国内トップショーファーモデル対決!「レクサス LM」と「トヨタ センチュリー」を比較する

国内トップショーファーモデル対決!「レクサス LM」と「トヨタ センチュリー」のどちらが安楽ドライブできる?

レクサス LMとトヨタ センチュリー
レクサス LMとトヨタ センチュリー
ショーファーモデルとは、運転手がドライブし、主役は後席に乗ってリラックスするためのクルマ。そんなショーファーカーがトヨタから立て続けに発表された。「レクサス LM」と「トヨタ センチュリー」である。台数の限られる高額車を2台もリリースしてしまうトヨタの体力には驚くばかりだが、それぞれ2000万円と2500万円という価格も衝撃的。では、それぞれの違いとは何だろうか?

LEXUS LM
×
TOYOTA CENTURY

居住性を追求したLMと堂々たるたたずまいのセンチュリー

彼ら自身はそう名乗ってはいないものの、LMとセンチュリーがそれぞれ「ミニバン」と「SUV」であることは明白だ。そのうえで両車のボディサイズを見ると、LMはセンチュリーに比べて全高が高く、センチュリーはLMに比べて全幅が大きいことがわかる。

全高の高さによってLMは室内の居住性をさらに高めているが、センチュリーはその全幅によって威風堂々としたたたずまいを演出している。これは、単にボディタイプの違いというだけではなく、両車の持つショーファーモデルとしてのコンセプトの違いをも表していると言えるだろう。

レクサス LM

ボディサイズ=全長5125mm×全幅1890mm×全高1955mm
ホイールベース=3000mm
車両重量=2460kg

トヨタ センチュリー

ボディサイズ=全長5205mm×全幅1990mm×全高1805mm
ホイールベース=2950mm
車両重量=2570kg

HEVのLMとPHVのセンチュリー

パワートレインは、LMが2.4リッター直4のターボハイブリッド、センチュリーは3.5リッターV6のプラグインハイブリッドと大きな違いが見られる。トランスミッションはLMが6速AT、センチュリーが電気式CVTだ。駆動方式については、どちらもAWDとなっている。

ショーファーモデルにとってパワートレインはあえてアピールするものではないが、どちらも快適かつ安全な走りをもたらすだけのパフォーマンスを備えていることは言うまでもないだろう。

また、ショーファーモデルにとって重要な要素となりつつある燃費性能については、LMが13.5km/L、センチュリーが14.2km/Lとなっている。

レクサス LM

エンジン形式=直列4気筒インタークーラー付ターボハイブリッド
排気量=2393cc
最高出力=275PS/6000rpm
最大トルク=460Nm/2000〜3000rpm
トランスミッション=6速AT
駆動方式=AWD

トヨタ センチュリー

エンジン形式=V型6気筒 プラグインハイブリッド
排気量=3456cc
エンジン最高出力=262PS/6000rpm
エンジン最大トルク=335Nm/4600rpm
トランスミッション=電気式CVT
駆動方式=AWD

価格は500万円の差

それぞれのブランドのなかで最も高額なモデルという位置付けの両車だが、その価格にはちょうど500万円の差がある。ただ、価格以上にそのコンセプトは大きな違いがあるため、実際には両車が競合することは少ないのかもしれない。

LMには今後より手頃なモデルが追加される可能性が高く、そうなるとセンチュリーはいまよりもさらに孤高の存在となるだろう。

ちなみに、センチュリー(セダン)の価格は2008万円となっている。

車両本体価格

レクサス LM 2000万円
トヨタ センチュリー 2500万円

レクサス LMとメルセデス・ベンツ Vクラス

日独高級ミニバン「レクサス LM」と「メルセデス・ベンツ Vクラス」を比較して分かった意外と安いのは・・・?

レクサスの最上級モデルとして登場したLMは、ショーファーモデルの新たな形として大きな注目を集…

キーワードで検索する

著者プロフィール

株式会社ピーコックブルー 近影

株式会社ピーコックブルー