「ボディダンパーがZC33Sスイスポの走りを変える」操縦安定性と乗り心地を効果的にアップ!

ボディの無駄な振動やねじれを抑制

前後バンパー内に収まる専用設計!

先代のカルタス時代から、スズキのコンパクトロケット=スイフトスポーツを誰よりも愛し、育ててきたモンスター田嶋こと田嶋伸博氏が率いるモンスタースポーツ。

現行型のZC33Sもデビューからすぐにパーツ開発に着手し、その魅力を押し上げる数多くのアイテムを開発、販売してきた。そんな同社の最新パーツが今回紹介する「MXボディダンパー」だ。

ダンパー本体はヤマハの製品だが、モンスタースポーツではヤマハと共同でZC33Sに最適なダンパー特性へとチューニング。ボディ前後のリーンフォースメント付近に装着する(画像部分)ことで、ボディのよじれを抑えた剛性感のある走りと、路面から生じる振動を抑えたシャープかつしなやかなハンドリングの両方を実現する。

価格は前後セットで9万9000円。車体側への加工は一切不要のボルトオン設計なので、手軽にボディ剛性を高めたいと考えているZC33Sオーナーは、選択肢のひとつに加えてみてはいかがだろうか。

●問い合わせ:モンスタースポーツ TEL:0538-66-6761

【関連リンク】
モンスタースポーツ
https://www.monster-sport.com

著者プロフィール

weboption 近影

weboption