東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > ドリフト界の巨匠のむけんがS15新作エアロを発表!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • Dee’s Club

ドリフト界の巨匠のむけんがS15新作エアロを発表!【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドリフト界において数々の画期的パーツを発明し、D1グランプリシリーズでも人気選手として活躍している野村謙さんのお店URAS。エアロパーツは毎年新作を出してて、2018年の目玉として発表されたのがS15シルビア用のタイプGTエアロだ。
 パッと見だといままでのタイプGTエアロと変化がないように見えるけど「型も古くなってきたから全面的にリニューアルしたばい!」と、すべてイチから造り直された。
 旧作よりもフロントバンパーは丸みを帯びたデザインで、サイドステップとリヤバンパーの形状はほぼ変わっていないそうだ。

リニューアルしたタイプGTエアロに合わせて完全新設計なのが前後のフェンダーで、ブリスターフェンダーにオーバーフェンダーを合体させたようなカタチ。前後とも片側75mmワイドとなっている。


「まわりに置かれるショップのデモカーがシルビアってのはわかってたし、こーゆースタイルも意外と好きなんよね」と、野村さんは往年の車高短仕様を意識して前後15インチをチョイスした。


URASのブース場所は中ホール4です!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る