MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「欧文略語」のキーワード387件


  • PETP
  • -polyethylene terephthalate polymer
テレフタル酸とエチレングリコールを重縮合することで得られる。繊維、フィルムに広く用いられる。合成繊維中もっとも生産量が多い。
ドイツの排出ガス規制適合車への税優遇措置をいう。2005年から実施予定の欧州排出ガス規制強化の、第4段階(ユーロⅣ)の排出ガス基準値を先取りして適合させたクルマに対し、登録時の自動車税を大幅に優遇(600~1200マルク)している制度。2004年末まで継続される予定。
  • COP
  • -conformity of production
生産車などの法規適合性。認可を受けたあとに量産されたクルマや部品の、法規適合性や品質管理体制などを監査する仕組みを総称していう。認証制度を適用しているほとんどの国が実施しており、欧州規則に対するCOPテスト、アメリ力の排出ガス規制に対するSEA監査、オーストラリアのTFI監査などがある。また、日本では型式指定監査が相当する。
  • SS4
  • -super select 4WD
三菱パジェロなどに採用されている4WDシステム。2H-4H-4HLc -4LLcのポジションをもつ。2H⇔4Hの切り替えは走行中も可能で、2WD走行ではフロントプロペラシャフトの回転を停止し、4HLcはセンターデフを50:50でロック、4LLcは副変速機がローギヤのポジションである。
  • SAA
  • -Standards Association of Australia
オーストラリア規格協会。オーストラリアの国家規格であるASを制定している標準化機関をいう。ASはオーストラリアを代表する規格で、土木、建築、機械、電気などから情報処理および農産物までの広い分野を網羅しており、これらの技術仕様などを規格化したものである。
  • AECD
  • -auxiliary emission control device
排出ガス制御補助装置。アメリカの認証用語で、クルマの速度やエンジン回転数、変速機段数、吸気温度および吸気管負圧など、排出ガス対策システムの作動に必要なパラメーターを検知する設計要素をいう。具体的なAECD部品には、バキュームコントロールバルブ、サーモスタットやバイメタルを使ったバキュームスイッチバルブなどが該当する。
  • ABDC
  • -after bottom dead center
下死点後のクランク角のこと。単位は度で表す。例えば、吸気バルブが下死点後40°で閉じる場合は、40°ABDC、もしくはABDC40°と表す。
  • ASD
  • -automatic locking differential
メルセデス・ベンツが採用した電子制御ロッキングデフ。湿式多板クラッチでデフロックするものであり、車速30km/h以下において、後輪の車輪速度が前輪の車輪速度に対して2km/h以上になったときに油圧を送り、デフをロックするものである。
  • JSA
  • -Japan Standards Association
日本規格協会。JISC(日本工業標準調査会)および経済産業省・工業技術院の委託を受けて、国内外の標準化推進の日本側窓口として活動している政府機関である。JIS(日本工業規格)の発行および販売などを行っている。
  • ECE
  • -Economic Commission for Europe
欧州経済委員会。国連の経済社会理事会を構成する5つの地域経済委員会のひとつ。ECE規則は、欧州経済委員会のTRANS(内陸運輸委員会)を構成する3つの作業部会(SC1~3)のうち、SC1のもとにあるWP29部会が、6つのGR分科会から上程されてくる草案を審議して制定される。
国連・欧州統一法規であるECE規則や、EUにおけるEC指令のなかで定義づけられている車両カテゴリーのひとつで、貨物の輸送に用いられるクルマのなかでもGVWが3.5t以下のものをいう。また、GVWが3.5tを超え、12t以下のクルマはN2になり、GVWが12tを超えるクルマはN3に分類される。
  • EC-AT
  • -electronically controlled automatic transmission
マツダの電子制御ATに使われている呼び名。変速点の制御、油圧制御、クラッチ圧制御、ロックアップスリップ制御、スロープコントロール制御、変速中のエンジントルクダウン制御などを、ソレノイドやエンジンとATの一体コントロールユニット(CU)で行っている。
  • EMCD
  • -electromagnetic controlled differential
栃木富士産業の電磁クラッチカップリングの呼び名。電磁力で前段のコントロールクラッチを制御し、そのクラッチトルクをカムで増幅し、湿式のメインクラッチを押し付けることによりトルクを伝達する。コンピューターで電流を制御することで必要トルクが得られる。
安全関係分科会。ECE(国連・欧州経済委員会)のもと、ECE規則の制定や改定を行っているWP29部会の下部組織のひとつで、衝突関係の法規を担当する会議体をいう。各国政府機関に加え、OCIA(国際自動車会議所)など民間の専門家がオブザーバーで参加している。旧称のGRCS(衝撃吸収分科会)およびGRDP(保護装置分科会)が統合されたもの。
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動車の国連であり、本部はフランスのパリにある。ユーザーサービスなどは各国の自動車協会が行うので、モータースポーツ関連の国際レベルの調整が主たる役割である。自動車競技規則の制定、車両、サーキットの公認、国際モータースポーツカレンダー制定、国際競技者ライセンスの発給など、モータースポーツにかかわる幅広い調整統括機能を有す。FI...
  • TPS
  • -throttle position sensor
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。スロットルチャンバーのバタフライ弁の外側端部に、ポテンショ式(抵抗体上を接点が摺動する方式)角度センサーを装着して使う。エンジン燃料噴射、トラクション制御、電子制御ATなどがこの出力信号を使用する。
  • PP-GF30
  • -polypropylene glass fiber
グランドポリプロ(グランド・ポリマー社の商品名)は熱可塑性樹脂であるポリプロピレンに、重量比30%のガラス繊維を入れたものである。ガラス繊維を入れることにより、その製品の剛性を高めることができる。ラジエーターのサブタンクなどに使用されている。
  • BSI
  • -British Standards Institution
イギリス規格協会。イギリスの国家規格であるBSを制定している標準化機関をいう。1902年に設立され、当初は鉄鋼関係の標準化が主体であったが、現在では建築、電気、土木、機械、自動車部品、造船、航空機など、幅広い分野の技術仕様などを規格化している。規格適合品にはKiteマークが表示される。
ダイキャスト用亜鉛合金のJIS記号。Zは亜鉛、DCはダイキャスト、2は第2種を示している。第1種はZn(亜鉛)-Al(アルミニウム)-Cu(銅)で機械的性質が優れるが、時効で寸法や機械的性質が変化する。第2種はZn-Alである。アルミ合金(ADC)よりも強度は高く鋳造性がよい。
  • JASO
  • -Japanese Automobile Standard Organization
JSAE(日本自動車技術会)が団体規格として制定している自動車や、その関連部品の技術仕様などを定めた規格をいう。JSAEは、自動車に関する学術、技術の進歩発展をはかるなどを目的にISO規格やJISの制定審議にも参画しており、JASO規格は、ISOやJISなどの規格と整合化がはかられている。
387件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る