「MFGコンセプトが今年も大幅アップデート!」2023アニメ放映のMFゴーストマシンを織戸学がGR86で再現【東京オートサロン2023】

参加パーツメーカーは9社に!

GR86のポテンシャルを活かす全方位チューンド

2023年、待望のTVアニメ放映がスタートすることで注目を集めているヤングマガジン連載の『MFゴースト』。その世界観を実車でリアルに再現することを目標とした「MFGコンセプト」のプロジェクトは、2023年でついに5年目を迎えた。

プロジェクト初年度はZN6からスタートしたものの、GR86のデビューに伴い2022年からはベース車両をZN8へとアップデート。2年目を迎えたGR86でのチューニングプロジェクトに参加するメーカーの数は9社に登る。

このプロジェクトをアドバイザーというカタチで率いるのが、レーシングドライバーの織戸学選手。MFGコンセプトの製作においては、作中の公道ステージを想定しながらチューニングの方向性やパーツ選びを主導する役割だ。

そして、東京オートサロン2023ではアップデートされたMFGコンセプトとともに、メディアを迎えて取材会を実施。昨年から一層進化したマシンの完成度の高さをアピールしてくれたのだ。

「MFGのロングなワインディングコースをきちんと走りきれるよう、GR86のポテンシャルの高さを活かしながら、バランスの良さを求めたチューニングを『GR86MFGコンセプト2023』ではさらに進めました」と織戸選手。

変更点は大小様々で
・プロジェクト・ミューのブレーキキャリパーに装着するパッドを耐フェード性の高いHC+R3へ
・アドバンAD09を215幅から225幅へワイド化
・ボルクレーシングTE37 SAGA S-plusのカラーをダイヤモンドブラックへ
・柿本改のClass KR 4本出しマフラーを追加
・GTウイングにサードのLSR WINGを追加
といった内容だ。

エンジンスペックはノーマルながら、ORC400ライトクラッチとフックスの0W-20エンジンオイルによって元々の吹け上がりの良さを高めていたところに、高効率エキゾーストマフラーを導入してトルクフィールを底上げする。

ドライバーズシートは、優れたインフォメーション伝達性能を求めてアフターシート界の帝王である“ブリッド”のフルバケット『ジーグIV』に交換される。

原作のレギュレーションに合わせてタイヤ幅をワイド化し、スピードレンジが高まることへの対応策として強大なダウンフォースを生み出すGTウイングを投入。やりすぎず、やらなさすぎず。少ない手数で確実に効果が得られるチューニングプランを構築しているのだ。

足回りは、織戸選手が開発に関わったST(KWの姉妹ブランド)の3WAY車高調を軸に構築。ワインディングコース対応のスペシャルモデルとのことだ。

なお、このプロジェクトは、デモカー同様の仕様が全国のGRガレージで施工可能というのも注目すべきところ。コンプリート仕様だけでなく、パーツ単体でのモディファイも可能なのである。

ハードチューン仕様のような気難しさ無しに、素材の良さだけを味わえるMFG×織戸学仕様GR86。オーナーであれば是非とも参考にしたい一台と言えるだろう。

GR86MFGコンセプト2023 参加メーカー一覧
●Projectμ
フロントキャリパー:FORGED STREET CALIPER 4Pistons×2Pads FS4M
リヤキャリパー:FORGED SPORTS CALIPER 2Pistons REAR FS2A
パッド:HC+R3(前後)
●FUCHS
TITAN GT1 FLEX 5 SAE 0W-20
●BRIDE
ZIEG IV
●RAYS
VOLK RACING TE37 SAGA S-plus 18inch
●SaRD
LSR WING for GR86
●柿本改
Class KR GRバンパー(ガーニッシュ)装着車用
●YOKOHAMA
ADVAN NEOVA AD09
●ST SUSPENSIONS
ST×TA plus3 MAX ORIDO Edition
●OGURA CLUTCH
ORC 400 Light CLUTCH

PHOTO&TEXT:長谷川実路