【上海モーターショー】レクサス、2代目「LM」をワールドプレミア

新型「レクサス LM」が上海でワールドプレミア「2代目はファーストクラスの室内を備えたラグジュアリーMPV」【動画】

上海モーターショーで公開された、2代目「レクサス LM」のエクステリア。
ラグジュアリーを追求した室内空間から、デビュー後に大きな人気を集めた「レクサス LM」が、2代目に進化を果たした。
レクサスは、4月18日から開催される上海モーターショーにおいてフラッグシップMPV、新型「LM」を世界初公開した。日本での発売は、2023年秋頃を予定している。

LEXUS LM

高く評価された初代「LM」のコンセプト

上海モーターショーで公開された、2代目「レクサス LM」のインテリア。
アルファード/ヴェルファイアをベースに2020年からアジア地域で販売されてきた「LM」。「ラグジュアリームーバー」という存在が、高い人気を得ることになった。

初代レクサス LMは、主に中国やアジア地域でのショーファードリブンMPVの需要に応えるため、アルファード/ヴェルファイアをベースに開発され、2020年から販売を開始。4座/7座仕様をラインナップし、幅広いカスタマーから好評を得た。

新型LMは、近年のラグジュアリーマーケットにおける価値観の変化をうけ、車名が意味する「ラグジュアリームーバー(LM)」としての価値や存在意義をあらためて見直し、フルモデルチェンジ。すべてのパッセンジャーが自然体でくつろげる乗り味と、居住空間を作り上げることを目指したといい、ドライバーは素直で正確な操縦性などにより、気を遣うことなく運転の楽しさを実感。パッセンジャーはノイズや不快な振動を気にすることなく、車内での時間をゆったりと過ごすことができる快適性と機能性を備えている。

エクステリアデザインは、気品のある存在感と空力性能を考慮し、機能的本質と動的性能がスタイリングからも伝わる、レクサスのデザインランゲージに沿ったものとなる。インテリアデザインは、前席まわりは運転に集中できる機能性と上質感を兼ね備え、後席はゆったりと過ごせる広さと仕立てのいいシートやトリムを導入した。

先代モデルからひと回り大きくなったボディ

アルファード/ヴェルファイアをベースに2020年からアジア地域で販売されてきた「LM」。「ラグジュアリームーバー」という存在が、高い人気を得ることになった。
ボディサイズはひと回り拡大され、より迫力のあるアピアランスを実現。パワーユニットは、2種類のハイブリッドが用意されている。

今回公開されたプロトタイプは、全長5125mm(先代から+85mm)、全幅1890mm(+40mm)、全高1955mm(+10mm)、ホイールベース3000mm(先代と同値)と堂々たるサイズを実現。搭載されるパワーユニットは、2.4リッター直列4気筒ターボハイブリッドシステム「eAxle」と、2.5リッター直列4気筒ハイブリッドシステム「E-Four/FF」とアナウンスされている。

レクサス・インターナショナル・チーフエンジニアの横尾貴己は、新型LMについて次のように説明する。

「多様化の進むラグジュアリーセグメントのお客様のニーズにお応えすべく、新型LM開発にあたり、開発陣が掲げたコンセプトは『素に戻れる移動空間』です。多忙な日々をお過ごしのお客様のため、周囲の喧騒から解放され心身共にくつろげる、そしてご自身本来の豊かな思考や行動につながる、そんな移動空間の提供を目指しました」

「一方で、どんな豊かな装備や機能があっても、クルマとしての素性が良くなければ乗員が快適に過ごすことはできません。ショーファードリブンカーとしても使われるLMにおける『Lexus Driving Signature』とは何なのか。TAKUMIや開発チームと共にたどり着いた答えは、次世代レクサスが一貫して取り組んでいる『対話のできる走り』にありました」

「ドライバーの意図に忠実な走りは、後席の方にも安心感として伝わります。徹底的に鍛えたクルマとしての体幹としなやかな足まわり、空力をも味方に付けたデザイン、体の揺れを抑えるシート、上質な仕立ての内装と快適装備の数々、いずれも細部に至るまで込められた開発チームの想いと拘りの結晶です。レクサスがイチから造り上げた『ラグジュアリームーバー』を、ぜひともご体感ください」

機能に根差したエクステリアデザイン

上海モーターショーで公開された、2代目「レクサス LM」のエクステリア。
エクステリアは、レクサスのアイデンティティでもある「スピンドルボディ」を採用しつつ、広大な室内をイメージさせる機能に根差したデザインが採用された。

新型LMは、レクサスのフラグシップMPVに相応しい、独自の存在感と上品な佇まいを持ったエクステリアと、快適で開放的な空間のインテリアを両立すべく、「Dignified Elegance」をキーワードに開発が行われた。

パッセンジャースペースを最大限に確保し、前後方向に抜けの良い開放的なキャビンを実現。走りの良さ・乗り心地を想起させる前後タイヤの存在感を強調した造形を融合させることで、躍動感がありながら上品で伸びやかな「LM」独自のフォルムを実現している。

フロントデザインは、レクサスのアイデンティティである「スピンドルボディ」をさらに進化させ、押し出しの強いスピンドル形状をグリルの外板色を採用することで、ボディと一体でシームレスに表現。周辺パーツとの境界の段差を減らし、ボディとより融合した構成とすることで、空力性能や冷却性能、操安性にも寄与している。

リビングのようなくつろげる室内空間

高い全高とボディサイズによってもたらされた室内空間は、パッセンジャーが素に戻ってくつろげる空間がめざされたという。
高い室内高とボディサイズによってもたらされた室内空間は、パッセンジャーが素に戻ってくつろげる空間となるよう目指したという。

インテリアは、パッセンジャーが素に戻れる時間を提供すべく、人間中心の考え方に基づいた精緻なつくり込みが行れた。室内高のあるパッケージを生かしながら、広く心地よい空間を水平・垂直を基調としたシームレスなデザインテーマで表現。リビングのようにくつろげる世界観が追求されている。

フロントシートは、モダンで広がりのある空間の中にレクサスのコクピット思想「Tazuna Concept」を採用。シンプルなインパネとコンソールにより、運転に集中できる環境を実現した。6/7座仕様では開放感・見晴らしの良さに配慮しながら、前後左右に広がりのあるトリムやオーバーヘッドコンソールを配置。多人数乗車でのパーソナル感を追求している。

48インチ・ディスプレイを備えた4座仕様

上海モーターショーで公開された、2代目「レクサス LM」4座仕様のインテリア。
VIPの送迎など、ショーファードリブンMPVとして開発された4座仕様は、リヤ席前方に48インチ大型ワイドディスプレイを備えたパーティションを配置。インテリアは視覚的ノイズをできるだけ減らすよう、デザインされている。

パーソナル感とプライバシー性を高めたショーファードリブンMPVの4座仕様では、リヤ席前方に48インチ大型ワイドディスプレイを備えたパーティションを配置。見晴らしを考慮した昇降ガラスと、乗降性に配慮したアシストグリップを統合している。

スピーカーや冷蔵庫、収納などの各機能は、装飾と融合させつつ内装部品間の段差も極限まで低減。サイドウィンドウのグラフィックもシンプルな長方形とするなど、インテリアのあらゆる構成要素から乗員にとっての視覚的ノイズを減らし、パッセンジャーがリラックスできる空間が追求されている。

4座仕様は、座った瞬間に心身を解放させるような心地よさを目指した、体をゆったり包む大型独立シートを採用。オットマンの伸縮量を従来型より延長し、さらに余裕のある空間を実現している。アームレスト内に収まる格納式テーブルはタブレット端末やノートPCを操作できる十分なサイズを確保。質感の向上や滑り止め/傷つき防止の機能性を持たせた表皮巻きの天板が導入されている。

レクサス LMを動画でチェック!

特別仕様車「RZ450e First Edition」の専用エクステリア。

「最大航続距離494km」レクサス初のBEV専用モデル「レクサス RZ450e」がデビュー

3月30日、レクサスがブランド初となるバッテリーEV(BEV)専用モデル「RZ」を発売した。…

キーワードで検索する

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部