乗りつぶすと決めた20アルファードで、独創×極低シルエットを目指す!【TOYOTA・ALPHARD & VELLFIRE最新User Style】

オデッセイのエアロパーツを合体!? 世界でひとつのエアロデザインが完成!【アルヴェル2022最新ユーザースタイル】

受注が停止され、新型発売のカウントダウンも始まったアルファード&ヴェルファイア。とは言うものの、現行30系をはじめ、先代20系、初代10系と、依然としてカスタムシーンでは絶大な人気を獲得中。各地で行われたイベントやオフ会に集まったオーナーたちの愛車で、2022年の最新スタイルをチェック。今後のカスタムの参考に、ぜひ役立ててほしい!お邪魔したイベント&オフ会はこちら→【アルヴェルネーションワイド 5周年ミーティング(愛知県)】【Club Alphard 第11回全国オフ(静岡県)】【2022フォルテラグーナミーティング(愛知県)】

動くなくなるまでカスタムを追求!

10のころからアルファードが好きで、この20はずっと乗りたかった最愛の存在。「売る気も乗り換える気もない、動かなくなるまでこのクルマ」で自分流のカスタムを追求するのが岡本サンのこだわりだ。テーマは純ベタに負けないローフォルムと、人とカブらない個性とを両立すること。特にフロントは独創的で、上が20アル用のサンドライ、真ん中がRA6オデッセイ、下が16アリスト用のKブレイクというワンオフ3個イチ仕上げ。左右の2連フォグと低い位置のダクト、側面のスリットダクトで視覚的な重心を低い位置へと集中させることに成功。下げたときに着地して破損しないよう、短縮加工も施している。足まわりはエアフォースのエアサスに、アクスル加工とキャンバープレートを組み合わせ。エアロ装着でこの低さ、お見事だ。

OWNER/岡本さん

SPECIFICATIONS■ホイール/AME・VFX(20×9.5F+20 R+25) ■タイヤ/ピンソ(225/30)■エクステリア/F=ワンオフ、R=サンドライ、グリル=ケイブレイク ■チューニング/エアサス=エアフォース、マフラー=ワンオフ可変バルブ

ALPHARD & VELLFIRE 最新USER STYLE まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon