MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ

What is

大車林

大車林とは?

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。【エンジン】【ドライブトレイン】【シャシー】【ボディ】【試験・性能・空力】【設計開発】【生産技術】【環境・社会・法規】【デザイン】【モータースポーツ】【欧文略語】全11カテゴリーに分けて解説しています。(『自動車情報辞典 大車林』2003年発行第1版を収録)。

大車林注目キーワード

ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高めるために、やや角度をつけて取り付けられている。前に角度をつけるキャスター角、内側に角度をつけるキャンバー角やキングピン傾斜...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。スロットルチャンバーのバタフライ弁の外側端部に、ポテンショ式(抵抗体上を接点が摺動する方式)角度センサーを装着して使う。エン...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニホールドに導入させるようにした、冷却システムを備えたターボエンジン。ターボによる圧力比が大きくなると吸気の温度が上昇する...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品の表面層の結晶粒界が、熱処理雰囲気中の酸素によって酸化される現象をいう。炉内で鋼材の加熱中に、鋼材表面から酸素が結晶粒界...
  • アンダーウイング
    ベンチュリーやアップスィープを含む、車体床面のベンチュリー状構造の総称。
  • 酸化防止剤
    常温において、空気中の酸素の影響で酸化反応する物質に対し、この酸素の作用を防止する性質をもたせるために添加する物質のことで、物理的・化学的性質が劣...
  • JASIC
    日本自動車基準認証国際化研究センター。自動車基準の国際調和を推進する日本政府の活動を支援する目的で、運輸省(現・国土交通省)と自動車関連業界が出資し...
  • 制動仕事
    ブレーキ機構またはリターダーが制動中に行った仕事量で、制動力×制動した距離で表される。
  • 圧力角
    歯車の歯面上のある点で、この点を通る半径線と歯形の接線とがなす角のこと。インボリュート歯車では、基準ピッチ点における圧力角を指すことが多い。また、...
  • サービスインターバルインジケーター
    オイル交換などサービス時期を知らせる表示。

エンジンデータブック注目キーワード

キーワード注目ランキング

国内の自動車メーカー8社を対象に、2017年度の決算資料から1台あたりの営業利益(連結営業利益÷販売台数)を算出。トップはSUBARUで35.6万円だった。
最新の決算資料をもとに年間の販売台数が100万台を超える自動車メーカーの売上高を集計し、ランキングを作成しました。 2017年の売上高トップはトヨタ自動車。売上高は29兆3795億円で、前年から6.5%増えまし...
<a name="t1"></a>
<a href="#t1">パリのパレードラン会場に行ってみたら、これはもう感動の名車揃い!パリモーターショーが10月2日開幕!</a> <a href="#t2"> F1直系の技術を注ぎ込んだインフィニティ・プロジェクト・ブラック...
BMW もそうだが、メルセデスも今や生産車種の大半が直列4気筒エンジンを 搭載し、マルチシリンダーは少数派となった。そうなると6気筒以上の V 型は 生産合理化の観点から重荷になってくる。ならば...

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る