遂に!メチャシブ系イタリアンスクーターが国内デリバリー開始。イタルジェット・ドラッグスター125/200、眺めて、触って、跨ってみた。

2021年11月23日にイタリアで開幕したバイクの展示会「EICMA(ミラノショー)」において、イタリアのバイクブランド「イタルジェット」は、コロナ渦で発売が伸びていたNEWモデル「Dragster(ドラッグスター)125/200」のデリバリーを2021年12月に開始すると発表。日本仕様の発売は2022年春頃になると予測される(編集部見込み)。ここでは国内へ逸早く並行輸入された欧州仕様車を、細部まで隈なくチェックしてみた。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shyunsuke)
取材協力●ベア世田谷 https://bear-s.com/
輸入元●イタルジェットジャパン https://italjet.jp

ドラッグスター125……715,000円(消費税10%含む)

ドラッグスター200……759,000円(消費税10%含む)

 EICMA(ミラノショー)2019において、イタリアのバイクブランド「イタルジェット」は、新型の「Dragster(ドラッグスター)」を世界初公開。1998年に登場した旧型モデルのデザインを継承しつつ、過激度をさらにヒートアップさせた個性的なフォルムに、「一刻も早い市販化を!」との声が、世界中で一気に高まった。

 2021年11月23日にイタリアで開幕したバイクの展示会「EICMA」では、コロナ渦で発売が伸びていたドラッグスター125/200のデリバリーを、2021年12月に開始すると発表。日本でも2022年1月からユーザーの手元へと届けられている。

 今回はイタルジェットやSWMといった外国車の取り扱いに強い、老舗バイクショップ「ベア世田谷」の協力の元、ドラッグスター200に触れる機会を得られた。

フツーのバイクじゃない抜群のインパクト

ブラック/マグネシウム(FIRST EDITION限定カラー)
純正バックミラー装着車。

 写真はブラック/マグネシウムのFIRST EDITION限定カラー。過激なつくりとデザインを、そっと包み込むような、シックで落ち着いたカラーリングが特徴だ。「 FIRST EDITION(ファースト・エディション)」 と名付けられた初回生産車499台には、特別なシリアルナンバー プレートが授与される。

初回生産車499台には特別なシリアルナンバー プレートを授与。※注:シリアルナンバー部は画像加工処理済み

 ドラッグスター125/200は、排ガス規制「Euro4 」に対応した、クリーン・コンパクト・パワフルな3拍子揃えた、水冷4ストローク単気筒DOHC 4バルブエンジンを搭載。排気量は125(124cc)と200(181cc)が用意されている。

 ドラッグスター125/200の大きな特徴は、アルミニウムプレートを備えた「合金トレリスフレーム」、レーシングモデルでも繁用される「インディペンデント・ステアリング・システム( I.S.S.)」、アルミニウムの新しい「フロントシングルアーム」などの斬新な機構を導入していること。

丸パイプを組み合わせた合金トレリスフレームと、足元にリヤショックを配置した、特許取得済のインディペンデント・ステアリング・システム( I.S.S.)を採用。
左側片持ち式スイングアームを採用したフロント部。
ドラッグスターのアイデンティティとも言える、ステアリングシステム。操舵感も独特。

 既存のバイクにはない、奇抜ともとれるアイデアと高度な技術力によって完成した、特許取得済みの「I.S.S.」 は、ステアリングアクションとサスペンションアクションを分離。路面の粗さをフィルタリングし、不快な振動をカバーすることに成功した。

 また、「I.S.S.」のアクションと、イタリアのPAIOLI(パイオリ)製油圧式ショックアブソーバーの組み合わせにより、車両のフロントエンドに最適なブレーキがかかり、 ノーズダイブを最小限に抑制。 フロントエンドへの負荷伝達がなく、最適なブレーキングアクションを獲得している。

 ハンドルバーはアルミニウム製セパレートタイプを導入。容量7Lの燃料タンクはフットレストの近くにレイアウト。適切な重量配分を提供し、 低重心化に貢献。なお、ドラッグスター125/200はドラッグレーサーのように、前後異径ホイールを採用(フロント12インチ、リヤ13インチ)。タイヤはピレリ製エンジェルを装着。サイズはフロント120/70 R12 、リヤ140/60 R13の各サイズをチョイス。

 油圧ディスクブレーキには、レーシングモデルにも繁用のブレンボキャリパーを組み合わせ、スポーツ性能と確実な制動性を確保。コントロールブロックとハンドグリップは、スポーティで独占的な外観にデザイン。専用設計された Superbike Full Led ライト、両側に 1 つずつあるダブルラジエーター、 エアロ効果を考慮したカウル類など、こだわりのアイテムが随所に投入済みだ。

 他のバイクにはない、斬新な機構を盛り込んだドラッグスター125/200。撮影は協力店「ベア世田谷」の近隣で行われたが、通行人から「これ、何ていうバイクですか?」と聞かれることも多々。近くを走るバイクのライダーはもちろん、自転車に乗る人や歩行者からも熱い注目を浴びていた。

純正バックミラー装着車。

大柄な雰囲気とは裏腹に、重量は124kg!

 メカニカルな車体のためか、ドラッグスター125/200は一見、大柄なイメージ。メーカー発表のスペックは、全長1870mm、全幅680mm、ホイールベース1345mmという比較的コンパクトな数値。なお、人気の原付二種スクーター・ホンダPCXは全長1935mm、全幅740mm、ホイールベース1315mm。

 写真は排気量181cc版のドラッグスター200だが、実際に取り回してみると、ホンダPCXなど、ちょっぴり大柄な原付二種スクーター級の扱いやすさ。

 重量は125/200とも124kg。ちなみにホンダPCXは132kg。ドラッグスター125/200は、複雑な足周り機構に加え、車体重量が増えがちな部品点数&シリンダーヘッド面積の大きなDOHCエンジンを採用しつつも、余分な贅肉が徹底的に削ぎ落とされている。そんな1台だ。

高回転域で卓越したパワーを発揮する、スクーターでは珍しいDOHCエンジンを搭載。

 ドラッグスターは水冷4ストローク単気筒DOHC 4バルブエンジンを搭載。排気量は125(124cc)と200(181cc)の2タイプ。吸気系にはMagneti Marelli 電子噴射を導入し、最大出力は125が12.5hp(9.2kW)/9500rpm、200が17.5hp(12.9kW) /8000rpmを発揮する。

 エンジンはセルフスターター専用で、セルボタン1つで一発始動。試しにエンジンを掛けてもらったが、排気音は早朝や深夜の住宅街でも使えそうな、驚くほど静かなもの。試乗の模様は、次回レポートします!

シート高は770mm、シートの形が良く足着きも良好

ドラッグスター125/200のシート高は770mm(メーカー発表値)。ライダーの身長は173cm、体重は60kg。

 メーカー発表のシート高は770mmとやや高め。筆者の体重は60kgだが、跨ってみると、フロントショックやリヤショックの沈み込みは少ないイメージ。とはいえ、シート形状が先端部に向かって絞り込まれているため、足着き性は極めて良好。日本人の標準的な体型である身長173cm、体重60kgの筆者が跨っても、両足のカカトがベッタリと着地する。なお、車重は125/200とも124kg。車体は見た目とは裏腹にコンパクトで、取り回しもしやすいのも大きな特徴だ。

欧州車はシート高が高いイメージあり。しかしドラッグスター125/200の足着き性はGOOD。
先端部に向かって大幅に絞られたシート形状を採用。これにより優れた足着き性を実現。

ドラッグスター200の細部をチェック

スパルタンなイメージのフロントマスク。二灯式のヘッドライトはLED。
エレガントなデザインのLEDテールランプ。
スポーツカーを彷彿させる、レーシーなイメージのフロントホイール。ホイールサイズはフロント12インチ、リヤ13インチの異径タイプ。
サイレンサーは大容量タイプを採用し、極めて優れた静粛性を獲得。
超ビッグサイズのエアクリーナーを採用。エアフィルターへの交換で、リヤ部のコンパクト化が実現するかも。駆動系のアフターチューニングパーツも今後展開される、予定中。
収納式のタンデムバーを広げたところ。
ガソリン給油口はリヤショックの後ろ側に配置。
先端部に向かい、大胆に絞られたシャープなイメージのシート。タンデムシートはやや小ぶりに設計。
シートを開けたところ。シート下収納スペースの容量はかなり小さめ。
キーシリンダーはキーシャッターのないスタンダードなもの。
メインキーはトラス形状の独自デザインを採用。
メインキーは挿入部分(キー部分)がジャックナイフ風に飛び出すユニークなシステムを採用。トラス部分は90度に折り曲げ・固定OK。
メカニカルなイメージのハンドル部分。ポジションは低すぎず高過ぎない自然な位置に設定。
コンパクトなデジタルメーター。インジケーターは上側にレイアウト。
右側のグリップ周り。黄スイッチはセルモーター始動用。赤はエンジン停止用のキルスイッチ。
左側のグリップ周り。ヘッドライトのハイ&ロービーム切替、ハザード、ホーン、ウインカー作動スイッチを配置。ウインカー作動スイッチ(一番下)はプッシュキャンセル式を採用。
転倒時に左右のフロントのブレーキレバーを守るレバーガードには、LEDウインカーを装備。
前後ウインカーは、内側から順番に点灯する流れるウインカー「シーケンシャル」を採用。

アンスラサイト/ホワイト/レッドのドラッグスター200

イタリア車ならではの鮮烈なレッドカラーを盛り込んだ、アンスラサイト/ホワイト/レッド版。
PAIOLI(パイオリ)製油圧式ショックアブソーバーには、PAIOLIのステッカーを貼付済み。
上記のブラック/マグネシウム版とは異なる、インパクトの強いグリップ周り。
レバーガードに埋め込まれたフロントのLEDウインカー。

取材協力:ベア世田谷

国産メーカーはもちろん、イタルジェット、ピアジオ、SWMなどの海外バイクも取り扱い中。
●ベア世田谷 東京都世田谷区世田谷2-10-11
TEL:03-3429-8181
定休日:月曜(祝日の場合は営業)
https://bear-s.com/

イタルジェット ドラッグスター125/200 主要諸元

車名ドラッグスター125ドラッグスター200
エンジン/排気量水冷4ストローク単気筒DOHC 4バルブ/124 cc水冷4ストローク単気筒DOHC 4バルブ/181 cc
ボア × ストローク58 × 47 (mm)63 × 58 (mm)
最高出力12.5 hp (9.2kW) @ 9,500 RPM17.5 hp (12.9kW) @ 8,000 RPM
最大トルク10.5 Nm @ 7,750 RPM15.5 Nm @ 7,750 RPM
イグニッションエレクトロニクス, MAGNETI MARELLIエレクトロニクス, MAGNETI MARELLI
スターターセルスターターセルスターター
トランスミッションCVT式無段変速CVT式無段変速
クラッチ遠心乾式タイプ遠心乾式タイプ
全長 × 全幅1,890 mm × 750 mm1,890 mm × 750 mm
ホイールベース1,350 mm1,350 mm
シート高770 mm770 mm
車両重量(乾燥重量)124 kg124 kg
タンク容量9 L9 L
フロントサスペンションI.S.Sシングルショックアブソーバー、スプリングプリロード調整可能I.S.Sシングルショックアブソーバー、スプリングプリロード調整可能
リアサスペンションシングルショックアブソーバー、スプリングプリロード調整可能シングルショックアブソーバー、スプリングプリロード調整可能
ブレーキABSタイプ 油圧式シングルディスクブレーキABSタイプ 油圧式シングルディスクブレーキ
ブレーキディスク径フロント 200 mm / リヤ 190 mm Bremboキャリパーフロント 200 mm / リヤ 190 mm Bremboキャリパー
タイヤサイズフロント 120-70-12″ / リヤ 140-60-13″, Pirelliフロント 120-70-12″ / リヤ 140-60-13″, Pirelli

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭