テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/01/22
  • Motor Fan illustrated編集部

全固体電池では主導権を渡さない!? トヨタとパナソニックが、EV用電池で新会社設立へ 

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタのePALETTEはもちろん、EVだ。
トヨタとパナソニックは。2020年に共同で車載電池の新会社を設立する。これは、新聞各紙が報道しているとおりで、新会社の出資比率はトヨタ51%、パナソニック49%になる見通しだ。

プリウスPHVが搭載するリチウムイオン電池

 自動車の駆動用二次電池に関しては、中国や韓国のメーカーが躍進している。トヨタとパナソニックは新会社を設立することで、コスト競争力の向上と次世代技術の開発強化を図る目論見だ。

 現在の世界の車載リチウムイオン電池のシェアは
1位:CATL(寧徳時代新能源科技)中国
2位:パナソニック
3位:BYD(中国)
4位:オプティマムナノ(中国)
5位:LG化学(韓国)
6位:グオシュエン・ハイテク(中国)
7位:サムソンSDI(韓国)


 トヨタとパナソニックは、HV向け電池で提携関係にある。
 プリウスが搭載する電池は、プライムアースEVエネジー社が生産しているが、同社はトヨタとパナソニックの合弁会社だ。(80.5%、パナソニックグループ19.5%)クルマの電動化を見据えてEV向けに関しても提携を検討すると17年12月に発表していた。
 
 パナソニックは、テスラ向けの車載電池工場(アメリカ・ネバダ州の「ギガファクトリー」)以外の、5箇所の工場(兵庫県、中国・大連など)を新会社に移管。20年代前半からEV用大容量電池の量産を本格化する。

 生産した電池は、トヨタ、ダイハツ、提携関係にあるスバル、マツダなどに供給する見込み。もちろん、トヨタとパナソニックは、次世代電池である「全固体電池」の開発を共同で進めたいと考えているはずだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated