東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > グランドツーリング仕様の日産リーフは電気自動車を日常の馴染ませるそんな一台だ【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/14
  • MotorFan編集部

グランドツーリング仕様の日産リーフは電気自動車を日常の馴染ませるそんな一台だ【東京オートサロン2018】

「より遠くへ!」をイメージさせる新型日産リーフの戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加

グランドツーリングを標榜する、新しい性能をアピール

“ NISSAN LEAF Grand Touring Concept ”というネーミングを見て、「あれっ?」と思った方がいらっしゃるかもしれない。Grand Touring(グランドツーリング)とは、遠くまで一気に走りきるようなクルマによる移動のしかたをイメージさせるものだ。

100%電気自動車を謳う日産リーフは、そういった使い方には馴染まないんじゃないのか……、ついついそう考えてしまっても不思議ではない。つまりは1回の充電で走れる距離の問題だ。

けれど、昨年9月にフルモデルチェンジを行い、航続距離400kmへと飛躍的に伸びたことで、日産リーフの可能性は広がった。それを多くの人に伝えたいという願いが、このカスタマイズモデルのネーミングに込められているように思える。

街中の移動手段から、休日のレジャーのお供もできるEV

週末に郊外などへのロングドライブで快適なツーリングカーに仕立てたという日産リーフ・グランドツーリングコンセプトは、ボディラッピングによってブラック&マットシルバーのツートンカラーに変身。

さらにオーバーフェンダーやシャークフィンアンテナなどの専用エクステリアパーツをまとい、レイズ製のGram Lights AZURE 57ANA 19インチホイールを装着することでロー&ワイドなスタイリングを印象づけている。

一方、インテリアはブラックの内装色にアクセントを加えて上質でスタイリッシュかつ洗練された空間を演出。内外装ともにアグレッシブさを前面に押し出すというよりは、上質感が漂い、快適なロングドライブを想起させる仕立てとなっているところが好印象だ。

あなたのお好みはNISMO、それともGTバージョン?

日産ブースには、実はもう一台、リーフが展示されている。

“LEAF NISMO Concept”である。

エアロパーツなど専用のエクステリアが与えられ、これまた専用サスペンションや高性能タイヤなどを採用するNISMOバージョンはなんともアグレッシブだ。市販化を望む声も多いが、それとは一線を画するイメージでまとめられたGrand Touring Conceptもなかなか魅力的。

ワインディングに持ち込みたくなるNISMO Conceptとハイウェイクルーズが似合うに違いないGrand Touring Concept。彩り豊かな2台の提案に、電気自動車はどんどん当たり前になっていくんだなぁ、なんて感じてしまった。

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る