オシャレ系スクーターならプジョ一択! ジャンゴ エバージョンABS試乗レポ

今回の試乗車はジャンゴ125エバージョンABS 。クリーム系ホワイトをあしらったツートーンカラーは写真のディープオーシャンブルーの他にビタミンオレンジ、ドラゴンレッドの3種が用意されている。この他ベーシックなヘリテイジ、シックな色調を採用したマットブラックのS、キャンディーピンクを採用したID、そしてトップケース等豪華装備を誇るアリュールの全5機種がラインナップする。
REPORT●近田 茂(CHIKATA Shigeru)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

※2018年08月02日に掲載した記事を再編集したものです。
価格や諸元、カラーバリエーションが現在とは異なる場合があります。
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS

プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS……370,440円

プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
フロントスクリーン[32,184円(税込)]とフロントキャリア[32,184円(税込)]はオプションとなります。
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS

名車S55のイメージを踏襲

 今回試乗するジャンゴは、プジョーブランドのスクーターの中では比較的新しい2014年にデビューした。見るからにレトロモダンなそのスタイリングは、同社の初代スクーターである1953年登場のS55にインスパイアされたモデルとして新たに開発し、現代に蘇らせたという同社の肝いりのモデルだ。どうりで全体的に懐かしい雰囲気を感じさせてくれるデザインだ。

 フロントに掲げるライオンマークのイルミネーション・エンブレムはV字状ラインに輝き、オーナメントが強調される。視認性を向上するとともに何処か誇らしげに見えてくるから不思議なものだ。ちなみに伝統的なヒップコンシャス・フォルムと優美なサイドラインはプジョー203(同社初のモノコックボディを採用した戦後のクルマ)の雰囲気と共通する流れを彷彿とさせる。

プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS

 フロント固定フェンダーを活かした往年のカーゴノーズこそ無いが、エバージョンには美しくクロームメッキされたオシャレな折り畳み式フロントキャリアを標準装備。もちろん立派なセパレートシートの前側下にはそれなりのカーゴスペースが備えられている。レッグシールドインナーポケットには、12Vアクセサリー電源も採用。丈が短く、幅はあるショートウインドスクリーンも装備。ボディは樹脂製だがクロームメッキパーツも多用されて、全体的にゴージャスな雰囲気が漂う。パリの旧市街にも良く似合う優雅さがあり、それに乗るライダーは、さぞやオシャレに見えることだろう。

 前後ホイールは一般的な120/70-12インチサイズ。軸距は1350mm、乾燥重量は129kgで先にレポートしたスピードファイトよりも一回り大柄な車体が印象深い。ゆったり感のある乗り味で、タンデムライディングでも二人のポジションには大きな余裕が感じられた。シートの座り心地は後席も含めてとても良くグラブバーも安心感がある。

エンジンフィールは「ゆったり、まろやか」

プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS

 搭載エンジンは空冷のSOHC2バルブ単気筒で、最高出力は7.5kW/8500rpm、そして8.9Nm/7000rpmの最大トルクを発揮する。乗り味は発進からクルージングまで、全体的に穏やかな感覚に終始する。その走りは決して俊敏ではないが、不思議とそのパフォーマンスにストレスは感じられなかった。むしろジャンゴのキャラクターとそこで発揮される性能が相応しく、調和のとれたパフォーマンスだ。

 非力さを感じることはなく、感覚的にはゆったりとした雰囲気。良い意味で穏やかな走りっぷりが市街地を行くのに心地よい。エンジン回転はそこそこ高めの特性だが、太くまろやかな排気音でさほど騒々しくは感じられない。そして何よりも走りに終始一貫したゆとりを覚える。直進安定性が高く適度な重みが伴う素直な操縦性は落ち着いた挙動を生むわけだ。

  過ごしやすい休日の朝に、彼女を乗せてぶらりとお出かけ。オシャレなオープンカフェに横着けしてティーブレイク……。そんな雰囲気が似合うデザインとゆったりとした乗り味は、このジャンゴエバージョンならではの魅力と思えた。

プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS

ディテール解説

プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
イタリアンベスパのようなスチールモノコックではなく、ボディ外装は樹脂製。なので実際の取り回しは見た目よりも軽量な印象。
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
クリーム色のキャストホイールデザインもなかなか新鮮。ホイールサイズは前後共に12インチ。シングルディスクのフロント油圧ブレーキは2ピストンのピンスライドキャリパーをマッチ。ABSは右手レバー操作の前のみに機能する。
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
サイドスルーの利くフラットなフロアデザインが印象的。5本のラバー製ストライプを配し、足元のグリップも良い。
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
スクーターとして一般的なユニットスイング方式のリヤサスペンション。フルカバードフォルムの為、メカ部分の多くは見えないが強制空冷式エンジンを搭載。後輪は片支持方式。センターにディスクローターを持つ油圧ブレーキはシングルピストンのピンスライドキャリパーをマッチ。
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
細めのエキゾーストパイプとテールエンドを持つマフラーにはクロームメッキのヒートガードを装備。ホイールセンターにもクロームの化粧カバーが採用されている。
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
白い文字盤に青い目盛りと赤い指針。中央にはモノクロ液晶ディスプレーをコンビネーションしたメーター回り。時計や外気温度計も装備。表示は大きくて見やすい。
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
イグニッションキーも上質に仕上げられている。レッグシールド内側のパネルデザインも美しい。中央はコンビニフック。
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
大きな蓋を開くと限られたスペースを有効に使ったグローブボックスがある。中には12Vのアクセサリー電源ソケットも備えられていた。
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
左側の扉を開けるとガソリンの給油口が出現する。
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
優れた座り心地を実感した大きなセパレートシート。クッションはシッカリ感があり、滑る事もなく尻が安定する。大腿とのフィット感も良い。後席もグラブバーが使いやすく乗り心地は快適。
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
SHOEI J-FORCE Ⅳを入れると、後方にはレインスーツ等が入れられるスペースが余っていた。
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
SHOEI J-FORCE Ⅳを入れると、後方にはレインスーツ等が入れられるスペースが余っていた。
プジョー・ジャンゴエバージョン125ABS
豪華なシートとヒップコンシャスなリヤビューが印象的。造りのしっかりしたグラブバーの存在も二人乗りやセンタースタンドを掛ける時にはとてもありがたい。

著者プロフィール

近田 茂 近影

近田 茂

1953年東京生まれ。1976年日本大学法学部卒業、株式会社三栄書房(現・三栄)に入社しモト・ライダー誌の…