メッキ部分に貼ることで、まるで彫刻のような美しさに! アルファード&ヴェルファイアのワンポイントメイクにぜひ!

専用設計! 彫金技法「エングレービング」のリアル感をデカールで再現! メッキとのコントラストで、アルファード&ヴェルファイアのゴージャス感が爆上がり!

純正でメッキを多用するアルファード&ヴェルファイア。そんな純正メッキを使った注目アイテムが、ティーエスケーグラフィックス。

アルファード&ヴェルファイア専用設計だから、貼り付けも簡単

【TSK GRAPHIX】

各部にふんだんに多用されたクロームメッキパーツにより、ノーマル状態でもラグジュアリー感が満載のアルファード/ヴェルファイア。

この特徴をより一層引き立てるべく、アンティーク家具や高級カトラリーなどに用いられているエングレービングと呼ばれる彫金技法をモチーフとして取り入れたラッピングフィルムを販売しているのが山口県のTSKグラフィックス。

すでに30系アルファードについては前期/後期用が発売中だが、30系後期ヴェルファイア用がリリースされることとなった。

緻密なグラフィックパターンや質感の高さはアルファード用と同様。DIYでの施工が前提ということで、複雑な面構成のグリル部分や面積が広いバンパー周りは貼り込みミスを防ぐべく、細かく分割。

完成時のインパクトはもちろん、飽きたら剥がせるお手軽さもフィルムならでは。さらにこれだけの高級感ながら、リーズナブルなプライス設定も大きな魅力と言える。純正メッキ部の多いヴェルファイアなだけに、その効果は絶大だ。

車種専用設計だから、DIYでもチャレンジ可能

1 / 6

「専用設計! 彫金技法「エングレービング」のリアル感をデカールで再現! メッキとのコントラストで、アルファード&ヴェルファイアのゴージャス感が爆上がり!」の1枚めの画像
(1)水、石鹸水、脱脂剤、ヘラ、ヒートガンの他、ウエスがあればOK。ヒートガンを持ってない人はドライヤーを使おう。

2 / 6

「専用設計! 彫金技法「エングレービング」のリアル感をデカールで再現! メッキとのコントラストで、アルファード&ヴェルファイアのゴージャス感が爆上がり!」の2枚めの画像
(2)まずは貼り付け部分の汚れと油分を洗い流す。キレイな仕上がりを目指すには、入念な下地のクリーニングが不可欠だ。

3 / 6

「専用設計! 彫金技法「エングレービング」のリアル感をデカールで再現! メッキとのコントラストで、アルファード&ヴェルファイアのゴージャス感が爆上がり!」の3枚めの画像
(3)台紙からフィルムを剥がす。作業は風やホコリの飛散による影響を受けにくい、四方が囲まれたガレージが理想。

4 / 6

「専用設計! 彫金技法「エングレービング」のリアル感をデカールで再現! メッキとのコントラストで、アルファード&ヴェルファイアのゴージャス感が爆上がり!」の4枚めの画像
(4)フィルムを貼る部分に石鹸水をたっぷり吹き付ける。この時、フィルム表面にもしっかり吹き付けておくのがコツ。

5 / 6

「専用設計! 彫金技法「エングレービング」のリアル感をデカールで再現! メッキとのコントラストで、アルファード&ヴェルファイアのゴージャス感が爆上がり!」の5枚めの画像
(5)石鹸水の水分を利用してフィルムを滑らせながら位置を決める。その後、スキージ(ヘラ)で水分をゆっくり掻き出す

6 / 6

「専用設計! 彫金技法「エングレービング」のリアル感をデカールで再現! メッキとのコントラストで、アルファード&ヴェルファイアのゴージャス感が爆上がり!」の6枚めの画像
(6)最後にヒートガンで余分な水分を飛ばし、フィルムを定着させる。ガンを当て過ぎるとヨレてしまうので要注意。

Specifications
■30後期ヴェルファイア用
①フロントグリル 9900円
②フロントバンパーガーニッシュ 9900円
③リアガーニッシュ 9900円
④サイドウインドウゥガーニッシュ 9900円
⑤ピラーガーニッシュ 7700円
⑥ドアハンドル 7700円
■他対応車種:アルファード前期&後期、ヴェルファイア前期
■カラー:ヘアラインシルバー、ブラストシルバー、ブラストブラック

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon