仕事も遊びも大得意なフォルクスワーゲンの最新EV「ID.Buzz」

まさに走るオフィス! 新生ワーゲンバス、ID.Buzzはリモートワークに最適。オフィスワーカーに逃げ場はない?

フォルクスワーゲン ID.Buzzと旧型ワーゲンバス。フロントビュー
フォルクスワーゲン ID.Buzzと旧型ワーゲンバス。先祖から愛らしいムードをそのまま継承した最新EVは、オフィスにもリビングルームにも変身するフレキシブルなキャビンを持っている。
フォルクスワーゲン ID.Buzzは、“電気自動車時代のワーゲンバス”。広大なキャビンには45W出力のUSB-Cポートを最大8つ搭載。スマホやタブレット、ノートPC、ゲーム機器を充電できるので、時にオフィス、時に遊び場、時に憩いの場として活躍する、まさしくマルチなミニバンといえる。

Volkswagen ID.Buzz

レトロなのに新しい最新のEVミニバン

フォルクスワーゲン ID.Buzzは、かつてのワーゲンバスを思わせるレトロなムードに、新時代の機能性をとことん詰め込んだ大注目の最新ミニバン。

車両寸法は全長4712×全幅1985×全高1937mm、ホイールベース2988mmで、容量77kWhのバッテリーをフロア下へフラットに敷き詰め、最高出力150kW/最大トルク310Nmのモーターで後輪を駆動する。

リビングにもオフィスにもなるキャビン

航続距離は421km(カーゴは424km)。170kWの急速充電を使用すれば、約30分で5%から80%にチャージできる。また、5人乗りの乗用仕様と3人乗りの商用バン仕様をラインナップしており、個人はもちろんのこと、“はたらくクルマ”としても大きな需要が見込まれている。

ID.Buzzは、パワートレインをコンパクトにまとめたEV専用プラットフォームの恩恵により、ラウンジのように広々としたキャビン空間を確保。この開放的な室内は、ときに「デジタルリビングルームに変身する」とフォルクスワーゲンは主張する。

USB-Cのポートを最大8個設置可能

ID.Buzzの車内には、最大8個のUSB-Cポートを設置できる。ステアリングコラム脇に2つ、助手席ドアにひとつ、ルームミラー基部にひとつ、スライディングドアに各ひとつ、そして荷室に2つのポートを設置することが可能である。

しかも最新の給電規格USB-PD(Power Delivery)に対応している(ルームミラー基部は除く)ので、45W出力の急速充電ができるというのが大きな魅力。スマートフォンやタブレット、ノートPC、ゲームデバイス機器など、ファミリーや仲間同士、おのおののデジタルデバイスを自由に素速くチャージできる環境が整っているのだ。ちなみに、USB-PD経由であれば、バッテリーが空の状態のノートPCを約30分で50%まで充電することができるという。前席背後には折り畳み式作業テーブルも用意している。

追って6〜7人乗りのロングホイールベースモデルも登場予定

フォルクスワーゲンID.Buzzと、商用仕様のID.Buzzカーゴ
フォルクスワーゲン ID.Buzzは、まずは5人乗りの乗用仕様(写真左)と、3人乗りの商用バン仕様“ID.Buzzカーゴ”(右)から導入をスタート。追って6〜7人乗りのロングホイールベースモデルも追加するという。

ID.Buzzの室内は単に広いだけでなく、様々な物を賢く整理できるよう配慮されている。ダッシュパネル各部に設置された滑り止め付き物置きスペースや、ダッシュボード下の収納ボックス、さらに運転席と助手席の間にはオプションで「Buzz Box」を配備することもできる。Buzz Boxはワンタッチで着脱可能なコンソールボックスで、前面に容量1.4リットルのふた付きコンパートメントを、その反対側には容量5リットルの引き出しを備えている。ちなみに、荷室容量は通常時で1121リットル、最大で2205リットルまで拡大できる。

ワーゲンバスみたいに懐かしいのに、とことん今っぽく使える最新のEVミニバン、ID.Buzz。日本への導入時期は現時点では未定だが、ドイツ本国では2022年5月20日に先行販売をスタート。商用バン仕様のカーゴが5万4430.60ユーロ(約738万円)〜、乗用仕様が6万4581.30ユーロ(約878万円)〜という価格設定で、今秋よりデリバリーを開始するという。乗用仕様は5人乗りレイアウトモデルから導入をスタートするが、追って6〜7人乗りのロングホイールベース仕様も追加する予定だ。

メルセデス・ベンツ TクラスとVクラスのフロントビュー

メルセデス・ベンツのミニバン、買うならどっち!? 最新TクラスとVクラスを比較する

メルセデス・ベンツは2022年4月に新型ミニバン「Tクラス」をリリースした。高級ミニバンの代…

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…