減りにくい、ロングライフが特徴。高いウエット性能、フラつき抑制効果で安心安全。

ミニバン専用タイヤ、トランパスの最新作“mp7”登場!!

多人数乗車や、荷物の多いレジャーシーンで人気のミニバン。新型ステップワゴンやノア・ヴォクシーの登場でさらに注目のカテゴリーだが、そんなミニバン専用タイヤとして支持を得ていたTOYOタイヤのトランパスシリーズに、最新作のmp7が登場した。満を持して登場した最新作は、どのようなメリットや性能を持っているのだろうか。

1月に登場したTOYOタイヤのトランパスmp7。ミニバン専用として登場したトランパスシリーズの最新作だ。


ハイブリッド車の増加に伴う車体重量の増加はタイヤの摩耗を早めるが、このmp7はワイド4リブ化やダイナミックテーパーによる路面接地時の接地面積保持などにより、減りにくくロングライフ性能も与えられている。


また、ナノバランステクノロジーが用いられたスーパーグリップコンパウンドの採用により、ウエット性能の向上と転がり抵抗性能を高い次元で両立。ウエット路面での制動性能はトランパスmpZより15%も向上しているのだ。


高剛性ブロックや高剛性ビードフィラーは、車高の高いミニバンの操縦安定性を高め、フラつき抑制効果はレーンチェンジ時のフラつきが小さく、収まりもはやいので、安全性と安心感を与えてくれる。


サイズ展開は14インチから18インチまで28サイズをラインナップ。エクストラロード規格という、タイヤの構造を強化し、通常の空気圧より高い空気圧設定により、負荷能力を高めた商品も8サイズラインナップされているから、あらゆるミニバンユーザーにおすすめできる1本だといえるだろう。

著者プロフィール

Tsuyoshi Chiwa 近影

Tsuyoshi Chiwa