GENROQが推すハイエンドSUVワールド、東京オートサロンに展開!

話題の最新SUVモデルがGENROQブースに集結! 【東京オートサロン2022】

東京オートサロン2022のGENROQブース
東京オートサロン2022のGENROQブース。ラグジュアリーかつハイエンド、そして電動モデルまで話題のSUVを展示。
現在開催中の「東京オートサロン2022」に、スーパーカー&ハイエンドカー専門自動車雑誌『GENROQ』が展示ブースを展開。今回はSUVモデルをテーマに人気の最新モデルを6台展示している。SUVモデルならではの迫力あるアピアランス、最新テクノロジーを駆使したフルEV、スタイリッシュなアーバンテイストなど、目くるめくSUVワールドが広がっている。

ハイエンド、ラグジュアリー、フルEV・・・眩いSUVの世界

東京オートサロン2022のGENROQブース
東京オートサロン2022のGENROQブース。人気の最新SUVモデルを展示する。

自動車雑誌『GENROQ』は、スーパーカーをメインに世界各国の魅力的なハイパフォーマンスカーを紹介し、趣味の自動車をバックアップしているが、近年高い人気を誇るSUVモデルもキャッチアップしている。

そして現在開催中の「東京オートサロン2022」に展示ブースを展開し、最新のSUVモデル6台をディスプレイ。その顔触れはフルサイズの巨体を誇るキャデラック エスカレードから、フルEVスポーツのポルシェ タイカン 4 クロスツーリスモ、スタイリッシュなアストンマーティン DBXなど錚々たるもの。ここではGENROQ Webで公開している各モデルの記事へのリンクを掲載、東京オートサロン2022と共にお楽しみいただきたい。

Aston Martin DBX

アストンマーティン DBXのフロントスタイル
アストンマーティンにとって初のSUVモデルになったDBX。美しくも秘めたハイパフォーマンスを想起させるスタイルが目を惹く。

100年を超える歴史をもつアストンマーティンが、そのブランドヒストリーに新たに加えた特筆すべきSUVがDBX。アストンマーティンらしいスタイリッシュかつエレガントなアピアランスに、最高出力550psを発生するV8エンジンの組み合わせは新時代のSUVに相応しいパフォーマンスを提供する。実車を見る機会が稀なDBXも、東京オートサロン2022のGENROQブースでは間近にすることが可能だ。

合わせて読みたい
連載コラム「渡辺慎太郎の独り言」第11回のトビライメージ
新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】

Bentley Bentayga Hybrid

ベントレー ベンテイガ ハイブリッドのフロントスタイル
ハイエンドSUVの草分けモデル、ベントレー ベンテイガにプラグインハイブリッドシステムを搭載。高い注目度誇る新時代のSUVだ。

ラグジュアリーブランドを代表するベントレーから、グリッド電源を利用できるプラグインハイブリッドモデル、ベンテイガ ハイブリッドがリリース。エンジン+モーターでシステム最高出力は449ps、最大トルク700Nmを発生し、豪華かつ高いユーティリティをもつベンテイガに電気モーターによるスムーズかつ静粛性に優れたEVならでの価値をプラスしている。

合わせて読みたい
ベントレー ベンテイガ ハイブリッドの走行シーン
文武両道の異才。ベントレー ベンテイガ ハイブリッド初試乗!

BMW iX

BMW iXのフロントスタイル
BMW iブランドからリリースされたiX。最大航続距離650kmのカタログスペックを掲げたフルEVモデルとなる。

BMWの電動モデルをリリースする「i」ブランドから登場したiX。iX 50ではフロントアクスルに最高出力258ps/最大トルク365Nmの電動モーターを搭載し、リヤアクスルにも最高出力313ps/最大トルク400Nmの電動モーターを備えるツインモーター方式を採用した。システム全体で最高出力523ps/最大トルク765Nmを高出力モデルながら、111.5kWhの大容量バッテリーによりWLTCモードで約650kmという長大な航続距離を誇る。

合わせて読みたい
BMW iX xドライブ50の走行シーン
現在進行形の未来、BMW iX。最新ピュアEV仕様のSUVが秘めたパフォーマンスとは?

Cadillac Escalade

キャデラック エスカレードのフロントスタイル
キャデラック エスカレードは、何と言ってもその迫力あるボディサイズと広々とした居住空間が魅力。ショーファーカーの需要も高い。

全長5400×全幅2065×全高1930mm、 ホイールベース3060mmとラグジュアリーSUVに相応しい巨躯を誇るキャデラック エスカレードは、今やショーファーカーとしての需要も高いフルサイズSUV。キャデラックらしい押し出し感のあるフロントフェイスは迫力満点で、にも関わらず充分以上に実用的なサードシートも設定するなど、すべてのユーザーに優しい性格が魅力だ。

合わせて読みたい
キャデラック エスカレード スポーツのフロントスタイル
新型キャデラック エスカレードに見る「気高き魂」。唯一無二の世界観に浸る

Mercedes-AMG G 63

メルセデス・ベンツ G63のフロントスタイル
元祖クロカンモデル、メルセデス・ベンツ Gクラスの高性能バージョンがメルセデスAMG G63。武骨なスタイルは街中でも引き立ち、デザイン感度の高いユーザーからも人気が高い。

メルセデス・ベンツのGクラスは、本来走る道を選ばないクロスカントリーモデルの顔が本分であり、SUVの範疇には収まらない人気を誇る。GENROQブースに展示されるのは、最高出力585ps/最大トルク850Nmを発生する4.0リッターV8ツインターボを搭載したハイパフォーマーのメルセデスAMG G63。有り余るパワーと比類の無い悪路走破性、街中でひと際目を惹きつける存在感は圧巻だ。

合わせて読みたい
プレミアムSUV界の2トップ、レンジローバーとメルセデスGクラスの頂上決戦!

Porsche Taycan 4 Cross Turismo

ポルシェ タイカン 4クロストゥーリスモ
ポルシェ タイカンシリーズに新規追加されたバリエーションモデル、タイカン クロスツーリスモ。展示車両は最大出力476psを誇るタイカン 4 クロスツーリスモ。

スポーツカーブランドであるポルシェにとって、電動モデルであってもスポーツマインドはけして欠かせない要素であり、タイカンはそんなポルシェらしさが存分に詰め込まれたフルEVとしてデビュー。新時代のスポーツEVにユーティリティを高めた新ラインナップとしてワゴンボディを与えたのがタイカン クロスツーリスモだ。展示車両のタイカン 4 クロスツーリスモは、最大で476psを発揮する電動モーターを搭載する。

合わせて読みたい
ポルシェ タイカン ターボS クロスツーリスモのフロントスタイル
ポルシェ タイカンの新たな可能性。クロスツーリスモに託すポルシェの想いとは? 【IAAモビリティ レポート】

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部