2代目フィットは後期型がおすすめ、80万円で買える楽しいMT車!【モーターファンおすすめ中古車】

近年MT車を設定するモデルが少なくなってきている。ホンダ・フィットは4代目に切り替わった際、MT仕様がなくなってしまった。しかし中古車の世界は違う。以前設定されていたMTモデルも比較的安価な値段で手に入る。今回はMT車に安く乗りたい人へ「80万円で手に入る楽しいMT車」を紹介する。

MT車には多くの魅力がある。まずなにより運転が楽しいことだ。自分の好きなタイミングでシフトチェンジを行なえ、クルマとの一体感と、クルマを操っている感覚が得られる。また、伝達効率が高いMTゆえに燃費が良く、さらには誤操作が少ないため事故を起こしにくいという利点もある。

そんな楽しく、魅力あるMT車が最近減ってきている。かつては必ずMTを設定していたホンダ・フィットやスバル・レガシィなどさまざまなモデルでMT仕様が廃止されてしまった。しかし中古車では100万円以下の多くのMTモデルが出回っている。MT車はタマ数が少なく、中古価格も高いという印象を持っている人も多いが、じつは学生でも届くような価格帯でも種類が豊富なのだ。今回はMT車に安く乗りたい人に「80万円で手に入る楽しいMT車」を紹介する。免許取り立ての初心者の方にもおすすめだ。

2代目ホンダ・フィットRS|スポーツ走行も、日常使いもこれ1台!

写真は後期モデル

2代目となるホンダ・フィットは、2007年に発売。HondaのMM(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想を受継ぎ、理想のスモールカーを目指し開発された。激戦のスモールセグメントにおいても、ベンチマークとしてパッケージング、ユーティリティ、ドライビングを、大きく進化させたのが特徴だ。今回紹介するRSはスポーツグレードで、デザインや質感を高めながら、よりスポーティで上質な個性を際立たモデルだ。

エンジンはL15A型1.5ℓ 直4DOHC i-VTECエンジンを搭載。最高出力は120ps、最高トルクは145Nmを発生する。このエンジンは全域にわたって伸びやかでトルクフルな走行性能と低燃費を両立。低速域と高速域で吸気バルブのタイミングとリフト量を切り替え、さらに低・中速域と高速域でのバルブのオーバーラップ量を最適化し、吸排気効率を徹底して高めている。運転をするとタイプRのような爆発的な加速は得られないが、車重は1050kgと軽いため、充分に速く気軽に「スポーツ」を楽しめる魅力的なモデルだ。トランスミッションはCVT、5ATとともに前期モデルには5MT、後期モデルには6MTが用意された。おすすめは6MT。5MTに対して1~3速をローレシオ化し、DBWによるスロットル開度を大きめに制御する設定とあわせ、加速性能を向上させた。

2代目フィットRS(MT)の中古車平均価格は約45万円。
たとえば「フィットRS 2008年式 5MT 走行5万6000kmで44万円」というような中古物件がある。6MTモデルはタマ数が少ないので注意が必要だ。後席の広さや荷室の使い勝手と気軽なスポーツを両立したい人におすすめだ。

※写真はCVTモデル

詳細スペック:RS

全長×全幅×全高(㎜)=3920×1695×1525
ホイールベース(㎜)=2500
エンジン:1.5ℓ 水冷直列4気筒SOHC16バルブ
駆動:FF
最高出力:120ps(88kW)/6600rpm
最大トルク:14.8kg・m(145Nm)/4800rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
トランスミッション:5MT
新車価格:178万5000円
※2007年発売当時のスペック

3代目トヨタ・ヴィッツRS|スペシャルなモデルも設置

写真は前期モデル

3代目トヨタ・ヴィッツは2010年に登場。精悍なスタイルとともに、外見はコンパクトに見えるが、広い室内空間と上質なインテリア、豊富なユーティリティ、さらには質感・快適性・使い勝手・経済性を持ち合わせた万能なコンパクトカーを目指して開発された。そのなかでも今回紹介するRSは、CVTの他に操る楽しさを味わえる5MTの設定があるスポーティグレードだ 。バンパーやルーフスポイラーなどフロント・リヤまわりに専用の意匠が備わり、大人のスポーツマインドに応える多彩な装備を採用しているのが特徴だ。

エンジンは1.5ℓの直4エンジンを搭載。最高出力は109psと控えめながらも軽快な走りを見せる。乗り心地は標準モデルと比べると硬いが、それでも硬すぎず荒れた路面もしなやかに乗り越える。さすがに高速道路を運転するとエンジンの音が大きく、車内にも入ってくるが不快ではない。また2011年にはG’sというスポーツグレードが新設定された。こちらはトヨタが開発するスポーツコンバージョンモデルで、サスペンションなどが専用にチューニングされた。足回りは固く、本格的なスポーツ走行を味わいたい人向けだ。なおモデル末期にはRSのグレードはなくなり、新たにGRスポーツというグレードにバトンタッチした。

RS(G’sも含める)のMT仕様の平均中古価格は70万円。
たとえば「ヴィッツRS 2011年式、5MT、走行3万9000kmで59万円」というような中古車は比較的簡単に見つけられる。爽快な走りを楽しみたい人におすすめだ。

※写真はCVTモデル

詳細スペック:RS

全長×全幅×全高(㎜)=3930×1695×1500
ホイールベース(㎜)=2510
エンジン:1.5ℓ 直列4気筒DOHC
駆動:FF
最高出力:109ps(80kW)/6000rpm
最大トルク:14.1kg・m(138Nm)/4400rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
トランスミッション:5MT
新車価格:172万円
※2010年発売当時のスペック

2代目スズキ・スイフトスポーツ|MT初心者でも運転が楽しめるホットハッチ!

写真は前期モデル

2代目スズキ・スイフトは2005年デビュー。優れた走行性能とデザインが好評のスズキを代表するコンパクトカーだ。この2代目からは日本・欧州・インド・中国など世界でも売られる世界戦略車となり、質感が高められた。しっかりしたハンドリングと高い走行性能、個性的でスポーティーなデザイン、取り回しのしやすいコンパクトなサイズ、使い勝手の良さが特徴だ。スイフトスポーツはそんなスイフトのスポーツモデル。前後のバンパーやアンダースポイラー、16インチアルミホイールなどが専用装備されている。インテリアにはバケットシートまで用意され、スピードメーターは220km/hまで表示があるなどやる気たっぷりのモデルだ。

エンジンは1.6ℓ 直4DOHCで4ATと5MTが選べる。最高出力は125psと1070kgの車重には充分なスペックだ。運転を始めると動き出しから、標準の1.3ℓや1.5ℓエンジンと比べて余裕を感じさせられる。高速巡航時の安定感は抜群で、脚周りも硬すぎないため普段の日常使いでも快適にドライブが楽しめる。

平均中古車価格は50万円。
たとえば「スイフト1.6スポーツ 2007年式、5MT、走行4万9000kmで49万円」というような中古物件がある。ただし今でも人気なスポーツモデルということもあり、他のモデルと比べると走行距離が過多なものや修復歴ありのものが多い。購入を検討する際は状態をしっかり確認しよう。

詳細スペック:スポーツ

全長×全幅×全高(㎜)=3765×1690×1510
ホイールベース(㎜)=2390
エンジン:1.6ℓ 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
駆動:FF
最高出力:125ps(92kW)/6800rpm
最大トルク:15.1kg・m(148Nm)/4800rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:5MT
新車価格:156万4500円
※2005年発売当時のスペック

三菱コルトラリアート|どこか懐かしさもある真のホットハッチ

三菱コルトは、2002年に発売されたコンパクトカーだ。「三菱自動車がダイムラークライスラーとのアライアンス第一弾として新開発のプラットフォームを採用したクルマ」であると同時に、「三菱自動車の新しいデザイン・アイデンティティを具現化した最初のクルマ」として満を持して登場した。
今回紹介するのは、そんなコルトの高性能グレード「ラリーアート バージョンR」。より本格的なスポーツドライビングを楽しみたいユーザーを対象に、手頃な価格で高性能コンパクトスポーツを実現させたモデルだ。標準モデルと比べて開口部を大きく設けたグリル一体型フロントバンパーや同じく新たに開口部を設けたボンネットフードなどが「やる気」を感じさせる。

パワートレーンは、1.5ℓ MIVECターボエンジンを搭載。5MT車では最高出力 154ps/6000rpm、最大トルク210Nm/3500rpm と当時ではクラストップレベルの動力性能を実現。CVTも設定されたがおすすめは5MT車。5MT車は、卓越した動力性能に見合った強度を有する、欧州専用ターボモデルで搭載のゲトラグ社製5速マニュアルトランスミッション、またザックス社製クラッチが採用されている。ターボもドッカンターボなのでどこか懐かしいホットモデルだ。

平均中古価格は約60万円。
たとえばCVTだと「コルト 1.5ラリアートバージョンR 2007年式、走行4万3000kmで車両本体価格54万円」
5MTだと「コルト 1.5ラリアートバージョンR 5MT 2011年式、走行7万4000kmで車両本体価格121万円」というような中古車がある。このようにMTの方が人気があり、MTの相場価格がCVTと比べて約2倍以上となっている。
ただ、スポーツモデルゆえ、走行距離が過多なものや修復歴ありのものが多いことは注意が必要。

詳細スペック:ラリーアート バージョンR(MT)

全長×全幅×全高(mm)=3925×1695×1535
ホイールベース(mm)=2500
エンジン:1.5ℓ 直列4気筒DOHC16バルブICターボ
駆動:FF
最高出力:154ps(113kW)/6000rpm
最大トルク:21.4kg・m(210Nm)/3500rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:5MT
車重(kg):1110
新車価格:197万4000円
※2006年発売当時のスペック

先代ミニ・ミニクーパー|街乗りメインならこれ!毎日の運転が楽しくなる

写真は欧州仕様

BMWミニは言わずと知れたプレミアムコンパクトカー。最近は日本でも輸入車のコンパクトカーとして定番となっている。今回紹介する先代型、先代MINI クーパー日本では2007年にデビュー。一目でミニだとわかる代々受け継がれたレトロで可愛いデザインを継承している。その前のモデルと比べて内外装の見た目は大きく変わらないが、パワステは油圧式から電動アシストに変わり、新開発のエンジンが採用されるなど中身は大きく進化した。

写真は欧州仕様

エンジンは1.6ℓ 直4DOHC自然吸気エンジンが搭載され、最高出力は120ps、最大トルクは160Nmに達する。吸気バルブのタイミングはBMWのバルブトロニックを応用した可変バルブ制御システムによって管理され、バルブのリフト量と開いている時間を電子制御によって精密に無段階に調整する。これにより高い走行性能を実現した。また運転を始めるとすぐに、ミニ特有のゴーカート・フィーリングを感じることができる。ステアリングは本当にクイックで優れた操作性と俊敏性が味わえる。MTだと自分で変速できるため、ゴーカート・フィーリングをさらに味わえるだろう。

平均中古車価格は約75万円。
たとえば「ミニ・ミニ クーパー 2009年式、6MT、走行3万7000kmで70万円」というような中古物件がある。街乗りメインで楽しい運転をしたい人にオススメだ。

写真は欧州仕様

詳細スペック:クーパー

全長×全幅×全高(㎜)=3700×1685×1430
ホイールベース(㎜)=2465
エンジン:1.6ℓ 直列4気筒DOHC16バルブ
駆動:FF
最高出力:120ps(88kW)/6000rpm
最大トルク:16.3kg・m(160Nm)/4250rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:6MT
新車価格:251万円
※2007年発売当時のスペック

今回は80万円で買える楽しいMT車を紹介した。どれも運転していて楽しいモデルだ。80万円以下といえども性格やスペックはさまざまだが、興味のあるモデルをぜひ比較して、好みにあった楽しい一台を選んでいただきたい。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部