ついに出た! 5ドアのスズキ「ジムニー」新型SUV「フロンクス」とともにインド「オートエキスポ2023」で発表!

たびたび話題に上っていた「5ドア」ジムニー登場のウワサ。このたびインド・デリーで開催中の「オートエキスポ2023」にて、ついにその全貌が発表された!

スズキは1月11日からインド・デリーで開催中の「オートエキスポ2023」において、新型「ジムニー5ドア」と新型SUV「フロンクス」を発表した。

両モデルともインドでは2023年度より順次販売開始。アフリカや中南米などにも輸出される予定

スズキのインド子会社であるマルチ・スズキ・インディア社は、2023年度より「ジムニー5ドア」と「フロンクス」の販売を順次開始する。これによりマルチ・スズキのSUVラインナップはこれまでの2モデルから4モデルに拡充。拡大が見込まれるインドのSUVセグメントにおいて、多様な選択肢を提供していく。また、両モデルはアフリカや中南米などに輸出される予定だ。

ジムニー5ドア

2018年に日本で生産・販売を開始した四代目ジムニーは、欧州や大洋州などへも輸出するなど、世界中のユーザーから好評を得ている。インドでも2020年11月より輸出専用車として生産が始まり、アフリカや中南米などへ輸出してきた。

このたび、四代目ジムニーとして初めてインド国内で発売する「ジムニー5ドア」は、リヤドアを設けた新規の5ドア仕様で、後席には専用のリヤシートや内装を採用した。インドにおいても、顧客が求める本格的な四輪駆動車としての走行性能を備えるとともに、レジャーを楽しみ、ライフスタイルを表現するための道具として、幅広い層から選んでもらえるようなデザイン、装備が与えられた。

ボディサイズは全長3985×全幅1645×全高1720mm、ホイールベースは2590mm。3ドア仕様(ジムニーシエラ日本仕様)と比べてみると、全長が435mm、ホイールベースが340mm長い。パワートレインは1.5ℓガソリンエンジンと5速MTまたは4速ATの組み合わせだ。

フロンクス

一方「フロンクス」は、力強さと流麗さを際立たせた新しいクーペスタイルと、取り回しの良さを備えた新ジャンルのSUV。迫力と厚みのあるフロントグリルと、横への張り出しを強調したフロントおよびリヤスタイルで、SUVの力強さや存在感が表現されている。また、リヤへ向かって美しく傾斜を描くクーペスタイルで、流麗かつ伸びやかなプロポーションを強調した点も特徴的だ。

ボディサイズは全長3995×全幅1765×全高1550mmで、ホイールベースは2520mm。パワーユニットは、1.0ℓターボのマイルドハイブリッドと1.2ℓガソリンをラインナップ。トランスミッションはいずれにも5速MTを設定するほか、1.0ℓターボには6速ATが、1.2ℓ版にはAGSが用意される。

室内は、上質感のある内装とスペースを有効活用した快適な空間を提供すると同時に、全方位モニターやヘッドアップディスプレイなどの先進装備を採用。さらに、ワイヤレスチャージャーや後部座席のエアコン吹き出し口などの快適装備も備えている。

著者プロフィール

細田 靖 近影

細田 靖