モーターファン

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ

What is

大車林

大車林とは?

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。【エンジン】【ドライブトレイン】【シャシー】【ボディ】【試験・性能・空力】【設計開発】【生産技術】【環境・社会・法規】【デザイン】【モータースポーツ】【欧文略語】全11カテゴリーに分けて解説しています。(『自動車情報辞典 大車林』2003年発行第1版を収録)。

大車林注目キーワード

粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品の表面層の結晶粒界が、熱処理雰囲気中の酸素によって酸化される現象をいう。炉内で鋼材の加熱中に、鋼材表面から酸素が結晶粒界...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高めるために、やや角度をつけて取り付けられている。前に角度をつけるキャスター角、内側に角度をつけるキャンバー角やキングピン傾斜...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニホールドに導入させるようにした、冷却システムを備えたターボエンジン。ターボによる圧力比が大きくなると吸気の温度が上昇する...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑りが同じになるように駆動力を調節すると、カーブを速く走り抜けることができ、モータースポーツの運転技術として利用される(ドリフ...
  • DETR
    イギリス環境運輸地域省。環境運輸地域大臣のもと、道路安全車両局を車両認定庁(VCA)と車両検査庁(VI)の2つの庁で構成しており、VCAがクルマの基準、認証のす...
  • パッシブセーフティ
    受動的安全性のこと。事故時および事故後における乗員保護のための安全技術の総称をいう。シートベルトやヘッドレストなどは1970年以前から多くの自動車に採...
  • 雨センサー
    雨を検知して自動的にワイパーを作動させるためのセンサー。雨センサーをフロントガラスなどに装着し、雨を水分および水圧としてとらえ、水分についてはセン...
  • ベアリングビーム
    メインベアリングキャップの下端を、梁または板により互いに連結した主軸受け構造。メインベアリングキャップの倒れを抑制するとともに、シリンダーブロック...
  • バルブヘッド
    吸排気バルブの燃焼室側にリフトをとり、吸排気通路を開閉する傘の部分。この部分をきのこ弁(マッシュルームバルブ)の傘部とも称する。2バルブや4バルブエン...
  • 冷媒圧力センサー
    エアコンの冷媒の圧力を検知して、コントロールユニットに信号を送り、アイドル回転数の制御やエアコンカット制御、ラジエーターファン制御を行っている部品...

エンジンデータブック注目キーワード

キーワード注目ランキング

ガソリンエンジンとモジュール展開される直6ディーゼル。モジュールなのだがなぜかボア径はガソリン版より1mm少ない。 同 排 気 量 の V 6 ・ O M 6 4 2 よ り ボ ア ピ ッ チ は 1 6 ...
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキセントリックシャフト1回転当たり1回の燃焼を行い、回転力変動が大きいため、大きな振動を発生するという欠点がある。2ローターエ...
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および前後(テレスコピック)に移動させ、運転者がベストポジションがとれるようにしたステアリングコラム。一般に高級乗用車に装備され...

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る