【スクープ!】 アストンマーティンが開発を進めるフラッグシップV12モデルとは?

【スクープ!】 アストンマーティンの新型V12フラッグシップスポーツは「ヴァンキッシュ」に?

「ヴァンキッシュ」の名称復活も噂される「アストンマーティンDBS」後継モデルのプロトタイプがテスト走行を重ねている。
「ヴァンキッシュ」の名称復活も噂される「アストンマーティンDBS」後継モデルのプロトタイプがテスト走行を重ねている。
撮影に成功した新型スーパーカーのプロトタイプからは、カモフラージュがかなり取り去られている。「アストンマーティン DB12」に似たイメージで、大幅に変更が加えられたことがわかる。このモデルは実質的に「DBS」の後継モデルとなり「ヴァンキッシュ」の名称が復活すると噂されている。

ASTON MARTIN DBS Successor

フロントグリルは伝統的な意匠へ

量産モデルに近づいたと思われるプロトタイプは、フロント周りがより伝統的なイメージに変わった印象だ。
量産モデルに近づいたと思われるプロトタイプは、フロント周りがより伝統的なイメージに変わった印象だ。

今回、撮影に成功したアストンマーティンのプロトタイプは「DB12」をベースとする「DBS」の後継モデルは、「ヴァンキッシュ」の名称が与えられると噂される。

グリルはメッシュ構造を廃止し、水平と垂直のバーを組み合わせた伝統的なフロントエンドが採用されている。コンパクトに新設計されたボンネットフードは、つり上がったヘッドライトやワイドなフロントスプリッターも量産モデルに近づいた印象を受ける。

ボンネットに設けられたダクトやフロントフェンダーのインテークは拡大されることが予想される。

C字テールライトとエキゾーストが特徴的なリヤ

リヤではクワッドエキゾーストパイクと、その周囲の六角型の造形がアグレッシブさを演出している。
リヤではクワッドエキゾーストパイプと、その周囲の六角型の造形がアグレッシブさを演出している。

リヤでは、スポーティーなディフューザーと調和したアグレッシブなバンパーが装備されているのがわかる。クワッドタイプのエキゾーストは、六角形の窪みに納められスポーティーな演出が施されている。カモフラージュが施されているC字テールライトの下には、エアアウトレットが配置されると予想する。

インテリアも刷新される?

インテリアは新しい意匠に刷新されそうだ。
インテリアは新しい意匠に刷新されそうだ。

キャビンには、自立型のデジタルインストゥルメントクラスターを装備し、大幅に改良された10.25インチのインフォテインメントシステムも搭載される可能性がある。

そのほか、フラットボトムスタイルのステアリングホイール、小型のシフター、次世代Apple CarPlay、新設計のセンターコンソールなどが期待される。

新型V12を搭載して最高出力は835PSに?

V12エンジン搭載で800馬力を超える可能性がある。
V12エンジン搭載で800馬力を超える可能性がある。

DB12ではメルセデスAMG製4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンを採用したが、この新型モデルでは、先日その存在が明らかになった5.2リッターV型12気筒ツインターボのガソリンエンジンを使用することが考えられる。

「DBS 770 Ultimate」に搭載されたV12エンジンで759PSだった最高出力は、新型V12エンジンでは835PSを発生すると宣言されている。

アストンマーティンは、V型12気筒エンジンの新規開発し、2024年後半に投入することを明らかにした。

アストンマーティンが新開発V12エンジンを新型フラグシップに搭載「最高出力835PS」【動画】

アストンマーティンは、2024年後半に新規開発したV型12気筒ツインターボエンジンを投入する…

キーワードで検索する

著者プロフィール

石川 徹 近影

石川 徹