最大40.2万円の補助金も! マクドナルドも導入済みの三輪EVバイク、アイディア・AAカーゴ|1kmあたりの移動コストはガソリン車の半分以下

日本の電動バイクメーカー「aidea(アイディア)」が製造・発売する、話題の屋根付きの3輪EVバイク「AAカーゴ」シリーズが東京モーターサイクルショー2022に登場。AAカーゴは日本郵便、日本マクドナルド、ドミノピザ等々も配達用として採用中だから、見覚えがある人も多いはず。電動バイクのAAカーゴは、購入時の各種補助金制度も導入済み。東京都でα8を購入する場合、何と40.2万円もの補助金が受けられる(2022年5月現在)。
MAIN PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)
PHOTO/REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)
aidea(アイディア) https://aidea.net/

日本郵政、日本マクドナルド、ドミノピザ等々も配達車として導入

アイディア・AAカーゴ α/β……87万7800円(税込)~

福岡県内を中心に展開する宅配ピザチェーン「ピザクック」の配達用車両。ピザクックでは電動3輪バイクを初めてテスト導入することを記念し、AAカーゴにピザクックのイメージキャラクター「銀河新星 グレイトZ」のラッピングを施した、「グレイトZモデル」を投入。
「銀河新星 グレイトZ」は、九州&関東で放送される特撮テレビ番組「ドゲンジャーズ ナイスバディ」に登場するヒーローキャラクター。
AAカーゴは大手ピザチェーン「ドミノピザ」のデリバリー車としても採用。
アイディア AAカーゴ クイックスタートガイド

AAカーゴシリーズ

車両区分モデル名バッテリー容量充電時間一充電走行距離車両価格(税込)
原付一種(50ccクラス)AAカーゴ α43.85kWh約3時間 ※1 / 約6時間  ※289km ※3¥877,800
原付一種(50ccクラス)AAカーゴ α87.7kWh約6時間 ※1 / 約12時間  ※2149km ※3¥1,075,800
原付二種(125ccクラス)AAカーゴ β43.85kWh約3時間 ※1 / 約6時間  ※289km ※3 / 39km ※4 ¥899,800
原付二種(125ccクラス)AAカーゴ β87.7kWh約6時間 ※1 / 約12時間  ※2149km ※3 / 89km ※4¥1,097,800
※1 200V普通充電の場合  ※2 100V普通充電の場合
※3 30km/h定地走行テスト時の値。運転方法や走行環境に応じて、値は変化します。
※4 60km/h定地走行テスト時の値。運転方法や走行環境に応じて、値は変化します。

 aidea(アイディア)は、既存のバイクの領域を超えた新しい価値を創造し、心豊かな生活の実現を目指した日本の電動バイクメーカー。国内の厳しい品質管理のもと、2020年6月より神奈川県相模原市の工場で生産をスタートさせた。

 写真はアイディアの量産第一号モデルとして、デリバリー用途に最適なルーフ(屋根)を採用した電動三輪スクーター「AAカーゴ」。コロナ禍による新しい生活様式の転換も手伝い、販売台数は上昇。また、日本郵便による郵便配達車に加え、日本マクドナルドやドミノピザなども宅配車として採用するなど、各種デリバリー業界の需要も高まっている。

 AAカーゴは安定性の高い、フロント1輪・リア2輪の3輪構造を採用。ワイパー&ウォッシャー機能付きの大型スクリーン、大型のルーフ、様々なボックスに対応するフルフラットな荷台が導入されている。

 電動バイクのAAカーゴは、購入時の各種補助金制度も見逃せないところ。補助金の額は各自治体により異なるが、例えば東京都でα8を購入する場合、

・国の補助 :CEV補助金→10万円
・東京都の補助 : 電動バイクの普及促進事業→30.2万円
合計:40.2万円

の補助金が受けられる。

【注】
・令和4年度の補助制度
・車両の定置場または使用の本拠の場所により、適用される補助制度が異なる
・α4は2022年夏より補助金対象となる予定

電気代はガソリン車の半分以下

 走行に必要な電気代は、エンジンを採用した原付三輪車の半分以下(下記のメーカー計測)。また、AAカーゴはエンジンオイル交換など定期的なメンテナンスの必要性が少ないため、距離を走れば走るほどランニングコストの抑制が可能。加えてエンジン車に比べ、電動バイクは車両を構成する部品が圧倒的に少ないため、トラブルのリスクも減少するのが特徴だ。

ガソリンエンジンの三輪バイクAAカーゴ α4
燃費・電費 ※54.5km/1L23.1km/1kWh
エネルギーの売価ガソリン 1L=150円電気 1kWh=26.5円
走行1kmあたりのコスト150÷54.5=約2.8円26.5÷23.1=約1.1円
※30km/h定地走行テスト値
aidea AAカーゴ : 3つの課題を解決する電動3輪バイク

4輪自動車のダブルウィッシュボーンを発展させた、左右独立懸架リアサスペンション

 AAカーゴはデリバリー車の定番「ホンダ ジャイロシリーズ」とは異なる、4輪自動車のダブルウィッシュボーンを発展させた、左右独立式の懸架リアサスペンションを採用。コーナリング時は運転席&ハンドル部とともに、リア部も傾斜するシステムを導入。これにより、悪路や段差の激しい道路でも、極めてスムーズかつ安定した走りを実現している。

宅配車として人気の三輪バイク、ホンダ ジャイロキャノピー。コーナリング時は、運転席&ハンドル部のみ傾斜するシステムを採用。
aidea AAカーゴ:ダブルウィッシュボーンサスペンション

 前後ホイールは、安定した走りを獲得する13インチの大径サイズ。前後ブレーキは雨天時や重量物搭載時にも安定した制動力を発揮するディスク式を採用。

aidea AAカーゴ:大径ホイール

 充電は車両に標準装備の専用ケーブルを使い、200Vコンセントで充電OK。オプションの100V用充電ケーブルを使えば、家庭用100Vコンセント(アース付き)から充電することも可能だ。

 AAカーゴはスマートフォンなどポータブルデバイスの充電が可能な、USBポート2つ(1A / 2.1A)をグローブボックス上部に装備。また、オプションのDC/ACインバーター(開発中)を装着することで、AC100Vの電化製品を使用することもできる。

宅配便の「DHLジャパン」は集配車両としてAAカーゴを採用。国際エクスプレス業界において、電動バイクの本格導入は初めての試み。

AAカーゴの各部をチェック

アイディア AAカーゴシリーズ 主要諸元

AA-Cargo α4AA-Cargo α8AA-Cargo β4AA-Cargo β8
車両区分原付一種(50cc以下)原付一種(50cc以下)原付二種(125cc以下)原付二種(125cc以下)
免許区分原付原付小型二輪小型二輪
全長x全幅×全高2,020mm × 645mm × 1,715mm
シート高700mm
車両重量209kg241kg209kg241kg
乗車定員1名
モーターブラシレスDCモーター
定格出力0.6kW1.0kW
ギアボックスインテグラルホイールハブモーター
バッテリーリチウムイオン 48V
充電方法200V/100V交流
バッテリー容量3.85kWh7.7kWh3.85kWh7.7kWh
充電時間約3時間 ※1 / 約6時間 ※2約6時間 ※1 / 約12時間 ※2約3時間 ※1 / 約6時間 ※2約6時間 ※1 / 約12時間 ※2
一充電走行距離89km ※3149km ※389km ※3 / 39km ※4149km ※3 / 89km ※4
サスペンション(フロント)Φ35 油圧式テレスコピック
サスペンション(リア)プリロード調整機構付きシングルショック
タイヤ(フロント)120/70 – 13″
タイヤ(リア)130/60 – 13″ ×2
ブレーキ(フロント)ディスク Φ240mm
ブレーキ(リア)ディスク Φ220mm ×2
防水・防塵性能IP65 準拠(バッテリー)
保証2年または30,000kmまで(バッテリーは新品の50%の容量を保証)
※1 200V普通充電の場合
※2 100V普通充電の場合
※3 30km/h定地走行テスト時の値。運転方法や走行環境に応じて、値は変化します。
※4 60km/h定地走行テスト時の値。運転方法や走行環境に応じて、値は変化します。

著者プロフィール

北 秀昭 近影

北 秀昭