2024年WEC開幕戦カタールに3台の「フェラーリ 499P」登場

2024年WECに「フェラーリ 499P」が3台出場「3台目のドライバーはロバート・クビサ」

2023年のWECにデビューし、ル・マン24時間レースで総合優勝を飾ったフェラーリ 499P。2024年は1台増えた3台体制で参戦する。
2023年のWECにデビューし、ル・マン24時間レースで総合優勝を飾ったフェラーリ 499P。2024年は1台増えた3台体制で参戦する。
FIA世界耐久選手権(WEC)は、2024年シーズンの開幕戦「カタール1812kmレース」のエントリーリストを発表した。トップカテゴリーのハイパーカークラスには、トヨタ、フェラーリ、プジョー、ポルシェ、キャデラックに加えて、ランボルギーニ、BMW、アルピーヌ、イソッタ・フラスキーニの4メーカーが加わる。激戦のハイパーカークラスに参戦するフェラーリは、3台目の499Pの投入を決めた。

ロバート・クビサがフェラーリに加入

WECに3台目の499Pとなる、83号車を追加するフェラーリAFコルセ。ファーストドライバーには、ロバート・クビサの起用が決まった。
WECに3台目の499Pとなる83号車を追加するフェラーリ。ファーストドライバーには、ロバート・クビサの起用が決まった。

2024年3月2日にカタールのルサイル・インターナショナル・サーキットを舞台に決勝レースが行われるWEC開幕戦「カタール1812kmレース」。フェラーリAFコルセは、昨年同様に50号車と51号車という2台の499Pを投入する。現時点でドライバーラインアップに関しては、50号車がアントニオ・フォコ、51号車がアレッサンドロ・ピエール・グイディという、ファーストドライバーのみを発表。それぞれ残りのクルーに関しては、間もなく発表される予定だという。

また、AFコルセから3台目の499Pの参戦が決まっており、ドライバーには元F1パイロットのロバート・クビサが決定した。ポーランド出身で38歳のクビサは、F1以外にもラリーやGTレースなどモータースポーツ界屈指の経験を持つドライバーで、昨年はLMP2クラスでチャンピオンを獲得している。クビサは499P 83号車のステアリングを握り、開幕戦からWECに登場する。

2024年シーズンのWECはトップカテゴリーの「ハイパーカー」と、新たにGT3マシンによる「LMGT3」の2クラス制を導入。開幕戦のカタールを皮切りに、イモラ、スパ・フランコルシャン、ル・マン、インテルラゴス、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ、富士スピードウェイ、バーレーンと全8戦を予定している。

キーワードで検索する

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部