MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「欧文略語」のキーワード387件


  • R/MIN
  • -revolutions per minute
回転速度。SI単位系では、英語表現ではrotational frequencyが正式。
  • EWS
  • -emergency warning system
緊急警報放送システム。大規模地震や津波などの災害時に音声で緊急警報信号を送出し、緊急警報受信機を作動させる信号システム。通常、ピロピロ音と呼ばれる低ビットレート(64bps)の信号を用いるデータ放送(具体的には、信号種別、地域、年月、日時の情報)である。緊急警報放送受信機を用意すれば、緊急時にデータを確認後、ラジオやテレビ音声を自動的に鳴らすことができる。NHK(AM、FM、TV、BS)は規定どおりで毎月1日正午1分...
  • COP
  • -conformity of production
生産車などの法規適合性。認可を受けたあとに量産されたクルマや部品の、法規適合性や品質管理体制などを監査する仕組みを総称していう。認証制度を適用しているほとんどの国が実施しており、欧州規則に対するCOPテスト、アメリ力の排出ガス規制に対するSEA監査、オーストラリアのTFI監査などがある。また、日本では型式指定監査が相当する。
  • TPS
  • -throttle position sensor
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。スロットルチャンバーのバタフライ弁の外側端部に、ポテンショ式(抵抗体上を接点が摺動する方式)角度センサーを装着して使う。エンジン燃料噴射、トラクション制御、電子制御ATなどがこの出力信号を使用する。
  • SDM
  • -Service des Mines
フランス鉱山局。フランス政府の施設、住宅省の下部組織で、クルマの認可申請に対し認可証明書を発行する当局をいう。NTA(国家型式認可制度)のもとで、フランスにおけるクルマの認可証の発行、およびフランスにクルマや装置のECE、EEC共通認可の型式認可申請があった場合に認可証を発行している。
  • QC
  • -quality control
品質管理。消費者や社会の要求に合った品質の製品やサービスを、経済的に効率よく作り出すための手段の体系化。そのためには市場調査、研究、開発、製品企画、設計、生産準備、購買、外注、製造、検査、販売、財務、人事、教育などの全社的な品質意識の高い全員参加の組織的、体系的な活動をしたり、品質の工程での作り込みをしたりする。
  • MC
  • -machining centre
1台のNC工作機にたくさんの刃具を付けて自動加工する装置。一般に加工工程がたくさんあるハウジングやケースは、多くの工作機で順次加工されるが、MCはコンピューター制御で回転切削刃具を自動交換しながら加工する。機械は高価であるが、トータルの設備投資や機械スペースは少なくてすむ。多種少量、無人化生産に適する。
  • SEA
  • -selective enforcement auditing
排出ガス抜取り監査。アメリカで適用されている監査で、生産されたクルマが市場に出される前に、当局によって行われる排出ガス検査をいう。監査の対象車両はEPA長官により決定され、メーカーの生産ラインまたは新車置き場からクルマを無作為に抽出し、認証試験と同様の方法で排出ガスが測定される。
  • AA
  • -Automobile Association
イギリス自動車協会。日本におけるJAF(日本自動車連盟)と同じような自動車ユーザー協会。1905年設立、会員数約1300万人(2002年末現在)。ロードサービス、旅行、ホテルガイドなど、ユーザー支援サービスを行っている。なおイギリスにはほかに、RACラリーなどで知られるRAC(イギリス王立自動車クラブ)がある。AAとRACがイギリスの2大自動車クラブであり、モータースポーツ活動を統括している。
  • ACT-4
  • -electronic controlled active torque split type 4WD
もとはスバルの商品名であったが、今では前後輪トルクを電子制御してトルク配分する4WD車を意味している。4WD車の前後輪どちらかをエンジンと直結にし(スバルは前輪)、もう一方は油圧クラッチで駆動し、伝達トルクを電子制御する4WDシステムである。
  • CRP
  • -composite rating of preference
騒音レべルdB(A)は、種々の騒音評価や基準に広く用いられているが、音質のような地理的要素を含む評価には十分でないことから、会話妨害レベル(SIL)を用いてdB(A)に変更を加えた音質評価法のこと。
  • ES
  • -eco station
代替燃料自動車に燃料を補給する場所のこと。
  • V-CALS
  • -vehicle commerce at light speed; vehicle continuous acquisition and lifecycle support
自動車の開発、生産、調達、運用支援統合情報システムで、一般的にはブイカルスと呼ぶ。CALSは受注から生産、物流に至るまでの製品の情報データを標準規格に合わせた統合的データベースとしてデジタル化し、企業内および購買先、協力会社間で利用する情報システムである。V-CALSは自動車の分野におけるCALSで、もっとも活動が活発に進められている。おもなデータとしてはCAD、CAE、CAMデータ、製品仕様、構成データなど、標準規...
  • VOC
  • -voice of customer
マーケティング活動によって得られたお客様の期待、欲求、不満などを体系的にまとめたもの。お客様の声を天の声として尊重し、顧客第1にする謙虚さを表している。商品開発に活用。企業内にお客様相談室を設けることは多くの企業へ拡がっている。
  • IIIS
  • -intelligent integrated ITV systems
高度画像情報システム。新交通管理システム(UTMS)のサブシステムのひとつ。交通情報収集カメラの画像を利用して、違法駐車抑止や信号制御などを行うとともに、ドライバーに対して、交通状況などの情報を画像として、光ビーコン・インターネットなどから提供するシステム。
  • AI
  • -artificial intelligence
人工知能。認識、推論、判断などの高度な知的作業をコンピユーターに行わせるもの。応用は、エキスパートシステム(ES)、画像、音声認識システム、機械翻訳システム、教育支援システムなど多岐にわたる。知能ロボットにも欠かせない技術である。
  • BS
  • -broadcasting satellite
放送衛星。テレビやラジオ放送用の衛星放送専用の静止衛星をいう。
  • RE
  • -rotary engine
ロータリーエンジンの略称。繭形をしたローターハウジングと呼ばれるものの中を、3角形のローターが回転しつつ、出力軸のエキセントリックシャフトを回転させる方式のエンジンで、1967年にマツダが量産化した。形状がコンパクトで、往復運動がないためにスムーズで振動が少ない。2ローター式、3ローター式がある。
  • GSM
  • -global system for mobile communications; global system for mobile telecommunications
ヨーロッパ全域に使えるデジタル携帯電話システム。CEPT(欧州郵便電気通信主官庁会議)がISDNと相性のよい欧州統一携帯電話システムを目指して1982年に研究を開始、89年規格化された世界初のデジタル携帯電話システム。92年、ドイツでサービスが開始され、現在では欧州全域のほか、アジア地域など100か国以上で採用されている世界的なシステムとなっている。日本では使用不可。GSMの電波出力は2Wレベルで、電磁波過敏症やペース...
  • ACM
  • -active control mount
エンジンやサスペンションなどの振動体による加振力に対して、エンジン負圧や油圧、電磁力などによってマウントに逆位相の力を発生させ、加振力をキャンセルすることで車体への振動伝播を防止する部品。エンジンマウントに、このような機能を織り込んだものをアクティブコントロールエンジンマウントとも呼ぶ。
387件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る