9月期トヨタ、日産、ホンダ、スバル、マツダ各社の北米セールス状況まとめ 1-9月北米でもっとも売れた日本車は?

トヨタRAV4 PRIME
北米で展開している日本の自動車メーカー5社(トヨタ、日産、ホンダ、スバル、マツダ)が第3四半期を終えて販売実績を発表している。まとめてみよう。

各自動車メーカーの北米部門が発表した販売実績を見ると、1-9月の実績は各社昨年同期比で大きくプラスとなっている。昨年(2020年)はコロナ禍でディーラーが閉まっている期間があったなど、通常とは違う状況だった。したがって、各社、プラスになっているのは、ある意味当然と言える。

販売台数の多い順に1-9月の販売実績を見てみよう

■トヨタ1-9月
トヨタ全体                   185万7884台(+29.1%)
  TOYOTA            161万9078台(+28.6%)
  LEXUS             23万8806台(+32.3%)

■ホンダ 1-9月
ホンダ全体                   117万9424台(+21.3%)

  HONDA            105万2485台(+20.0%)
  ACURA            12万6939台(+33.9%)

■日産 1-9月
日産全体                     78万2656台(+19.3%)

  NISSAN            73万5053台(+23.1%)
  INFINITI            4万7603台(−19.3%)

■スバル 1-9月
SUBARU                     46万2802台(+6.0%)

■マツダ 1-9月
MAZDA                      27万3213台(+34.4%)

9月は全社大きくマイナス

発表された9月単月の販売実績(日産は7-9月のQ3第三四半期)の数字を見ると、半導体の供給不足などによる減産が販売の現場に大きな影を落としているのがわかる。

■トヨタ 9月
トヨタ全体                   15万2916台(前年同月比−22.4%)

  TOYOTA           13万2916台(−24.5%)
  LEXUS             2万2697台(−8.3%)

■ホンダ 9月
ホンダ全体                   9万5716台(−24.7%)

  HONDA            8万6303台(−24.4%)
  ACURA              9413台(−27.3%)

■日産 7-9月(Q3)
日産全体                     19万8955台(−10%)

  NISSAN            18万8289台(−7,6%)
  INFINITI            1万666台(−38.6%)

■スバル 9月
SUBARU                     4万2054台(−30.0%)

■マツダ 9月
MAZDA                      2万4045台(-0.8%)

2021年1-9月 北米でもっとも売れた日本車は?

トヨタRAV4 PRIME
2021 Honda CR-V Touring
トヨタ・カローラセダン
ホンダ・シビックセダン

2021年1-9月、北米でもっとも売れた日本車の上位は次のようになっている。カッコ内は昨年同期比である。

トヨタRAV4                 31万3447台(+3.6%)
ホンダCR-V                 29万140台(+22.3%)
トヨタ・カムリ             25万6769台(+25.3%)
日産ROUGE               23万4647台(+40.2%)
トヨタ・カローラ           21万7727台(+31.0%)
ホンダ・シビック           21万6575台(+7.8%)
トヨタHIGHLANDER     20万7564台(+46.9%)
トヨタTACOMA             20万631台(+22.6%)
ホンダ・アコード           15万7988台(+9.7%)

トヨタTACOMA
トヨタHIGHLANDER

トヨタの北米販売は、前年同月比22.4%減。もっとも売れたのはRAV4。でも半減

トヨタの北米事業体であるToyota Motor North America(TMNA)が、…

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン