フォーラムエイト・セントラルラリーの注目選手情報:2020年チャンピオンのスバルマイスター、新井大輝選手

フォーラムエイト・セントラルラリーに集まった多くのギャラリーに見守られてスタートを切る新井大輝選手。スバルWRX STIは左ハンドル仕様となっている。
11月13日に開幕を迎えたフォーラムエイト・セントラルラリー。61台のエントリーを集めたこのラリーの注目選手をご紹介しよう。

競技初日を終えて2番手につけたのは、ラリーファンの間で揺るぎのない人気を誇るスバルWRX STIを駆る新井大輝選手だ。父は改造範囲の狭い“グループN”マシンで争われたWRCのサポートシリーズで2度の世界チャンピオンに輝いた新井敏弘選手。新井大輝選手は幼い頃から身近にラリーがある環境の中で育ってきたが、モータースポーツを始めたのは免許を取得してからのこと。

20歳にはラリー参戦を始めると、その後TOYOTA Gazoo RacingのWRCチャレンジプログラムで育成ドライバーとしてWRCやフィンランド選手権などヨーロッパでのトレーニングも経験。すでに国内外のラリーで豊富な経験を積んでいる。電機大学の工学部を卒業しており、2019年からはオーストリアのチームに所属して、ラリー参戦と並行して電気自動車などの研究・開発にも携わっている。

新井大輝選手は1993年8月2日生まれ。2021年は春先に出場したヨーロッパラリー選手権でケガを負い、療養のため長期離脱を余儀なくされたが。

2019年から全日本ラリー選手権への参戦を再開し、ヨーロッパ仕込みのドライビングを披露。それまでのベテランドライバーによる不動の牙城を切り崩して、全日本ラリー界に衝撃的な速さを見せつけ、周囲を大いに刺激した。この年は父の敏弘とも全日本タイトルを争ったが、参戦数が限られていたこともあり、惜しくもシリーズ2位に留まった。

しかし翌2020年、自身初のフル参戦に挑むと安定した強さで勝利を重ね、初の全日本チャンピオンに輝く。2021年シーズンは4戦のみの出場にとどまったが、それでも2位を2度獲得するなど、そのスピードに疑いはない。類い稀なるセンスだけでなく、2019年のセントラルラリーではシトロエンC3ラリー2で参戦するなど様々なマシンのドライブ経験もあり、引き続きさらなる活躍が期待される。

ケガからの復帰戦となった第9戦ラリー北海道では2位を獲得し、そのスピードをあらためて示した。
ターマック(舗装路)ラリーでは、トヨタGRヤリスやシュコダ・ファビアR5など軽量なライバルの台頭もあり、苦しい戦いを強いられる場面も。
2021年シーズンはケガでの離脱もあり、4戦のみに出場した新井選手。それでも2位2回という戦績を残している。

著者プロフィール