走行性能でも魅了するスーパーハイト軽!「日産 ルークス ハイウェイスター/ルークス」【最新軽自動車 車種別解説 NISSAN ROOX Highway STAR/ROOX】

スーパーハイト系ならではのあらゆる快適さをパッケージングした「日産 ルークス ハイウェイスター/ルークス」。ミニバンライクな室内空間は開放感に溢れ、シートアレンジの自由度も高く、収納力も抜群だ。走りも日産の走りのマイスターが手がけただけに路面に張り付くような安定感と最小限の姿勢変化で、街中だけでなくカーブや山道でもエンジョイできる。
REPORT:青山尚暉(本文)/小林秀雄(写真解説) PHOTO:神村 聖 MODEL:菅原樹里亜

シート&荷室アレンジは充実 走行性能や乗り心地も好印象

軽自動車で最も売れているジャンルがスーパーハイト系と呼ばれる、背が高く、両側スライドドアを備え、広大な室内空間をもつ車種たちである。その一台が日産ルークス。先代までデイズルークスと呼ばれていたが、2020年3月に登場した現行モデルは車名をルークスにあらためている。

エクステリア

ハイウェイスターは大型のクロームグリルやエアロバンパーなど、専用エクステリアを採用。アルミホイールも標準装備される。ボディカラーはツートーンを含む豊富なラインナップをモデル別に設定。最小回転半径はグレードにより4.5m〜4.8m。

基本部分はデイズで、標準車とカスタム系のハイウェイスターを用意しているのはもちろん、パワートレインはデイズで新開発したスマートシンプルハイブリッド採用の自然吸気およびターボエンジンを揃え、エアロモデルのハイウェイスターには高速道路同一車線運転支援技術となる「プロパイロットエディション」を設定している。

もちろん、デイズで軽自動車に初採用された緊急通報サービス=SOSコール(グレード別設定)や電子パーキングブレーキ(「プロパイロットエディション」のみ)、サイド&カーテンエアバッグ、ヒルスタートアシストなどの採用も大きな注目点だ。

乗降性

スーパーハイト系ならではの室内空間に目を向けると、ベンチシートとなる前席はミニバンのセレナ並みのアイポイントの高さ、たっぷりとしたシートサイズ、上級感ある分厚いクッション感、自然な着座姿勢、そしてすっきりとしたパノラミックな視界が好ましい。後席の広さは今さら言うまでもないが、身長172㎝の筆者のドラポジ基準で大型ミニバンに匹敵する頭上に250㎜、膝まわりに最大400㎜ものスペースがあり、天井サーキュレーターによって後席でも1年中、快適に過ごせるのである。

インストルメントパネル

軽自動車とは思えない上質感が特徴。写真はメーカーオプションプレミアムグラデーションインテリア装着車で、レザー調インストパネルがシックな印象を高めている。

シートアレンジ性もルークスならではのこだわりがある。例えば子育て世代対応としては、後席ロングスライドによって、後席の子どもを運転席、または助手席の親に近づけるという考え方。また、荷室の奥行き拡大のための後席スライド量はクラス最大の320㎜。結果、荷室の最大奥行きもまたクラス最大の675㎜を実現している。そして荷室の床下に大容量の収納を備えているのも使いやすさに貢献する部分。

居住性

ルークスは走行性能もハイレベル。マイルドハイブリッドの採用で、微力ながらもモーターアシストが得られ、特に出足のスムーズさ、静かさが特徴だ。そこからの加速も淀みなく、ターボモデルであればクラス最上級の加速力を発揮。乗り心地にてもデイズは低転がり抵抗で燃費重視のタイヤを採用するため、やや硬めの乗り心地を示すのだが、ルークスは同タイヤでも車重増からよりしっとり快適なフラットライドに終始。段差やマンホールの乗り越え時のショックや音も少ない。ターボモデルなら巡航中の車内の静かさも軽自動車の域を超えたもので、広々とした空間もあり、軽自動車に乗っていることを忘れさせてくれるほどである。

うれしい装備

後席用のパーソナルテーブルと日差しを避けるロールサンシェードはグレード別にオプション設定。テーブルは左右両席に備わり、各2個のカップホルダーとコンビニフックも装備。SAで休憩するときなどに重宝するだろう。

月間販売台数     5874台(22年7月〜12月平均値)
現行型発表        20年2月(一部仕様向上22年9月)
WLTCモード燃費    20.9km/l ※自然吸気のFF車  

ラゲッジルーム

日産の走りのマイスターが手掛けたという操縦性にも注目だ。全高と重心が高いスーパーハイト系軽自動車にしてカーブ、山道を勢い良く走り抜けても、車体の姿勢変化は最小限。路面に張り付いたかのような安定感を示してくれる。「プロパイロットエディション」系なら高速走行、ロングドライブも楽々だ。

※本稿は、モーターファン別冊 ニューモデル速報 統括シリーズ Vol.148「2023 軽自動車のすべて」の再構成です。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部