「世にも珍しいFD3Sのツインチャージ仕様が登場!」13Bのままで20B並の鬼トルクを発生!?

13B-REWエンジンにビッグタービン+遠心式S/Cを直列配置!

3ローターにも負けない高トルク仕様

ターボとスーパーチャージャーを組み合わせたツインチャージ仕様と言うと、ピークパワー狙いのハイチューンと考えられがちだが、老舗チューナー“J&K”が創出した直列過給スペックは、実用域のトルクバンドを広げることを最大の目的としている。

ここで紹介するFD3Sは、まさにその方向性で仕上げられたリアルチューンドだ。細部を見ていく。

心臓部はノーマルポートのまま、TD07-25Gタービンと遠心式のGTS8550スーパーチャージャーを直列で配置。ピークパワーは約500psと一般的なターボチューンと変わりないが、最大過給到達点が2000rpmも下がり、3000rpm時には30kgmのトルクを発揮する。

TD07-25Gタービン
GTS8550スーパーチャージャー

最大ブースト圧は1.0キロ。制御は過給特性の違いを加味して行わなくてはならないため、相応のノウハウと技術力が必要となる。タービンのブースト制御はトラストのプロフェックで、スーパーチャージャーはプーリー比で設定。

また、エンジンの状況によっては2つの過給で送られる吸気の圧力が高まりすぎる領域も発生するため、余圧は吸気パイピングからリリーフ、吸気管内を過給状態で循環させることで、アクセルオン時に素早く燃焼室に吸気を押し込めるようにしている。

ウエストゲートをフロントパイプに戻すと背圧が上がる傾向にあり、ロータリーエンジンには過酷な負担となるため、ウエストゲートは大気解放。ただし、解放パイプにはバイク用のサイレンサーを設けて音量を落とし、快適性を向上させている。また、消音のためのECVバルブを装着しているが、J&Kでは装着時にバルブに逆転改造を施し、全閉状態でのスロットルロックが発生しないようにしている。

各種追加メーターを装着し、メーターパネルなどはカーボンシートでドレスアップ。インテリアのコンディションの良さは、オーナーの車両への愛情が感じられるものだ。

ツインチャージ化の効果は絶大。フィーリングは排気量アップ仕様に近く、高回転型の13Bがトルク型の20Bになったかのような感覚さえ受ける。もちろん、レブリミットが8000rpmレベルであれば高回転が犠牲になることもない。街乗りから高速巡航時まで、いつでもワンランク上の走りを堪能できる。13B-REWの楽しみ方を広げてくれるチューニングプランだ。

●取材協力:J&K 千葉県山武郡九十九里町真亀629 TEL:0475-76-2714

【関連リンク】
J&K
https://www.jk-power.jp/

著者プロフィール

weboption 近影

weboption