MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ

What is

大車林

大車林とは?

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。【エンジン】【ドライブトレイン】【シャシー】【ボディ】【試験・性能・空力】【設計開発】【生産技術】【環境・社会・法規】【デザイン】【モータースポーツ】【欧文略語】全11カテゴリーに分けて解説しています。(『自動車情報辞典 大車林』2003年発行第1版を収録)。

大車林注目キーワード

振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばねと質量のみによる振動系に、減哀を付加すると振幅は減少する。この振幅減少は、振動エネルギーが熱エネルギーに変わり消費される...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気タービンで圧縮機を駆動するターボチャージャー、エンジンから直接駆動きれる機械式過給機、および排気の圧力で新気を直接加圧するプ...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動車の国連であり、本部はフランスのパリにある。ユーザーサービスなどは各国の自動車協会が行うので、モータースポーツ関連の国際...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および前後(テレスコピック)に移動させ、運転者がベストポジションがとれるようにしたステアリングコラム。一般に高級乗用車に装備され...
  • 動圧軸受け
    軸が回転すると軸と軸受けの中心が偏心する。そのとき隙間の形は楔形状になっており、その隙間内に潤滑油が押し込まれて油圧が発生し、これによって軸の負荷...
  • スケールモデル
    縮尺モデル。主としてデザインの初期段階に制作されるモデル。複数案を展開するときに、作業スペース、モデリング工数の有効利用をはかるためによく行われる...
  • 車間距離レーダー
    車間距離が短くなって追突の危険が迫った状態になると、ドライバーに、その情報を信号音やランプの点滅によって伝える装置。その計測は天候の影響の少ないミ...
  • ロックアップピストン
    トルクコンバーターのロックアップクラッチを作動させるためのピストン。ピストンはディスク状の鋼板製で、エンジン側の面の外周付近にクラッチフェーシング...
  • サービス部品
    サービス作業時に使用する部品、無償提供の部品を指すこともある。
  • 更生タイヤ
    摩耗したタイヤのトレッドゴムを張り替えて、再び使用できるように再生したタイヤのこと。再生しようとするタイヤのトレッドゴムを取り除き、未加硫ゴムを張...

エンジンデータブック注目キーワード

キーワード注目ランキング

2012 年に技術発表された直噴ターボシリーズの第二弾 で、5 年振りに復活した FK 型シビック Type-R 専用のパ ワーユニット。これまで9000rpm近傍までの高回転を許 容 す る 直 4 とし て は 究 極...
<a href="#t1">【08:30】トヨタ 決意表明「今日からトヨタはクルマ会社を超えて人々の移動を助ける会社へ」[2017年10月25日更新]</a> <a href="#t2">【08:45】ダイハツ 全文掲載「軽商用車にも先進安全技術を...
5 代目ゴルフの主力ユニットは、2.0lの EA113 型だった。これは、先 述のクラウス技師が初代アウディ80 のために設計したボアピッチ 88mm のユニットの末裔。鋳鉄ブロックのままだったが、動弁...

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る