高効率ハイブリッドシステムを搭載する新型「ルノー エスパス」が登場

新型「ルノー エスパス」がデビュー「ダウンサイズと軽量化を実現しつつ室内スペースを拡大」【動画】

5人乗り/7人乗りクロスオーバーSUVへと進化した新型「ルノー エスパス」のエクステリア。
MPVとして人気を集めてきた「ルノー エスパス」が、クロスオーバーSUVスタイルを採用してデビューを果たした。
ルノーは、新型「エスパス」を発表した。6代目エスパスはこれまでマルチパーパスバンとして進化を続けてきた歴代シリーズの流れを汲みながら、5人乗り/7人乗りクロスオーバーSUVへと進化を果たしている。

Renault Espace

スペインのパレンシア工場で生産

5人乗り/7人乗りクロスオーバーSUVへと進化した新型「ルノー エスパス」のエクステリア。
新型エスパスの製造はスペイン・パレンシア工場で行われ、オーダーは2023年春からヨーロッパでスタート。現時点で日本への導入次期は発表されていない。

1983年、ルノーは、これまでにない広大なスペースを備えたミニバン「エスパス」を発表。5世代にわたって進化を続けてきたエスパスは、広大なスペースを持つ“ピープルキャリア”という初代から受け継いできたコンセプトを携えながら、5人乗り/7人乗りクロスオーバーSUVに生まれ変わった。

高効率ハイブリッドパワートレインを搭載した新型エスパスの登場により、ルノーはCセグメントとDセグメントに、強力な選択肢を加えたことになる。

新型エスパスはスペイン・パレンシア工場で生産。エスパスの生産を前にパレンシア工場には新型製造ロボット400台が導入された。オーダーはヨーロッパにおいて2023年春からスタートし、詳しいデリバリー時期は今後発表されれる予定だ。ルノー・ブランドのファブリス・カンボリヴCEOは、新型エスパスについて次のようにコメントした。

「新型エスパスは、高度なハイブリッドシステムや、室内でのユニークなマルチメディア体験など、お客様のご要望にお応えするため、完全に生まれ変わりました。高級化を進めるルノーのラインアップにとって非常に重要な車種です。最高級のエクステリアやインテリア、高い快適性と居住性など、これまでの5世代のエスパスが紡いできたDNAを受け継いでいます」

サイズダウンしながらも広大なスペースを実現

5人乗り/7人乗りクロスオーバーSUVへと進化した新型「ルノー エスパス」のインテリア。
ボディサイズは先代から14cmも短縮しながらも、室内長は2.48mに拡大。7名のパッセンジャーがリラックスできるスペースが確保された。

新型エスパスは、SUVらしい雰囲気とエレガントなデザインが与えられ、「エスプリ・アルピーヌ・トリム」装着モデルは、モータースポーツのエッセンスを加えることもできる。SUVらしいスタイルを得たものの、5人/7人のパッセンジャーでの長距離移動をこなすエスパスのコンセプトは不変だ。

ルノーと日産が共同開発した「CMF-CD」モジュラープラットフォームを採用。全長は4720mmと、先代エスパスから140mmも短縮されたが、室内長は2480mmに拡大した。特に2列目のパッセンジャーは、最大321mmというレッグスペースを確保。2列目シートは最大31度までリクライニングするため、まるでファーストクラスのような快適性を実現している。

オーダー時に無料で装着可能な3列目シートは、128mmと十分なレッグスペースが確保された。2列目シートを260mm前方にスライドし、バックレスト前方に傾けることができる「イージーアクセス」を採用。シートベルト・プリテンショナー、タッチスイッチ付きシーリングライト、USB-Cポートを標準装備し、オプションでハーマン・カードン・サウンドシステムによる極上の音楽体験を楽しむことができる。

オプションのサンルーフは、横枠を排した1㎡(長さ1330mm × 幅840mm)という市販モデル最大サイズを実現。高度な技術を駆使したガラスルーフは、内側に低放射率コーティングを採用したことで、紫外線と赤外線のほとんどをブロック。そのため、暑さとまぶしさを防ぐための遮光カーテンが必要ないという。

1.2リッター直3ベースのフルハイブリッド

パワーユニットは、1.2リッター直列3気筒ガソリンターボに2基の電動モーターを組み合わせた「E-Tech」フルハイブリッドを搭載。大幅な小燃費と軽量化を実現している。
パワーユニットは、1.2リッター直列3気筒ガソリンターボに2基の電動モーターを組み合わせた「E-Tech」フルハイブリッドを搭載。大幅な小燃費と軽量化を実現している。

ルノー オーストラルと共通の「CMF-CD」プラットフォームを採用し、ボディサイズとエンジンキャパシティを小型化したことで、215kgもの軽量化を実現。超高効率1.2リッター直列3気筒ガソリンターボに2基の電動モーターを組み合わせた「E-Tech」フルハイブリッド・パワートレインは、最高出力202PS・最大トルクは250Nmを発揮する。

「E-Tech」フルハイブリッド・システムは、減速やブレーキング時に作動する回生システムにより、都市部において80%の走行域をEVモードでカバー可能。これにより燃料消費を先代モデルのディーゼル仕様から最大で40%も削減している。PHEVのように停車して充電する必要がなないにもかかわらず、航続距離は最大1100kmを実現した。

デジタルダッシュボードには、ハイブリッドパワートレインのエネルギー状態をアニメーションで表示。ドライバーは、現在どの動力で走行しているかを簡単に確認できるだけでなく、バッテリーゲージには使用可能な電力量がリアルタイムで表示される。

新型ルノー エスパスを動画でチェック!

2023年3月28日にワールドプレミアされる新型ルノー エスパスに、大型パノラミック・ガラスルーフが採用されることが明らかになった。

そのサイズ1330mm×840mm! 超大型パノラミック・ガラスルーフ採用の新型ルノー エスパスまもなく登場

2023年3月28日にワールドプレミアを予定している新型「ルノー エスパス」。5人乗り/7人…

キーワードで検索する

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部