【全15選】すぐにでも欲しい装備が満載! 内外装、アウトドアギアで完全武装されたRAV4が、超アグレッシブだった!

プロも唸る、TOYOTA・RAV4の山岳救助仕様はリアルに凄い!【RAV4カスタム15連発!】アウトドアでの可能性も無限に広がる!

【全15選 「オン」と「オフ」あなたはどっち? TOYOTA・RAV4カスタムセレクション #001】オフな雰囲気の強いアドベンチャー、そしてアーバンなイメージのGとX、そしてPHVを擁するRAV4は、カスタムにおいても「オフ」と「オン」を許容するクロスオーバーSUV。まずはどっちに振っても楽しめる懐の深さを活かした極上のデモカーたちから、RAV4カスタムのいまをご覧あれ!

機能性を徹底的に追求した、本格的装備が満載!

TOYOTA INDUSTRIES 豊田自動織機

「オン」と「オフ」RAV4カスタムセレクション2022まとめはこちら【全15選】

様々なプロが現場で使用する車両を徹底的に調査し、アウトドアでの遊びの可能性を広げた2020年のRAV4
〝 アドベンチャーギア〟。プロの現場を継続的に調査し、山岳救助に特化した装備や使い方を提案した2021年の5Dアドベンチャー。トヨタのグループ会社である豊田自動織機は、織機とコンプレッサー、フォークリフトの分野で世界一のシェアを誇りながら、RAV4の可能性を広げるこうしたコンセプトモデルも開発、提案し続けてきた。

そして2022年、一刻を争う山岳救助の現場に必要とされる機能を強化した、5Dアドベンチャー2022という新コンセプトを発表。

5Dとは、2020年のRAV4アドベンチャーギアのコンセプト「3Dアクセス(車外空間を最大限に有効活用する)」に、新たなコンセプトとして「意思疎通」と「空間リンク」の2つを追加したもの。

こだわったのは救助隊員の行動を最大限にサポートできる装備の充実。目前の道が走行可能かどうかなどをフロントウインドウに映し出すARスクリーンは、突入限界点まで隊員が迅速に到達するための強力なサポートに。限界点に達したとしても、ルーフに搭載したドローンで要救助者の発見を助けられる構成だ。

画期的なのが脱着が自在なキューブユニット。これは作業灯やスピーカー、Wi-Fiルーターなどのさまざまなタイプがあり、救助隊員が必要に応じて現場へ持ち出すことができる。また、作業スペースを拡大できるマキシマムウイングやフラットデッキは、険しい山岳地帯で指令部の役目も果たせる。

搭載される装備はすべて実用的で、プロも納得の本格仕様。早期の実用化の実現を期待したい。

配置も持ち出しも自由自在! キューブユニットに注目!!

脱着が可能なキューブユニットは、使い勝手に応じてさまざまに性能を拡張できる。例えばライトを仕込めば投光器や作業灯として、音響を仕込めば遠隔地でのスピーカーとして活用可。Wi-Fiルーターとして動作させれば、厳しい山岳地帯でも貴重なコミュニケーションツールになってくれる。キューブユニットは給電もできる想定で、同一規格サイズを採用することにより、ルーフレール部やフォグボックス部などへスマートにセットできるデザイン性にも注目。

シームレスに空間をつなげて、RAV4の使い方を無限に広げた車内

電源トレールで好きな場所から電源確保!

SPECIFICATION
【DEMO CAR】
HYBRID
【EXTERIOR】
オリジナルフロントグリル
ピラーグリップ
バンパーステップ
ラダー&ヒッチステップ
ルーフラック&キューブユニット
バンパーフック
マルチロッカー
リムライザーオリジナルルーフレール
アウトサイドストレージ
ドローン
パトランプ
キューブユニット(LED照明/LIDAR/Wi-Fi/Bluetoothスピーカー/ACコンセント/USBソケット/カメラ)
【SUSPENSION】
RS-R・ベストアイ上下
【WHEEL/TIRE】
ホイール/MLJ・ブラックライノボクサー(17×8.0)
タイヤ/トーヨータイヤ・オープンカントリーM/T(LT265/65R17)
【INTERIOR】
ARフロントスクリーン
CORDURAシート
マキシマムウイング
天井長尺ラック
フルフラットアレンジ
車内電源トレール
荷室電源トレール
スライドデッキ

「オン」と「オフ」RAV4カスタムセレクション2022まとめはこちら【全15回】

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon