アンバサダーガールがJCWでツインリンクもてぎまで走るMINIの魅力再発見の旅

「MINIってこんなに速くて、面白いの?」アンバサダーガールが魅力発見! レースも走れるMINIの意外な一面

「BMW&MINI Racing」シリーズでアンバサダーガールを務める岡田夏芽さん、新木みおさん。JCWクラスのベースカー「MINI JCW」でラウンド3が開催されるツインリンクもてぎを訪れた。
「BMW&MINI Racing」シリーズでアンバサダーガールを務める岡田夏芽さん、新木みおさん。JCWクラスのベースカー「MINI JCW」でラウンド3が開催されるツインリンクもてぎを訪れた。
2022年、BMW M2とMINIによるレースシリーズ「BMW&MINI Racing」が始まった。そのレースシリーズに参戦するドライバーたちを盛り立てるのがアンバサダーガールである。今回はMINIを担当するアンバサダーガール2人が、普段は応援しているレースカーのベース車に乗って、MINI本来の魅力を探求した。

MINI Challenge

いつもレースを応援するアンバサダーガールの珍道中

今季からBMW M2 CS RacingとMINIのジョイントでリニューアルされた「BMW&MINI Racing」シリーズ。そのレースでアンバサダーガールを務める岡田夏芽さん、新木みおさんが、JCWクラスのベースカーである「MINI JCW」でラウンド3が開催されるツインリンクもてぎを目指した。

JCWのステアリングを握ったのは“なっつ”こと岡田夏芽さん。運転経験は浅めで、MINIも初めてという“なっつ”だが、まずその第一印象を「運転しやすい!」と元気に語ってくれた。

「MINIは私が普段乗っているコンパクトカーよりも幅が広くて、カーブでの安定感が全然違いますね! MINIって外から見ていると小さくて可愛い印象なんですけど、意外と中が広くて走りがシッカリしてます。だからいつもよりハードにカーブを曲がっちゃいました(笑)」

8月からBMWチームスタディのレースクイーンも務める“みお”さんは、運転免許を持っていないが、助手席からのインプレッションがなかなか的確だ。

「MINIって小さくてもパワフルですね。あとエアコンもパワフルなのは、女子ウケすると思います。そしてバックする時の音が可愛い! こんなの他にないですよね? 走りはカーブで、ヒュッ!って曲がるのが楽しい。いつも移動で乗せていただくクルマって、大きくて船みたいなんです。もし自分で運転するなら、こんなふうにキュッキュッて走れるクルマがいいな」

MINIがレースにピッタリ向いているその理由とは

ちなみに今回の試乗車は7速DCTモデルだが、“なっつ”でも運転できるという理由だけで選んだわけじゃない。実際のMINIチャレンジでも、主流はDCTなのである。

オーガナイザーであるジオミックモータースポーツによれば、6速MTよりも1段多い7速DCTはステップ比が良好で、かつDCTのレスポンスがMTに勝るという。現行モデルは6速MTを日本市場でラインナップしていないこともあるが、時代は確実に2ペダルに移行しているのである。

また試乗車にはJCWステアリングがインストールされていたのだが、なっつはこれを絶賛。

「このステアリング、太くて握りやすい! バックスキンって言うんですね。表面がザラザラして手が滑らないから運転しやすかった」と、素早くそのモディファイを見抜いた。普段アンバサダーガールとして外から見ているMINIは、実際に乗ってもそのイメージ通りに仕上がっていたようだ。

みおさんも、そのコメントにつられるかのように「MINIはコンパクトだからカーブでは小回りが効くし、直線もすごく速い。だからレースにピッタリなんですね!」と、アンバサダーガールならではの一面を披露した。レースを終えてインタビューを受けるドライバーたちのコメントをいつも聞いているからだろう、MINIで戦うレースの難しさや楽しさがよく解っているようだ。

可愛らしさの中に強さも

白熱のレースをアンバサダーガールとして見守る2人。この日はラウンド3のツインリンクもてぎで第5戦、第6戦が開催された。
白熱のレースをアンバサダーガールとして見守る2人。この日はラウンド3のツインリンクもてぎで第5戦、第6戦が開催された。

そうこうしているうちにツインリンクもてぎに到着。おふたりにMINI JCWの魅力を、まとめていただこう。まずは、みおさん。

「MINIって可愛いけれど、それだけじゃなくて、速さとか力強さを感じたのが意外でした。見た目が可愛くて、乗って楽しいんだから、やっぱりMINI JCW最高です! でも、実は私犬を飼っているので、MINIクロスオーバーにも興味があるんですよねぇ・・・(笑)」

では、なっつさんもどうぞ。

「MINIは子供の頃から憧れていたクルマなので、今日は楽しかったです。初めての輸入車なのに、緊張しないで乗れました! 走り出した瞬間に、ウインカーと間違えてワイパー動かしちゃったけど(笑)」

そんな、すこしトボけたふたりがアンバサダーガールを務める「BMW&MINI Racing」は、次戦ラウンド4が9月24日から岡山国際サーキットで開催される。彼女たちの笑顔とMINIの熱い走りは、MINIチャレンジのホームページからYouTubeでチェック可能だ。

REPORT/山田弘樹(Kouki YAMADA)
PHOTO/BMR

BMW&MINI Racing 2022年スケジュール

Rd.1第1戦/2戦スポーツランドSUGO(宮城県)予選:4月16日(土)/決勝:4月17日(日)
Rd.2第3戦/4戦富士スピードウェイ(静岡県)予選/決勝:5月15日(日)
Rd.3第5戦/6戦モビリティリゾートもてぎ(栃木県)予選:7月2日(土)/決勝:7月3日(日)
Rd.4第7戦/8戦岡山国際サーキット(岡山県)予選:9月24日(土)/決勝:9月25日(日)
Rd.5第9戦/10戦鈴鹿サーキット(三重県)予選/決勝:12月11日(日)

BMW&MINI Racing第5戦リザルト

M2 CS Racingクラス

PosNo.DriverTeamLapTime
125水元寛規TECH M M2 CS Racing1123’50.048
218奥村浩一BRP★Toto BMW M2CS Racing1123’55.801
355石井一輝M2 CS Racing ダイワグループ1124’00.735

JCWクラス

PosNo.DriverTeamLapTime
119木村建登BRP★木村金属 F56 JCW EVO1125’07.445
257天田亮TEAM ABE MOTORS F56 JCW1125’10.783
39平田雅士IDI 平田空調 RH坂井 F56JCW1125’19.748

CPSクラス

PosNo.DriverTeamLapTime
15面野一M.A.R.T. F56CPS1024’58.915
256岩岡万梨恵ダイワグループミニ1024’59.973
330白戸次郎MOLECULE萬雲塾MINI1025’00.985

BMW&MINI Racing第6戦リザルト

M2 CS Racingクラス

PosNo.DriverTeamLapTime
125水元寛規TECH M M2 CS Racing1124’00.624
218奥村浩一BRP★Toto BMW M2CS Racing1124’04.952
355石井一輝M2 CS Racing ダイワグループ1124’06.555

JCWクラス

PosNo.DriverTeamLapTime
19平田雅士IDI 平田空調 RH坂井 F56JCW1124’55.698
219木村建登BRP★木村金属 F56 JCW EVO1125’03.231
357天田亮TEAM ABE MOTORS F56 JCW1125’53.537

CPSクラス

PosNo.DriverTeamLapTime
132川福健太IDI アウティスタ★MINI F56CPS1024’53.378
256岩岡万梨恵ダイワグループミニ1024’53.924
330白戸次郎MOLECULE萬雲塾MINI1025’04.102

著者プロフィール

山田弘樹 近影

山田弘樹

モータージャーナリスト。自動車雑誌『Tipo』の副編集長を経てフリーランスに。編集部在籍時代に参戦した…