MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ

What is

大車林

大車林とは?

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。【エンジン】【ドライブトレイン】【シャシー】【ボディ】【試験・性能・空力】【設計開発】【生産技術】【環境・社会・法規】【デザイン】【モータースポーツ】【欧文略語】全11カテゴリーに分けて解説しています。(『自動車情報辞典 大車林』2003年発行第1版を収録)。

大車林注目キーワード

2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキセントリックシャフト1回転当たり1回の燃焼を行い、回転力変動が大きいため、大きな振動を発生するという欠点がある。2ローターエ...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。USと略称する。前輪のスリップ角が後輪のそれより大で、スタビリティファクターKが正の特性である。外乱によってヨー運動が起こった...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉する動弁系の部品の名称。バルブを押す部分、カムと接触する部分、そして支点という3要素からなり、これらを結ぶ部分の剛性が大切で...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的にターボを作動させる方式。直列式は、低速時には小流量のタービンに排気の全量を流し、中高速時にはこれをバイパスして直接大型タ...
  • 樹脂インペラー
    排気ターボのレスポンスを改善し、回転部分の慣性を小さくするためコンプレッサーのインペラーとディスク部を樹脂で一体成形したもの。また、これと同時に排...
  • もみ割れ
    鍛造の延ばし作業において、変形量が大きすぎて、中心部に沿って発生する割れである。現象としては、塑性変形の度合いが許容値の範囲を超え、破断に至るもの...
  • 油温計
    エンジンオイルの温度を表示する計器。現在はサーミスターで油温を検知する電気式がほとんどだが、かつてはセンサーにエーテルを封入し、それが熱によって蒸...
  • スタティックマージン
    静的な安定度を示す指標のひとつ。2自由度モデルの定常特性値で、重心点からニュートラルステアポイントまでの距離を、ホイールベースで割って無次元化した値...
  • ASSY
    2つ以上の部品を締結部品(ボルトナット、クリップ、ファスナーなど)、溶接、かしめなどで一緒に組み付けること。アッシー部品同士を組み付けて、さらに大きな...
  • 連邦自動車安全基準
    アメリカにおける安全規制で、連邦法である「国家交通並びに車両安全法」に定められている安全基準をいう。FMVSSと略される。アメリカの安全規制の歴史は1935...

エンジンデータブック注目キーワード

キーワード注目ランキング

VW の新世代エンジン・EA211 シリーズの最小排気量版。ター ボとNAがあるがNA仕様はPFI と な る 。軽 量 化 と コ スト ダ ウ ン は徹底していて、エンジンブ ロックは90kg台だ。
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型バスに用いられていたが、現在、大型バスは低床式のリヤエンジン方式が主流となっている。トヨタの初代エスティマもアンダーフロ...
5 代目ゴルフの主力ユニットは、2.0lの EA113 型だった。これは、先 述のクラウス技師が初代アウディ80 のために設計したボアピッチ 88mm のユニットの末裔。鋳鉄ブロックのままだったが、動弁...

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る