街なかでよく見かける営業車と同じクルマ!? プロボックスをアウトドアシーンが似合うスタイルにカスタムした!

えっ、これがあの営業車なの!?  プロボックスをちょいアゲ+ABSフェンダーで、アウトドア系スタイルに!【プロサクSTYLE UP PROJECT/第6回】

プロサクプロジェクトもいよいよ大詰め。今回は足まわりに着手。オバフェン+ちょいあげでベストバランスを目指します!

フェンダー装着によるアーチ下げとリフトアップキットをダブル装備

千葉県のジェットストロークでディスカバリー純正色「タスマンブルー」のマット塗装で仕上げ、街オフスタイルにピッタリの15インチをセットアップ。インテリアはカントリー系の色を意識してコーディネイト。ライノラックのルーフキャリアも装着。さらにカッコイイ世界最強のビジネスカー「サクシード」を目指すためのラストミッションが足まわり。

シルクロードのABSフェンダーに、リフトアップスペーサーを組み込みんでベストバランスな1台を完成させた。走行距離や程度にもよるが、ベース車両が50万円~100万円くらいで探せて、約80万円くらいの予算でカスタマイズ。いまどきのアウトドア感のあるオシャレな1台に仕上げることができた。

近年、いろんなクルマの車両価格が高くなっている傾向の中、中古市場でのタマ数も多く、比較的カスタムしやすいプロボックス&サクシード。こういったカーライフの楽しみ方も選択肢のひとつとしていかが?

フロントは約14mm、リアは約25mmのリフトアップに!

タイヤ&ホイールの交換や、全塗装、ライノラックのルーフキャリアの効果もあり、オシャレアウトドアギアルックを実現したサクシード。そこにもう一手加えてより完成度を高めようと実践したのが足まわり。

シルクロードのABSフェンダーエクステンションを装着することで、さり気ないワイルドさをプラス。このフェンダーを装着すると、純正フェンダーアーチより約20㎜車高が落ちたように見えるので、同じくシルクロードのリフトアップキットを使いちょいあげ仕様にした。

もちろん、フェンダー装着によるローダウン効果は、乗り心地を損なわずローフォルムを実現できるので、それはそれであり。ただこのサクシードのコンセプト的に今回はよりアグレッシブなオシャレさをという部分を狙ったため、このパーツチョイスにした。

そこは狙い通り、フロント約14㎜アップ、リア約25㎜アップに、フェンダー装着によるアーチ部分の約20㎜ダウン効果がベストバランスを実現した。

この足まわりの交換とセッティングは、プロボックス&サクシードの専門カスタムショップとして名高い「ジャンプオフオートモービル」に依頼。サーキットシーンでの実績もある豊富なノウハウで、バッチリ仕上げてもらったのだ。

装着アイテム(1)シルクロード リフトアップキット

装着アイテム(2)シルクロード ラテラルロッド

装着アイテム(3)シルクロード ABSフェンダーエクステンション

純正サスペンションにスペーサーを取り付ける!

参考工賃
パーツ取り付け  2万2000円〜
アライメント調整 2万2000円

スペシャリストの走行インプレッション

Jump off Automobile
プロボックス&サクシード専門店を掲げている「ジャンプオフオートモービル」。代表の花本さんが自らハンドルを握り、プロサクの走行会で好成績をおさめるなど、そういった経験をカスタムにしっかりとフィードバック。足まわりやECUなどオリジナルパーツも販売中。プロサクのチューニング&カスタムの相談はもちろん、メンテナンスなども豊富なノウハウで対応してくれる。頼れるプロショップだ。

▶▶▶プロサクプロジェクトまとめこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon