BMWの最上級SUV「X7」に限定モデル「西陣エディション」が登場! 日本が世界に誇る西陣の色彩芸術をインテリアに採用

BMW X7
9月22日、ビー・エム・ダブリューはBMWの最上級SUV「X7」に、日本が世界に誇る西陣の色彩芸術をインテリアトリムおよびフロントセンターアームレストに採用した限定モデル「BMW X7西陣エディション」を設定し、BMWオンライン・ストアにおいて同日より受注を開始した。販売台数は3台限定で、納車は本年末以降を予定している。税込車両価格は1680万円。

BMWインディジュアルのボディカラーなどを採用し、とりわけ特別感の高い内外装に

限定車「X7西陣エディション」は、48Vマイルドハイブリッドテクノロジーを採用した「X7 xDrive40d Pure Excellence」(340ps/700Nmを発揮する3.0ℓ直列6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載)をベースに、BMWインディビジュアルによる内外装に加え、日本が世界に誇る西陣の色彩芸術をインテリアトリムおよびフロントセンターアームレストに採用した特別なモデルだ。

ボディカラーには、BMWインディビジュアル・カラーのアメトリンを使用。BMWインディビジュアル・カラーは、複数の顔料を巧みに使い、多層塗りによる深みのある色彩を実現しており、なかでも、BMW インディビジュアル・アメトリンは、光のうつろいによる色彩の変化を最も感じられるカラーだ。塗料には、アルミフレークやマイカといった複数の顔料を巧みに使い、塗装面は下塗りからカラー層、クリアコートまで平滑性に拘って丁寧に塗り重ねることで、色彩の深みを出すとともに、光の光度や角度がうつろうに従い宝石のアメトリンのように紫色から、赤、青、黄色と言った複雑かつ美しい輝きを放ち、エレガントなスタイルを際立たせている。

インテリアには、アイボリーホワイトカラーのBMWインディビジュアル・フルレザーメリノ、BMWアルカンターラ・ルーフライナーを採用することで、高級感を演出。そして、日本が世界に誇る西陣の色彩芸術をインテリアトリムおよびフロントセンターアームレストに採用している。なお、掲載画像の西陣織ルーフライナーは当該限定車のコンセプトを先鋭化して表現する為の参考部品で、販売車両には含まれていない。販売車両には、標準仕様のBMWインディビジュアル・アルカンターラ・ルーフライナー(アイボリー)が装着される。

インテリアトリムは、300年以上前にからの引箔技術を、今もなお支え守り続ける一方、世界に向けて伝統工芸の枠を超えた新たなモノづくりにも積極的に取り組んでいる京都・西陣で箔屋としての歴史を重ねてきた村田商店の直営工房となる、有限会社楽芸工房が手掛けている。

西陣織では和紙に施す箔をインテリアトリムに直接装飾しており、「五色金重ね」という、金銀箔や顔料を表面に塗っては敢て塗りつぶし、架飾工程を5回も繰り返すことで色彩に深みを出している。幾重にも重ねられた金銀箔や様々な顔料による立体的な輝きと深みのある色彩が、室内に入り込む光を受けて季節や時間毎に表情を変え、優雅さをたたえた高貴な煌めきで室内を彩ることで、ラグジュアリーな室内空間をより上質なものへと高めている。

一方、フロントセンターアームレストは、伝統を守りながらも常に挑戦と革新を取り入れた進化を継続し、世界に向けて西陣織の高い技術と芸術性を発信し続ける1889年創業の老舗西陣織メーカーである株式会社加納幸が手掛けている。

箔装飾したメリノレザーを極めて細く裁断(※1)し、その一本一本の表面を引いて確かめながら絹の経糸(たていと)と繊細に織り込むという西陣の引箔技法を用いた、他に類を見ない技術力と芸術性の高い室内装飾に挑戦している。レザーのしっとりした質感を残しながらも、立体感のある織の一目一目から優雅な光と色彩を放ち、上質なドライブを彩っている。更に、卿雲(けいうん/※2)をイメージした白い立体模様の織を加えることで、日中の陽の光だけでなく、夜間スカイルーフに映える美しい星空のなかでも、西陣織加装飾の存在感を維持し、優雅な雰囲気を高める演出も行なわれている。
※1:メリノレザーへの箔装飾および、裁断は前出の有限会社楽芸工房が手掛けている。
※2:太平の世に現れるという美しくめでたい雲。めでたいことの前兆とされる。

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン