憬れの2人乗りデビュー前に知っておきたいルールとは? 年齢やバイクの装備、排気量など意外に細かいぞ!【バイクの基礎知識】

バイクの2人乗りに関するルール
バイクの2人乗りに関するルールなどを紹介
バイクの免許を取ったら、1度はやってみたい2人乗り、いわゆるタンデム走行。友達や家族と一緒にバイクで移動できることで、ツーリングなどがより楽しくなりそうだが、実際にやる場合には、細かいルールや乗り方もあるので注意したいところ。

そこで、ここでは、バイク初心者などが安全・安心に2人乗りを楽しむために知っておきたいルールなどをおさらいしてみる。

REPORT●平塚直樹
PHOTO●本田技研工業、カワサキモータースジャパン、首都高速道路、写真AC
*写真は全てイメージです

2人乗りができるバイクの条件

2人乗りをするには道路交通法や道路運送車両法で定められたさまざまな条件に従う必要があり、どんなバイクでも2人乗りができるわけではない。また、バイク免許を取得したからといって、すぐに2人乗りができるわけでないで注意が必要だ。

まず、どんなバイクがだめで、どんなバイクならOKなのかを紹介する。

1,排気量50cc以下のバイクはNG

2人乗りが禁止されているのは、まず、排気量50cc以下の原付一種(第一種原動機付自転車)だ。逆にいえば、51cc~125ccの原付二種(第二種原動機付自転車)や、126cc~250ccの軽二輪、251cc以上の小型二輪であれば、基本的に2人乗りは可能だ。

2、2人乗り可能な装備が必要

ただし、51cc以上であれば、どんなバイクでも2人乗りをすることができるわけではない。

・タンデムステップ
・タンデムシート(もしくはキャリア)
・握り手(タンデムベルトやグラブバー、タンデムバーともいう)

といった3つの装備があることが法律で定められている。

そのため、例えば、ホンダの「モンキー125」など、排気量が50ccを超えているバイクでも、こうした装備がない1人乗り専用モデルでは、2人乗りをすることができないので注意しよう。

バイクの2人乗りに関するルール
ホンダ・モンキー125

なお、同じくホンダの「CT125・ハンターカブ」や「クロスカブ110」のように、タンデムシートはないものの、リヤキャリア部に座れ、タンデムステップやグラブバーなどが装備されていれば、2人乗りは可能だ。

ただ、同乗者にとって、リヤキャリア部に座るのはお尻が痛くなるので、あまりおすすめはできない。もし、こうしたモデルでタンデムするのであれば、リヤシートがオプション設定されていたり、アフターパーツで用意されている場合もあるので、それらのどれかを装備した方がいいだろう。

バイクの2人乗りに関するルール
CT125・ハンターカブ
バイクの2人乗りに関するルール
クロスカブ110

ちなみに、バイクを選ぶ際に、2人乗りができるかどうかを確認するためには、メーカーの公式WEBサイトなどで「スペック」表を見て、「乗車定員」の欄を確認するといい。「2名」であればタンデムOK、「1名」であればタンデム不可というのが分かるはずだ。

バイク免許の取得年数1年以上が必要

2人乗りをする以前に、自分が乗る排気量のバイクを運転できる免許証を取得していることが条件であるのは当然のことだ。それに加え、2人乗りの場合は、これも法律により、最初に取った普通二輪免許(小型限定普通二輪免許を含む)や大型二輪免許を交付された日から1年以上が経過している必要がある。

ちなみに、例えば、最初に普通二輪免許を取り、その後に大型二輪免許を取得した場合。このケースでは、普通二輪免許の交付から1年以上が経過していれば、大型二輪のバイクで2人乗りをすることが可能だ。

高速道路での2人乗りに関するルール

以上は、主に、一般道で2人乗りをするためのルールだが、高速道路など(自動車専用道路を含む、以下同じ)で2人乗りをする場合には、別のルールがあるので注意したい。主なルールは以下の通りだ。

1,125cc超で2人乗りが可能な装備を持つバイク
2,運転者の年齢が20歳以上
3,普通二輪免許または大型二輪免許の取得後、3年間以上経過していること

1は、高速道路を走れるバイクは、排気量125cc超を決まっているから、当然のご存じだろう。2人乗りに必要な装備とは、先に紹介したタンデムステップ、タンデムシート、グラブバーがあるか否かだ。

また、高速道路の2人乗りでは、20歳以上という年齢制限や、普通二輪免許または大型二輪免許を取得してから3年間以上が経過しているという条件もある。一般道と違い、より速度域が高い高速道路では、より条件が厳しくなっているのだ。

なお、例えば、普通二輪免許を取得後に、大型二輪免許を取った場合。大型二輪免許を取って3年以内でも、普通二輪免許を取って3年以上が経過していれば、高速道路などで大型バイクに乗って2人乗りをすることが可能となる。

バイクの2人乗りに関するルール
免許を取得後、一般道では1年以上、高速道路などでは3年以上が経過しないと2人乗りは禁止

高速道路では2人乗り禁止区間にも注意

高速道路などでは、2人乗りが禁止されている区間もあるので注意したい。それは、東京都心を通る首都高速道路、いわゆる首都高の一部だ。2人乗り禁止区間には、「大型自動二輪車及び普通自動二輪車で二人乗り通行禁止」の標識があり、首都高に入る入口付近などに表示されているので、見落とさないようにしたい。

バイクの2人乗りに関するルール
首都高速道路のバイク2人乗り禁止エリア(出展:首都高速道路ホームページ「首都高ドライバーズサイト」)
バイクの2人乗りに関するルール
「大型自動二輪車及び普通自動二輪車で二人乗り通行禁止」の標識

違反した場合の反則金や違反点数は?

以上のように、2人乗りに関するルールはさまざまあるが、もし違反した場合、反則金や違反点数は主に以下の通りとなる。

1,定員外乗車違反
反則金:原付車5000円、二輪車6000円
違反点数:1点

これらは、主に原付一種のバイクで2人乗りをした場合に適応される。また、前述したモンキー125など、51cc以上でも乗車定員1名のバイクに2人乗りをした場合などにも課せられる。

2,大型自動二輪車等乗車法違反
反則金:1万2000円
違反点数:2点

これらは、主に

・免許取得後1年未満に、大型二輪車または普通二輪車の2人乗りをした場合
・免許取得後3年未満に、高速道路などで大型二輪車または普通二輪車の2人乗りをした場合
・20歳未満で高速道路などで2人乗りをした場合
・2人乗り禁止区間で2人乗りをした場合

といった場合に課せられる。特に、大型自動二輪車等乗車法違反は反則金の金額も大きいので、違反しないように注意したい。

ライダーやパッセンジャーの心構え

以上は、法的な基本的ルールだが、2人乗りをする場合は、ライダーはもちろん、パッセンジャー(同乗者)にも注意したい乗り方などの心構えがいくつかある。

特に、パッセンジャーがバイクに初めて乗る場合には、スムーズに走れるように、事前に「どんな乗り方をすればいいか」話しておくといいだろう。

例えば、慣れないうちは「なるべくライダーの背中と腰に密着」すること。また、走行中は「しっかりグラブバーやタンデムベルトを握る」「ニーグリップでライダーの腰を軽く挟む」といったことを説明。

さらに、コーナーでは、パッセンジャーのなかには、バイクが傾くことに恐怖心をおぼえ、体を起こしてしまうようなパッセンジャーもいる。パッセンジャーが、バイクの傾きと反対方向などに極端に動いてしまうと、バランスを崩してしまい、スムーズな走りができないし、場合によっては転倒してしまうこともある。

そのため、旋回中は、ライダーの挙動に合わせて、例えば左旋回なら左に、右旋回なら右へ「やや体を傾ける(あまり極端に傾けるのもバランスを崩し安い)」など、うまく呼吸を合わせて乗るように伝えておくといいだろう。

バイクの2人乗りに関するルール
2人乗りではライダーとパッセンジャーがうまく呼吸を合わせて乗ることも重要

一方、ライダーも、あまり2人乗りに慣れていなければ、特に加速や減速する際は、できるだけスムーズな操作を行うように心掛けたい。バイクが極端に前後動するような走りは、パッセンジャーを必要以上に怖がらせるし、快適に乗ることができないからだ。

また、コーナーでも、早めに減速し、できるだけゆっくりと旋回。車体もできるだけバンクさせないよう、パッセンジャーに気を遣った走りを心掛けたい。

ほかにも、ライダーはもちろん、パッセンジャーも長袖・長ズボン、くるぶしが隠れる靴、ヘルメットや胸部プロテクターなど、安全のためには装備にも気を配りたい。また、エンジンやマフラーなど、高熱になる部分には触らないようにするといったことも伝えておけば、不慮の事故などを防げる。

ちなみに、もし高速道路を使った長距離ツーリングを2人乗りで楽しみたいのであれば、できるだけリヤシートがフラットで幅広いバイクに乗りたい。長時間の乗車でもパッセンジャーが疲れにくいし、安定性も高いからだ。

また、排気量も、できるだけ大きい方が走りにも余裕が出るので、おすすめだ。目安としては、可能であれば400cc以上のバイクを選ぶ方がいいだろう。

バイクの2人乗りに関するルール
排気量が大きい方が、2人乗りでのロングツーリングは楽(写真はカワサキ・ヴェルシス1000SE)

キーワードで検索する

著者プロフィール

平塚直樹 近影

平塚直樹