MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「シャシー」のキーワード1030件


ストラット、平行に横置きされた2本のパラレルリンク、斜め前方に伸びるラジアスロッドによって構成されているサスペンション。バウンド、リバウンド時、制動時および突起乗越え時、コーナリング時のトー変化をラジアスロッドとパラレルリンクによって防げるため、操縦安定性が保たれる。なお、トーインの調整は、後側のパラレルリンクのサスペンションメンバー側取付け部に偏心カム式の調整機権で行う。
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および前後(テレスコピック)に移動させ、運転者がベストポジションがとれるようにしたステアリングコラム。一般に高級乗用車に装備されている。また手動でチルトまたはテレスコピックさせることができるものもある。
ステアリングの操舵力を制御する油圧装置。急なハンドル操作時は、しっかりと重く、ハンドルを一定に保つときには軽い操作感覚をもたらす。複数の操舵力特性を備えて、ドライバーが選択できるようにした例もある。
あるマスメディアが提唱した概念で、ハイトコントロールのアクチュエーターを使ったダイナミックターンパー制御のこと。ハイトコントロールとは、乗員、積載荷重などの静的条件、および走行条件、路面状況などの動的条件による、車体の静的および動的な姿勢変化を抑制することである。ダイナミックダンパーで、ばねの静的位置、ばね定数、および減衰力などを同時に制御することは望ましい。サスペンションジオメトリーを常に一...
非駆動輪、すなわちFF車の後輪やFR車の前輪の回転中心軸となる、短いテーパー状の回転しない車軸をいう。スピンドルはナックルやハブキャリアに固定されている。ホイールは、ベアリングを介してスピンドルに取り付けられたハブとともに、スピンドルの周りを回転する。
圧縮した空気を利用して液体塗料を霧化(微粒化)させ塗装する方式をいう。この機能を有した代表的な道具がエアスプレーガンである。エア霧化塗装は機器の取り扱いが容易で、設備コストも安く良好な塗面品質が得られるなど、多くの利点をもっているため、もっとも広く普及している。しかし塗着効率が低いという欠点がある。
デッドアクスルに対して、駆動輸を支えるドライビングアクスルのこと。リジッドアクスルで駆動軸を内蔵させ、終減速機を取り付けるアクスルケースは、その形状からバンジョーアクスルと呼ぶ。乗用車用には、終減速機のハウジングにアクスルチューブを圧入する構造もある。両端に駆動車曲(ドライブシャフト)用軸受けハウジングを設け、支持構造の違いで全浮動式、半浮動式に区分する。ステアリングアクスルの場合には、ドライブ...
ブレーキ機構またはその付近から発生する不快な異音。ブレーキ鳴きを含めることもあるが、一般に鳴き以外の異音をいう。悪路走行時などにブレーキ部品が踊るラトル音(カタカタ、ゴトゴト)、前後進交互のブレーキで、パッドやシューが動いて打音となるクロンク音(コクン)、軽い制動時にパッドとディスクがこすれるときの摺動音(ザー、シャー音)などがある。またディスクブレーキのAT車で発進時にブレーキを解除したときのクリー...
複輪ともいい、大型トラック、バスの後軸許容荷重を増加するために、1軸の片側に2個のタイヤを装着した構造のこと。許容荷重を大きくするとともに、加速、減速力も増すことができる。悪路走破性の向上も期待できるが内側タイヤの負荷は厳しい。複輪間隔はJATMA規格の寸法を用い、タイヤ同士の干渉を避ける。大型トラック専用であったが、1970年代に小型トラック、いすゞエルフやマツダ・ボンゴが軽トラック用タイヤULTを補強し...
鋳造鍛造、プレス、熱処理工程などを経て生産される工業製品のように、同じ材料で同じ機械、装置、型を使用して連続して生産される一群の品物の製造単位をいう。または、海外生産用部品などの受注、生産における一定台数の1単位。前者は同一条件で生産された品物の集まり(バッチともいう)である。後者は受発注の簡素化、梱包効率、梱包作業性向上、および、場合によっては現地の開梱~組み立てまでの管理、作業の容易化のために...
部材に加えられる熱による膨張と収縮の繰り返しが原因で、部材に亀甲状の剥離が発生することをいう。とくにエンジン部材、ディスクブレーキローター、ブレーキドラム、熱間圧延ロール、ダイキャスト用金型、切削工具などは常温から高温まで、加熱・冷却を交互に受けて熱疲労による亀裂の発生となり、その寿命を終える。ヒートクラックの発生を防止するためには十分な冷却性能をもたせた構造とし、急加熱、急冷却を少なくするこ...
ディスクブレーキのピストンシールがブレーキを解除したときの弾性力を利用して、ピストンをもどす作用。フォールバック量はピストンシールとシリンダー溝の形状・寸法によってほぼ決まる。この作用は引きずり抵抗とペダル初期ストロークに密接な関係があり、両者のバランスをとるように設計される。またピストンシールは、ピストンが大きくストロークすると滑りを生じ、パッドが摩耗したときに隙間を詰めるオートアジャスター...
外観向上のための装飾用および雄ねじの突き出しによる引っかかり防止を目的に使われるナット。雄ねじの先端部がナットの上面から突出しないように、ナットの座面とは反対側を半球形もしくは浅皿形にして、ボルトの先端を囲い込むようにしたもの。したがってボルト長は使用部位により適正な長さのものを使用しなければならない。密封やボルトの防錆効果などのためにも使用される。また装飾的な意味合いもありホイールナットなど...
歯車が噛み合っているときに、相手側歯面にトルクを伝える歯面であることを意味している。自動車では、駆動側の歯面かエンジンブレーキ側歯面かなどの表現をする。ギヤノイズが発生する場合に、運転条件やトルク実測から前者か後者か判別し、その歯面の精密測定を実施、歯形や歯筋形状データから原因を究明して対策をとっている。トルクが加わると歯は弾性変形するので、その状態で歯当たりをとって分析するとともある。
タイヤが路面の突起を通過する際、タイヤトレッドが座屈すると、タイヤの縦剛性が予測されるより小さくなる。このとき、突起による変位入力(路面とタイヤ軸間の距離)と、タイヤの縦剛性から予測される上下反力と実際の力との差をエンベローピングパワーという。
略してスタッドともいう。両端にねじ部をもつボルトで、一方の部品の雌ねじを切った孔に一端をねじ込み、固定される部品にあけてある穴をボルトに通しナットで締め付けるという使い方が一般的。自動車では車軸フランジのように、ブレーキドラム、ホイールといった取付け取外しが繰り返し発生する部品の取り付けのため、部品の位置決めの容易さも兼ねて使われている。また通常の6角ボルトでは、ボルトとボルト穴の間から液体やガ...
自転車の車輪のように、リムとセンターハブを多数のスポークでつないだ構造のホイール。1930年代までのクラシックカーに多くみられた。その後は美観、軽量を特徴として、一部のスポーツカーや高級車に採用されたが、長期間使うとスポークの張りが低下して寸法に狂いが生じ、真円度が低下して振動の原因となるなどの構造上の問題から、最近ではあまり使われていない。
ひとつの表示部にいくつかの異なる情報を選択して表示する装置。この装置には、数種のウォーニングを1箇所の表・示部に集合表示させるものと、蛍光表示管やブラウン管あるいは液品を使って、適宜情報を選択して表示させるものがある。近年、コンピューターや通信技術の著しい発達によって、自動車内にナビゲーションシステムや移動通信体による道路情報などを取り込めるようになったことと、従来から必要であった自車の不具合情...
多機能なスイッチを備えたステアリングのメルセデス・ベンツ車用語。Sクラスでは左右合計4つのスイッチを備え、左側下のスイッチによりオドメーター、オーディオ、自動車電話、カーナビゲーション、トリップ・コンピューター、エラーメッセージ記憶式トラブルメモリー、各設定の7種の基本機能を切り替えて使用する。BMWも同じ呼称でほぼ同様の多機能なスイッチを備えたステアリングを有する。
試作の目的は次の2つに大別することができる。ひとつは企画・設計の目標設定に必要な情報の収集。もうひとつは企画・設計の目標に対する適合度の評価、である。先行試作は前者のために行われるもの。新しい技術や機構の導入に際して、性能や特性をあらかじめ確認しておきたい場合に、本番試作に先立って行うのが先行試作である。その方法のひとつとして、量産車の一部を改造し、新しい技術や機構を組み込んで性能を評価する場合...
1030件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る