。そんなSUV集めました。

カリフォルニアの郊外から街中まで走るRAV4をイメージして仕上げた

トヨタ/RAV4(50系)
「やり過ぎないで少しひいてみるのが大人かな」
「SUV大人カスタムの嗜み」に相応しいクルマはないか探していて、偶然出会ったのがこのRAV4。ワイルドなスタイリングとマットなボディカラーに、一瞬で目が奪われた。オーナーはカスタムにも精通した、モータージャーナリストの九島辰也さん。

アメリカ文化に憧れた世代で、国籍問わずカリフォルニアを走っているクルマが好き。サーフボードを積んで走る……そんな世界観が今でもベースにあるという。

「見た目やり過ぎず、少し自分の色をつける程度」が九島流のクルマいじりだそう。

「ステッカー1枚貼る、エンブレムを交換してみる、それだけでも楽しいですよね。クルマが単なる移動手段の道具ではなくなります。まさに愛車」。

RAV4のテーマは“大人が乗れる、ほどよくワイルドなSUV”。これまでのセオリーに従えばホイールはインチアップが普通だが、最近はオフ系のインチダウンもあり。九島さんも19インチから16インチへとインチダウン。ワイルドさもだが、乗り心地にも気遣っての事だそう。

「常識に囚われない発想の転換で色々できると思います。カスタムは正解がないし終わりがない。やり過ぎるとかっこ悪いから少しひいてみる。それが大人のカスタムの嗜みかな」。

80年代をオマージュしたパーツセレクト
映画『ビッグ・ウェンズデー』とテレビドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』にハマり、今も80年代の文化や音楽に惹かれる九島さんが、当時のカリフォルニアをイメージし、やり過ぎない大人の嗜みでカスタマイズを実現したRAV4。

九島さんはアメリカ車やポルシェの印象が強くあるが……。

「以前はジープとかもガンガンいじっていたんだけど、最近では2ドアクーペばかり乗っています。そんな中このRAV4アドベンチャーで、久し振りにSUVに心動かされたんですね」

RAV4にはカスタマイズを楽しむ余地があると感じ、自身のイメージをラフスケッチで描き、それをデザイナーにおこしてもらうところから始まり、九島ネットワークを駆使。知り合いのショップとのミーティングを繰り返し、約1年かけて今の姿となった。

ボディカラーにも相当のこだわりが
ボディカラーは“純正のアーバンカーキをマットにしたらどうなるのか”、そんな興味から試し塗りを何度も重ねて選んだもの。さらに2.5インチのリフトアップキットを組み込み、このボディカラーに合わせたホイールがサテンブラックのMLJ XJ04(16×8J+18)だ。

敢えてのインチダウン。ホイールにはもうひとつ、カラーへのこだわりがある。

「ずっと黒の鉄ッチンホイールが好きで、以前から塗っていて、今も好みは変わらないですね。だからポルシェのホイールも黒に塗っていて……。純正を塗り替えるって贅沢でしょ」

そんなこだわりに人知れずほくそ笑む……そんな遊び心も大人の嗜みカスタマイズか。

「80年代のカリフォルニアをイメージした部分は、フロントグリルとグリルガード、フォグランプ、ルーフキャリアとラダー、これはセットとして考えた」

アイテム選択は名古屋市の「ワーコーポレーション」店長の田邊さんが全面協力。アメリカにはRAV4用のパーツがたくさんあり、一つひとつ探し出してくれた。ただし「今はバータイプのLEDフォグが主流らしいけど、80年代を意識したら丸型のフォグは譲れないアイテム」と、九島さんのこだわりに沿ったパーツが選ばれているという。

フロント30㎜/リア25㎜のオーバーフェンダーをはじめ、グリルガードや先述の丸型ルーフフォグなどでワイルドな印象のRAV4。「ネバダ砂漠も似合うと思うけど、ロスの街中やウエストコーストをドライブしても似合うと思わない?」と、狙いどおりの仕上がりになった。

最後に車名はと尋ねると、

「昔フォード・マスタングでディーラーがオリジナルカスタムしたCS=カリフォルニアスペシャルというのが人気になって、後に正式に採用されたんだけど、そんな願いも込めて『RAV4アドベンチャー カリフォルニアスペシャル』というのはどうかな」と、今回、正式に命名。80年代をオマージュしたRAV4の夢は無限大だ。

1 / 8

「【今どきSUV大人の嗜み】このカスタムならやってみたい【VOL.1】US逆輸入 左ハンのRAV4」の1枚めの画像
ルーフトップカーゴキャリアはローラ製。ルーフのフォグは80年代を意識してNILIGHTの丸フォグ(LED)を採用。LEDフォグのスイッチは構造変更認証のためボンネット内に設置。「照明車扱いです」と九島さん。

2 / 8

「【今どきSUV大人の嗜み】このカスタムならやってみたい【VOL.1】US逆輸入 左ハンのRAV4」の2枚めの画像
アルミホイールはMLJのエクストリームジェイXJ04。タイヤはBFグッドリッチのオールテレーンを履く。車高アップはラフカントリー製で2.5インチリフトアップ。オーバーフェンダーはAdventure専用カディスAR4でフロントを約30ミリ、リアを約25ミリワイド化。これにより16インチ8J+18、245/70というサイズを履きこなす

3 / 8

「【今どきSUV大人の嗜み】このカスタムならやってみたい【VOL.1】US逆輸入 左ハンのRAV4」の3枚めの画像
グリル&グリルガードに装着のLEDフォグはラフカントリー製。

4 / 8

「【今どきSUV大人の嗜み】このカスタムならやってみたい【VOL.1】US逆輸入 左ハンのRAV4」の4枚めの画像
フロント左右にもLEDフォグを装着している。USトヨタ・タコマの塗装済み「TOYOTA」エンブレム。

5 / 8

「【今どきSUV大人の嗜み】このカスタムならやってみたい【VOL.1】US逆輸入 左ハンのRAV4」の5枚めの画像
リア中央のリアヒッチメンバーはカート製を装着。

6 / 8

「【今どきSUV大人の嗜み】このカスタムならやってみたい【VOL.1】US逆輸入 左ハンのRAV4」の6枚めの画像
USトヨタ・フォーランナーの塗装済み「TOYOTA」エンブレム。

7 / 8

「【今どきSUV大人の嗜み】このカスタムならやってみたい【VOL.1】US逆輸入 左ハンのRAV4」の7枚めの画像
リアラダーに装着のオレンジの容器はガソリン用だが日本では使えないため、キャンプ用に水などを入れて使用。普段は外して走っていることが多いそうだ。

8 / 8

「【今どきSUV大人の嗜み】このカスタムならやってみたい【VOL.1】US逆輸入 左ハンのRAV4」の8枚めの画像
リアコンビランプをスモーク化。

【SPECIFICATION】
TIRE&WHEELS
ホイール:MLJ・エクストリームジェイXJ04(16×8.0+18)
タイヤ:BFグッドリッチ・オールテレーンT/A K02(245/70)
EXTERIOR
ヴァンガード・グリルガード
カディスAR4・オーバーフェンダー
NILIGHT・LEDフォグ(ルーフ)
ラフカントリー・LEDフォグ(グリル&グリルガード)
ローラ・ルーフトップカーゴキャリア
RNO-FITファブリケイション・リアラダー
カート・ヒッチメンバー
全塗装
SUSPENSION
ラフカントリー・リフトアップキット(2.5インチ)
MAKING SHOP
ワーコーポレーション 052-523-3003 https://www.wha.co.jp

九島辰也さん
1964年東京・自由が丘生まれ。クルマ雑誌「Car EX(世界文化社)」副編集長、「アメリカンSUV/ヨーロピアンSUV&WAGON(枻出版社)」編集長を経てメンズ誌「LEON/(主婦と生活社)」副編集長に。また同「MADURO」編集長も務めた。現在はモータージャーナリストとして幅広く活動中。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。最近、大型バイクの免許を取得し、新しいステージへと踏み出している。趣味はサーフィンとゴルフの“サーフ&ターフ”。

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon