BMW人気車種ランキング17選|モデル特徴と新車・中古価格

この記事では、BMWの人気車種ランキングを紹介!

プレミアムな欧州車メーカーとして大人気のBMW。スポーティで若々しい雰囲気を持つモデルが多く、いずれも積極的にドライブしたくなると思える車両ばかり。そんな強い魅力を持つBMWのモデルのなかから、皆さんにお勧めしたいモデルを集めてみました。ぜひお好みのBMWを見つけてください。

※参考:中古車を検索するならグーネット中古車(Goo-net)

BMWについて

BMW

BMWとは、ドイツの自動車メーカーです。Bayerische Motoren Werke AG=バイエルン発動機製造株式会社の略語からBMWという名前になりました。イギリスのMINIとロールス・ロイスを傘下に持ち、モータースポーツ用車両とスポーツ車両の開発を行うBMW Mと、モーターサイクルメーカーのBMW Motorradという子会社もあります。設立は1916年。第一次世界大戦時は航空機用のエンジンを手掛け、以後はモーターサイクル、4輪自動車と開発・生産モデルを拡大していきました。長らくFRもしくはFRベースの4WD車両を作ってきましたが、近年はFF車も手掛けるようになり、スペースファクターに優れる車両も増えてきました。

BMWが人気の理由・魅力とは

BMW

プレミアムな輸入車として、古くから常に高い人気を維持してきたBMW。多くの日本人の心を掴み、憧れの車として注目され続けている魅力はどこにあるのでしょうか。調査してみました。

ポイント

  • がっしりとしたボディで頼もしい
  • 高速道路走行中の安定感の高さ
  • 上級ファミリーカーも用意されている
  • どこにでも乗っていける汎用性
  • 高いブランド力が所有欲を満たす

がっしりとしたボディで頼もしい

いくらエクステリア・インテリアのデザインがよくても、自分が乗り込むボディそのもののクオリティが低ければ台無しです。プレミアムカーとはいえません。しかしBMWは、ドアをしめた瞬間からボディ剛性の高さが伝わってきます。走りの質感の高さをしっかりと支えており、ドライバーズカーとして高い満足度を得ることができます。

高速道路走行中の安定感の高さ

ドイツにはアウトバーンという、速度制限が設定されていない高速道路があります。まるでサーキットのようなハイスピード走行ができる場所においても、BMWの自動車はレールの上を走っているかのごとく、極めて高い安定感を保ったまま移動できます。レーンチェンジ時も安定しており、疲れにくさにも繋がってくる要因であり、長距離移動も快適です。

上級ファミリーカーも用意されている

スポーティなセダンやSUVの印象が強いBMWには、2シリーズグランツアラーのようにファミリーカーとして使うのに最適なモデルも用意されています。室内空間が広く、居住性に優れているので、家族全員乗車しての移動も快適。他にもSUVのX1などもプレミアムなファミリーカーとして使えるポテンシャルを持っています。

どこにでも乗っていける汎用性

プレミアムカーだからといって、恐れる心配はありません。様々な先端安全技術や包み込まれるようなホールド性の高いシート、トルクフルなパワートレインに、インテリジェント4輪駆動システムによって、どのような道路の状態であってもスムースに走れる性能を持っているのがBMWです。スポーティでアクティブな印象をそのままに、海へ山へと走りに行きましょう。

高いブランド力が所有欲を満たす

そしてBMWの最大の魅力が、ブランドそのものが持つ上質なイメージです。BMWの車に乗っているということが自信につながり、自然と運転にも余裕が生まれます。上質なインテリアは、どんな立場の人を乗せても満足してもらえるものですし、「買ってよかった」という満足感も得られます。BMWの車があなたのライフスタイルを高めてくれます。

BMW人気車種ランキング17選

以下では、BMW人気車種をランキング形式で紹介します。

人気1位:BMW 3シリーズ

BMW 3シリーズ

バブル時代に東京で売れまくって「六本木カローラ」と呼ばれた時代から、日本におけるBMWの主軸となっているのが3シリーズです。セダンの3シリーズと、ステーションワゴンの3シリーズツーリングがあり、パワートレインもガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、プラグインハイブリッドから選べます。「OK、BMW」と声で呼びかければBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントが、あなたの次の言葉を待って、各機能を呼び出してくれます。

車種 BMW 3シリーズ
グレード 318i
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4715×1825×1440mm
ホイールベース 2850mm
車両重量 1540kg
サスペンション形式 前:ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイル・スプリング
後:5リンク式、コイル・スプリング
エンジン型式 B48B20A
総排気量 1998cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 156ps(115kW)/4500rpm
最大トルク 25.5kg・m(250N・m)/1350〜4000rpm
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 59L
JC08モード燃費 16.2km/L
新車価格 5,100,000円
中古車価格帯 17~518万円
カタログページ BMW 3シリーズ

人気2位:BMW 5シリーズ

BMW 5シリーズ

Eセグメントの立派な体格をもつのが5シリーズ。セダンと、ステーションワゴンの5シリーズツーリングがあります。ダイナミックさを感じさせるエクステリアデザインに、上質さが隅々まで行き渡っているインテリアデザインの組み合わせで、BMWを所有しているという喜びが得られます。運転中は周囲の状況を常にセンシングして、リスクを先読みして危険を回避するBMW 360 °SAFETYを標準装備。万が一の事故後の対応までサポートしてくれます。

車種 BMW 5シリーズ
グレード 523iラグジュアリー
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4975×1870×1480mm
ホイールベース 2975mm
車両重量 1630kg
サスペンション形式 前:ダブル・ウイッシュボーン式、コイル・スプリング
後:マルチリンク式、コイル・スプリング
エンジン型式 B48B20A
総排気量 1998cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 184ps(135kW)/5000rpm
最大トルク 29.6kg・m(290N・m)/1350〜4250rpm
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 68L
JC08モード燃費 14.4km/L
新車価格 7,600,000円
中古車価格帯 128.8~658万円
カタログページ BMW 5シリーズ

人気3位:BMW 1シリーズ

BMW 1シリーズ

Cセグメントのボディサイズで、実質的にBMWのエントリー/ベーシックカーです。グループ会社が開発・生産しているMiniの技術を一部に取り入れた、BMWにしては珍しいFFハッチバックです。FRではなくなったことで車内空間が拡大し、居住性が高まりました。特に後部座席の足元とラゲッジスペースに余裕が生まれました。アッパークラスのファミリーカーとしての魅力を高めることに成功したのは事実。その意図を汲める方は要チェックです。

車種 BMW 1シリーズ
グレード 118i プレイ
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4335×1800×1465mm
ホイールベース 2670mm
車両重量 1390kg
サスペンション形式 前:シングル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイル・スプリング
後:マルチリンク式、コイル・スプリング
エンジン型式 B38A15A
総排気量 1499cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 140ps(103kW)/4600〜6500rpm
最大トルク 22.4kg・m(220N・m)/1480〜4200rpm
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 50L
JC08モード燃費 16.8km/L
新車価格 4,120,000円
中古車価格帯 265.8~349万円
カタログページ BMW 1シリーズ

人気4位:BMW X1

BMW X1

BMW自身はSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)と呼ぶコンパクトSUV。Xシリーズのなかでは最小クラスのCセグメントで、1シリーズや2シリーズのツアラー系と同じFFプラットフォームを採用しています。ショートオーバーハングかつロングホイールベースな構造もあって、車内空間には余裕があります。パワートレインは1.5L 直3DOHCガソリンエンジンまたは、2.0L 直4DOHCディーゼルエンジンが選べます。

車種 BMW X1
グレード sDrive 18i xライン
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4455×1820×1610mm
ホイールベース 2670mm
車両重量 1520kg
サスペンション形式 前:シングル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイル・スプリング
後:マルチ・リンク式、コイル・スプリング
エンジン型式 B38A15A
総排気量 1498cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 140ps(103kW)/4600rpm
最大トルク 22.4kg・m(220N・m)/1480〜4200rpm
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 61L
JC08モード燃費 14.3km/L
新車価格 4,810,000円
中古車価格帯 64.8~428万円
カタログページ BMW X1

人気5位:BMW X3

BMW X3

BMWは車名の数字が大きいほど車格が大きくなります。X3は「3」の文字がつくモデルですが、侮ってはいけません。5シリーズおよび7シリーズのプラットフォームをベースとしたプラットフォームに変更されたことで、ボディサイズに余裕がでたミドルクラスのSUVなのですから。ハンドリングが鋭敏で、カチッとした乗り味は都市空間の移動に適したもの。もちろん悪路走破性も高く、平日の日常から週末の非日常なアクティビティまで楽しめます。

車種 BMW X3
グレード xDrive 20i
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4720×1890×1675mm
ホイールベース 2865mm
車両重量 1830kg
サスペンション形式 前:ダブルジョイント・スプリングストラット式コイルスプリング
後:マルチリンク式コイルスプリング
エンジン型式 B48B20A
総排気量 1998cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 184ps(135kW)/5000rpm
最大トルク 30.6kg・m(300N・m)/1350〜4000rpm
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 65L
JC08モード燃費
新車価格 7,130,000円
中古車価格帯 137~188万円
カタログページ BMW X3

人気6位:BMW 2シリーズ

BMW 2シリーズ

2ドアクーペ、4ドアクーペ(ハードトップセダン)、5ドアハッチバック(プレミアムコンパクト)と様々なボディ形状をラインナップした人気シリーズです。主体となる4ドアクーペのグランクーペは、1シリーズでも使われているFF向けのプラットフォームを採用。車内空間の拡大に貢献しています。プレミアムカーであることが強く伝わってくるのは、8段ATを採用していること。エンジンのトルクバンドのもっとも美味しいところを使い続けられるため、快適な走行性能を実現しています。

車種 BMX 2シリーズ
グレード 218iグランクーペ
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4535×1800×1430mm
ホイールベース 2670mm
車両重量 1420kg
サスペンション形式 前:シングル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイルスプリング
後:マルチ・リンク式、コイル・スプリング
エンジン型式 B38A15A
総排気量 1498cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 140ps(103kW)/4600rpm
最大トルク 22.4kg・m(220N・m)/1480〜4200rpm
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 50L
JC08モード燃費 16.9km/L
新車価格 4,020,000円
中古車価格帯 298~358万円
カタログページ BMX 2シリーズ

人気7位:BMW 7シリーズ

BMW 7シリーズ

堂々たる風格を携えた、BMWの王様といえるフラッグシップセダンです。多機能ではあるものの、ドライバーに煩雑と思わせる操作を要求しません。最新のコネクティビティ機能を備えており、音声コントロールが可能なBMWパーソナル・アシスタントを介して対話することで、BMW Connectedアプリからさまざまな機能を操作できます。伝統ある直6ターボ、ハイパワーなV8ターボ、圧倒的なパフォーマンスをもたらすV12ターボエンジンが選べます。

車種 BMW 7シリーズ
グレード 740i
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 5125×1900×1480mm
ホイールベース 3070mm
車両重量 1880kg
サスペンション形式 前:ダブル・ウィッシュボーン式、エア・スプリング(セルフ・レベリング機能付)
後:インテグラル・アーム式、エア・スプリング(セルフ・レベリング機能付)
エンジン型式 B58B30C
総排気量 2997cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 340ps(250kW)/5500rpm
最大トルク 45.9kg・m(450N・m)/1500〜5200rpm
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 78L
JC08モード燃費 12.1km/L
新車価格 11,320,000円
中古車価格帯 35~509.9万円
カタログページ BMW 7シリーズ

人気8位:BMW X5

BMW X5

大型のキドニーグリルに、大径のホイール、マッシブなリアセクションと、どの角度から見ても堂々たる体躯となるBMW SUVのミドルクラス。現行モデルはプラットフォームにセダンでフラッグシップとなる7シリーズのものを流用し、全長4921mm、全幅1970mmというサイズに大型化しました。大柄なボディの運動性能を支えるのは3.0L 直6ターボ、4.4L V8ターボのガソリンエンジンと、3.0L 直6ディーゼルターボエンジン、そしてプラグインハイブリッド。いずれも豪快な加速力を持ちます。

車種 BMW X5
グレード xDrive 35d
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4935×2005×1770mm
ホイールベース 2975mm
車両重量 2260kg
サスペンション形式 前:ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング
後:マルチリンク式コイルスプリング
エンジン型式 B57D30B
総排気量 2992cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 286ps(210kW)/4000rpm
最大トルク 66.3kg・m(650N・m)/1500〜2500rpm
燃料供給装置 デジタル・ディーゼル・エレクトロニクス(DDE/電子燃料噴射装置)
使用燃料 軽油
燃料タンク容量 80L
JC08モード燃費 15.9km/L
新車価格 9,610,000円
中古車価格帯 229~868万円
カタログページ BMW X5

人気9位:BMW 4シリーズ

BMW 4シリーズ

2ドアクーペ、4ドアクーペ(ハードトップセダン)、カブリオレ(オープンカー)といったラインナップをもつのが4シリーズです。いずれも新世代のBMWを印象づける、大型のキドニーグリルを採用しています。スポーティなハンドリングはレスポンスに優れ、クイックなドライビングも得意です。車内に入ると、10.25インチの大きなディスプレイがお出迎え。BMWが誇るコネクテッド技術をストレスなく使えるUIで、先端の機能性を体感できます。

車種 BMW 4シリーズ
グレード 420iクーペ
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4775×1850×1395mm
ホイールベース 2850mm
車両重量 1560kg
サスペンション形式 前:ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイルスプリング
後:マルチリンク式コイルスプリング
エンジン型式 B48B20A
総排気量 1998cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 184ps(135kW)/5000rpm
最大トルク 30.6kg・m(300N・m)/1350〜4000rpm
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 59L
JC08モード燃費 15.6km/L
新車価格 5,960,000円
中古車価格帯
カタログページ BMW 4シリーズ

人気10位:BMW Z4

BMW Z4

スポーティな味付けの車種はたくさんありますが、スポーツカーであることを純粋に追求したモデルといえばやはりZ4。グラマラスなボディかつ2シーター、オープンスタイルでロングノーズ・ショートデッキのスタイリングから香り立つオーラは、道と、風と、空を心ゆくまで楽しむためのモデルであることを感じさせます。トヨタとの共同開発でスープラの兄弟車といえる存在でもあり、パフォーマンスも高いレベルにあります。

車種 BMW Z4
グレード sDrive20i Mスポーツ
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4335×1865×1305mm
ホイールベース 2470mm
車両重量 1490kg
サスペンション形式 前:ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイル・スプリング
後:5リンク式コイルスプリング
エンジン型式 B48B20B
総排気量 1998cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 197ps(145kW)/4500rpm
最大トルク 32.6kg・m(320N・m)/1450〜4200rpm
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 52L
JC08モード燃費 14.9km/L
新車価格 7,120,000円
中古車価格帯 243.8~588万円
カタログページ BMW Z4

人気11位:BMW M3

BMW M3

BMWの子会社として存在するBMW Mが手がける、いわばファクトリーカスタムモデルです。BMW 3シリーズをベースにしたものがM3で、もともとはレース参戦用のモデルでしたが、現在は一般公道走行用。それでも戦闘力は抜群です。3.0L 直6ターボエンジンのパワーは285kW、トルクは500Nm。停止状態から時速100kmまでにたったの4.6秒で加速する、強力な動力性能をもつスポーツセダンとして仕上がっています。

車種 BMW M3
グレード M3 コンペティション
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4805×1905×1435mm
ホイールベース 2855mm
車両重量 1740kg
サスペンション形式 前:ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイル・スプリング
後:マルチリンク式コイルスプリング
エンジン型式 S58B30A
総排気量 2992cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 510ps(375kW)/6250rpm
最大トルク 66.3kg・m(650N・m)/2750〜5500rpm
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 59L
JC08モード燃費
新車価格 13,500,000円
中古車価格帯 798~1289.9万円
カタログページ BMW M3

人気12位:BMW M4

BMW M4

4シリーズの2ドアクーペおよびカブリオレをベースに作られたメーカーチューンドモデルです。公道走行が可能なモデルですが、レースへの参戦を念頭において作られたピュアスポーツカーゆえに、一部の運転支援装備は備わっていません。パワートレインは375kWの3.0L 直6DOHCガソリンエンジン。BMW伝統のFRもしくは4WDの設定があり、トランスミッションも6速ミッションまたは8速ステップトロニックが選べます。

車種 BMW M4
グレード M4クーペ
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4805×1885×1395mm
ホイールベース 2855mm
車両重量 1710kg
サスペンション形式 前:ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイル・スプリング
後:マルチリンク式コイルスプリング
エンジン型式 S58B30B
総排気量 2992cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 480ps(353kW)/6250rpm
最大トルク 56.1kg・m(550N・m)/2650〜6130rpm
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 59L
JC08モード燃費
新車価格 13,240,000円
中古車価格帯 370.8~1199万円
カタログページ BMW M4

人気13位:BMW X6

BMW X6

欧米で人気が高い、スタイリッシュなクーペスタイルの大型SUV。プラットフォームは5シリーズやX5と共通です。全長4945×全幅2005×全高1695mmのサイズは、なだらかなボディラインを持った同車であって外から見ると巨大な塊のように感じます。しかし全高はX5より低く、意外と運転もしやすい。可変ダンパーを用いており、路面の状態を問わず余計な衝撃や振動が車内に伝わらないので、長距離移動も快適そのものです。

車種 BMW X6
グレード xDrive 35d Mスポーツ
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4945×2005×1695mm
ホイールベース 2975mm
車両重量 2240kg
サスペンション形式 前:ダブル・ウィッシュボーン式コイルスプリング
後:マルチリンク式コイルスプリング
エンジン型式 B57D30B
総排気量 2992cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 286ps(210kW)/4000rpm
最大トルク 66.3kg・m(650N・m)/1500〜2500rpm
燃料供給装置 デジタル・ディーゼル・エレクトロニクス(DDE/電子燃料噴射装置)
使用燃料 軽油
燃料タンク容量 80L
JC08モード燃費 15.7km/L
新車価格 10,970,000円
中古車価格帯 790~1152.8万円
カタログページ BMW X6

人気14位:BMW X2

BMW X2

大人気ジャンルとなったことで数多のメーカーから数多くの車両がリリースされているSUV。他のモデルとの差別化を図るべく、BMWが選んだ手法がクーペスタイルです。ベースモデルはコンパクトSUVのX1。SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)というカテゴリ名を名乗り、全幅1825mmのワイド&全高1535mmのローなスタイリングとなっています。お気づきでしょうか。実は一般的な機械式駐車場も使えるSUVなのです。

車種 BMW X2
グレード sDrive 18i MスポーツX
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4375×1825×1535mm
ホイールベース 2670mm
車両重量 1500kg
サスペンション形式 前:シングル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイル・スプリング
後:マルチ・リンク式、コイル・スプリング
エンジン型式 B38A15A
総排気量 1498cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 140ps(103kW)/4600rpm
最大トルク 22.4kg・m(220N・m)/1480〜4200rpm
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 61L
JC08モード燃費 14.3km/L
新車価格 5,110,000円
中古車価格帯 223.9~399万円
カタログページ BMW X2

人気15位:BMW X4

BMW X4

スタンダードなSUVであるX3をベースとして、流麗なクーペスタイルのボディを採用したX4。実は、ハンドリングを含めて舗装道路上での走行性能をスポーツカー寄りとしています。4輪駆動システムのxDriveはオーバーステアやアンダーステアが発生しそうな状況となると、駆動輪コントロールに介入。瞬時に前後アクスルへの駆動トルクを最適に可変配分します。このシステムはもちろん雨に濡れたアスファルトや、雪道でも効果的です。

車種 BMW X4
グレード xDrive 20d Mスポーツ
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4765×1920×1620mm
ホイールベース 2865mm
車両重量 1880kg
サスペンション形式 前:ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイルスプリング
後:マルチリンク式コイルスプリング
エンジン型式 B47D20B
総排気量 1995cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 190ps(140kW)/4000rpm
最大トルク 40.8kg・m(400N・m)/1750〜2500rpm
燃料供給装置 デジタル・ディーゼル・エレクトロニクス(DDE/電子燃料噴射装置)
使用燃料 軽油
燃料タンク容量 68L
JC08モード燃費 19.5km/L
新車価格 7,920,000円
中古車価格帯 528~798万円
カタログページ BMW X4

人気16位:BMW M5

BMW M5

4ドアセダンのスタイリングで、どこまでスポーツ性能を高めることができるのか。この命題に取り組んだのがM5です。最大出力460kWの4.4L V型8気筒ツインターボエンジンによる加速力は停車状態からアクセルを踏み込めば、3.3秒で100km/hに達するパフォーマンスを見せつけます。インテリジェント4輪駆動システムのM xDriveによってタイヤは常に路面をつかみ、圧倒的なトラクション性能で他のライバルを寄せ付けません。

車種 BMW M5
グレード コンペティション
年式 2022年1月
全長×全幅×全高 4990×1905×1475mm
ホイールベース 2980mm
車両重量 1940kg
サスペンション形式 前:ダブル・ウィッシュボーン式、コイル・スプリング
後:マルチリンク式、コイル・スプリング
エンジン型式 S63B44B
総排気量 4394cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 625ps(460kW)/6000rpm
最大トルク 76.5kg・m(750N・m)/1800〜5860rpm
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 68L
JC08モード燃費
新車価格 19,380,000円
中古車価格帯 555.5~1689.9万円
カタログページ BMW M5

人気17位:BMW 8シリーズ

BMW 8シリーズ

BMWは偶数番号がつくモデルをクーペスタイルとしており、また数字が大きいほどグレードが上となります。すなわち8シリーズは、クーペスタイルロードモデルの最上位。2ドアクーペ、カブリオレ(オープン)、グランクーペ(4ドア)といった3つのボディを持ち、いずれもラグジュアリーなスポーツカーとして作り上げられました。自己学習するAI音声会話システムも導入。自動車というプロダクトの未来形をいち早く体験することができます。

車種 BMW 8シリーズ
グレード 840i クーペ フローズン・ブラック・エディション
年式 2021年6月
全長×全幅×全高 4855×1900×1340mm
ホイールベース 2820mm
車両重量 1780kg
サスペンション形式 前:ダブル・ウィッシュボーン式コイルスプリング
後:マルチリンク式コイルスプリング
エンジン型式 B58B30C
総排気量 2997cc
内径×行程
圧縮比
最高出力 340ps(250kW)/5000rpm
最大トルク 51.0kg・m(500N・m)/1600〜4500rpm
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 68L
JC08モード燃費 12.4km/L
新車価格 15,000,000円
中古車価格帯
カタログページ BMW 8シリーズ

BMW人気車種の新車・中古価格比較表

▼スクロールできます

車種 グレード 新車価格 中古価格
BMW 3シリーズ 318i 5,100,000円 17~518万円
BMW 5シリーズ 523iラグジュアリー 7,600,000円 128.8~658万円
BMW 1シリーズ 118i プレイ 4,120,000円 265.8~349万円
BMW X1 sDrive 18i xライン 4,810,000円 64.8~428万円
BMW X3 xDrive 20i 7,130,000円 137~188万円
BMW 2シリーズ 218iグランクーペ 4,020,000円 298~358万円
BMW 7シリーズ 740i 11,320,000円 35~509.9万円
BMW X5 xDrive 35d 9,610,000円 229~868万円
BMW 4シリーズ 420iクーペ 5,960,000円
BMW Z4 sDrive20i Mスポーツ 7,120,000円 243.8~588万円
BMW M3 M3 コンペティション 13,500,000円 798~1289.9万円
BMW M4 M4クーペ 13,240,000円 370.8~1199万円
BMW X6 xDrive 35d Mスポーツ 10,970,000円 790~1152.8万円
BMW X2 sDrive 18i MスポーツX 5,110,000円 223.9~399万円
BMW X4 xDrive 20d Mスポーツ 7,920,000円 528~798万円
BMW M5 コンペティション 19,380,000円 555.5~1689.9万円
BMW 8シリーズ 840i クーペ フローズン・ブラック・エディション 15,000,000円

BMW人気車種を試乗予約してみよう

当記事で今まで紹介してきたように、世界に名高いBMWは数多くのモデルをラインナップしているメーカーです。様々なモデルのなかで、自分のライフスタイルにシンデレラフィットするモデルを探すには、気になったモデルから順番に試乗するのが一番。BMWの公式サイトから各モデルの試乗予約ができるので、ぜひ活用してみましょう。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部