日英SUV「MINI カントリーマン」と「レクサス UX」を比較

日英オシャレSUV対決「MINI カントリーマン」「レクサス UX」のスペックを比較する

MINIカントリーマン(左)とレクサスUX。両車の価格を見ると、UXのほうがやや低い価格帯に位置しているようだ。
MINIカントリーマン(左)とレクサスUX。両車の価格を見ると、UXのほうがやや低い価格帯に位置しているようだ。
これまでクロスオーバーと名乗っていたMINIのSUVが、カントリーマンと名前を変えて2024年に発売される。一方、このカテゴリーではレクサス UXも高い評価を得ている。両車の違いを、スペックという視点から比較してみた。

MINI COUNTRYMAN
×
LEXUS UX

全高が大きく異なる両車

両車のディメンションを比べた時、最も大きな違いが見られるのが全高だ。1660mmという全高を持つカントリーマンは、コンベンショナルなSUVらしい力強いシルエットが特徴だが、対するUXの全高は1540mmとカントリーマンに比べて120mmも低く、その分スポーティなルックスとなっている。

室内の居住性という点ではカントリーマンに分がありそうだが、UXは多くの機械式駐車場の高さ制限を受けないことを考えると、全高の低さもメリットのひとつと言えるかもしれない。

MINI カントリーマン D

ボディサイズ=全長4445mm×全幅1845mm×全高1660mm
ホイールベース=2690mm
車両重量= –
タイヤサイズ=205/65R17

LEXUS UX 300h バージョン L(FF)

ボディサイズ=全長4495mm×全幅1840mm×全高1540mm
ホイールベース=2640mm
車両重量=1520kg
タイヤサイズ=225/50R18

パワートレインのバリエーションが大きな違い

カントリーマンには、1.5リッターガソリンエンジン、2.0リッターガソリンエンジン、そして2.0リッターディーゼルエンジンという3つのパワートレインが用意される。いっぽう、UXは2.0リッターのハイブリッドのみとなる(それぞれバッテリーEV版を除く)。

カントリーマンにはハイパフォーマンスモデルのジョン・クーパー・ワークスもラインナップされることを考えると、パワートレインのバリエーションはカントリーマンに軍配が上がりそうだ。ただ、カントリーマンでAWDを選ぶには、2.0リッターのガソリンエンジンを搭載したS ALL4もしくはジョン・クーパー・ワークスを選ぶしかない。いっぽうのUXは、すべてのグレードで2WDと4WDが選べる点は大きなメリットと言えそうだ。

MINI カントリーマン D

エンジン形式=直列3気筒ガソリンターボ
排気量=1995cc
最高出力=150PS/4000rpm
最大トルク=360Nm/1500〜2500rpm
トランスミッション=7速DCT
駆動方式=FWD

LEXUS UX 300h バージョンL(FF)

エンジン形式=直列4気筒ガソリンハイブリッド
排気量=1986cc
エンジン最高出力=152PS/6000rpm
エンジン最大トルク=188Nm/4400〜5200rpm
トランスミッション=電気式CVT
駆動方式=FWD

UXのほうがやや割安だがグレードによっては逆転も

両車の価格を見ると、UXのほうがやや低い価格帯に位置しているようだ。ただ、今回比較対象に挙げたカントリーマン Dは509万円であるのに対し、UX300h バージョン Lは539万円2000円(FF)と、選択するパワートレインやグレードによって逆転する場合もある点は覚えておきたいポイントだ。

車両本体価格

MINI カントリーマン 489万〜667万円
LEXUS UX 455万9000〜565万7000円

新世代MINI第一弾モデル「MINI カントリーマン」の日本導入が開始された。

新型「MINI カントリーマン」が予約開始「ガソリン&ディーゼル搭載モデルから導入」

MINI クロスオーバーから生まれ変わり、MINI次世代モデル第1弾のプレミアムコンパクトS…

「レクサス UX」改良新型の走行シーン。

レクサスのコンパクトクロスオーバー「UX」改良新型デビュー「すべてのラインナップがハイブリッドとBEVに」

レクサスは、新型コンパクトクロスオーバー「UX300h」と「UX300e」の国内仕様を12月…

キーワードで検索する

著者プロフィール

株式会社ピーコックブルー 近影

株式会社ピーコックブルー