貴重な911 Sや911 RSを多数所有する稀代のポルシェ・コレクター

「貴重なライトウェイト・ポルシェがおよそ50台」世界的ポルシェコレクターの持つラインナップがすさまじい

ポルシェ・ファンにとっては、夢のようなポルシェがズラリと揃うヨハン-フランク・ディリックスのコレクション。
ポルシェ・ファンにとっては、夢のようなポルシェがズラリと揃うヨハン-フランク・ディリックスのコレクション。
ベルギー・アントワープ在住のヨハン-フランク・ディリックスは、約50台のポルシェを所有する世界有数のポルシェ・コレクターだ。鮮やかなイエローの911 カレラ RS 2.7との出会いから始まった軽量ポルシェへの情熱は、今も尽きることはない。

すべては何気なく祖父に薦めたポルシェから

貴重なポルシェが所狭しと並ぶ、ヨハン-フランク・ディリックスのガレージ。
世界を代表するポルシェ・コレクター、ベルギー・アントワープ在住のヨハン-フランク・ディリックス。10歳の時に祖父に薦めたポルシェが、すべての起点となった。ガレージには最新の935の姿も。

そもそもきっかけは、彼の祖父の愛車選びだったという。ジム・ディリックスは、10歳の孫に「ヨハン、どんなクルマを買えばいいと思う?」と尋ねると、ヨハンは「ポルシェかコルベット!」と即答した。

小さなヨハン-フランク・ディリックスの答えは、その後の人生に大きな影響を与えることになる。「当時、祖父はイギリス製スポーツカーに乗っていましたが、日常域で使うにはちょっと実用的とは言えませんでした」と、ディリックスは振り返る。

「その瞬間、すべてが変わりました」。ベルギーのアントワープにあるディリックスのコレクションを訪れた人は、祖父が最終的にどのスポーツカーを選んだのか、すぐに理解するだろう。広々とした明るいガレージには、美しいコンディションに保たれた約50台のポルシェが、専用のプラットフォームに整然と並べられている。

祖父が乗っていたイエローの911 カレラ RS 2.7

貴重なポルシェが所狭しと並ぶ、ヨハン-フランク・ディリックスのガレージ。
祖父がドライブしていたイエローの911 カレラ RS 2.7は、ディリックスにポルシェの魅力を強く刻むことになった。その時の想いが、現在のコレクションに繋がっている。

孫の直感に導かれるように、祖父は最初のポルシェを購入する。「初めてのポルシェは2.0リッターの911タルガ Sでした。続いて2.2リッターの911 S、そして2.4リッターの911 Sを購入しました」と、ディリックスは懐かしそうに目を細めた。

「鮮やかなイエローの911 カレラ RS 2.7が祖父のコレクションに加わったとき、自分が911の虜になったことを確信しました」

ヨハンが運転免許を取得し、ついにイグニッションキーにアクセスできるようになった。18歳になった彼は、すぐに中古の911 Tを手に入れる。しかし、当時はまだ維持するだけの収入もなく、すぐに売却しなければならなかった。

大学の経済学部で学ぶ間は、祖父のポルシェをドライブし続けた。「当時は、今ほど人通りのなかったアントワープの街で、911 ターボをドライブしたときの感動は忘れられません」と、ディリックスは昨日のことのように語ってくれた。だから、彼のガレージには3.0と3.3、2台の911 ターボ(タイプ930)が鎮座している。

最初に手に入れたルビースターの964 RS

貴重なポルシェが所狭しと並ぶ、ヨハン-フランク・ディリックスのガレージ。
33歳の時、現在のコレクションのスタートとなったのが、ルビースターのボディカラーが鮮やかな911 カレラ RS(タイプ964)。ライトウエイトへの強い拘りは今も変わらない。

ディリックスのガレージには、理想的なコンディションでポルシェが静かに並べられている。すべてのポルシェは、「クルマはオリジナルの状態を維持するか、完璧な状態にレストアする」という、彼の哲学が貫かれていた。そして、できる限りパティナ(経年劣化による傷や錆)も、残すことを心がけている。

彼のコレクターとしての出発点は33歳の時。18歳以来となるポルシェ、ルビースター・カラーの911 カレラ  RS(タイプ964)を購入したのだ。祖父がかつて乗っていた911 RS 2.7への憧憬が、911 カレラ RSへと繋がったという。

「希少車に莫大な金額をかけるのは、実は時代錯誤なんですけどね(笑)。でも、964 RSはモータースポーツベースとしてのあるべき姿を体現している1台ですから」

ただ、911 RS 2.7への強い憧れは尽きることはなかった。「その30年後、スペインのバルセロナで祖父が乗っていた古い911 RS 2.7を見つけました。でも、それは酷い状態でした。当時のオーナーは911 Tのボディをベースにレストアしたため、私の記憶にあるRSではなかったのです……」と、肩をすくめた。

わすか23台が製造された911 Rを2台所有

貴重なポルシェが所狭しと並ぶ、ヨハン-フランク・ディリックスのガレージ。
ディリックスのコレクションで最も貴重な車両が、わずか23台が製造されたホワイトの「911 R」。カラフルなレーシングカーの中で一際強い存在感を放っている。

 現在、ディリックスのガレージで最も貴重な1台は、1967年にわずか23台が製造された白い「911 R」だろう。

「これは、ある意味で聖杯のような存在です。残念ながら、あまりにも貴重なので、ほとんどドライブすらできないんですけどね(笑)」と、ディリックス。

彼のポルシェ・コレクションはライトウェイト仕様をメインに構成。インターナショナル・レース・オブ・チャンピオンズ(International Race Of Champions)用に15台のみが製造された「911RSR IROC」以外、空冷RSの全モデルを所有している。

「911 RS 3.0、911 3.0 RSR、そして最近、934も手に入れました。ここには911 SC/RSも2台あります。このグループBラリーカーは、20台しか作られなかったんですよ。私はやっぱり空冷エンジンを搭載した、初期のレーシングカーが大好きです。運転はかなり難しいんですが、その魅力は耐え難いものがありますからね」

オーストラリア最大のヒストリックカーイベント「モータークラシカ2022」において、頂点に立ったポルシェセンター・メルボルンの356 B。

徹底的オリジナルを目指した「ポルシェ 356 B」がオーストラリアのイベントで三冠達成した執念の物語

オーストラリア・メルボルンにおいて開催されたヒストリックカーイベント「モータークラシカ202…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部