新型パスファインダーに、オフ感増し増し!のロッククリークが追加。

新型日産パスファインダー「ロッククリーク」新登場!

新型SUV「日産パスファインダー」の導入からわずか1年、オフロードをイメージした大胆なスタイリングの「ロッククリーク」が加わった!

新型SUV「日産パスファインダー」の導入からわずか1年、オフロードをイメージした大胆な新型モデル「2023年型パスファインダー ロッククリーク」が北米日産のラインアップに加わった。パスファインダー ロッククリークは四輪駆動のみの設定で、他のパスファインダーラインナップが持つファミリー向けモデルとしての快適性や利便性を損なうことなく、より高いレベルの楽しさと冒険心を求める購入者向けに設計されている。

日産パスファインダーは、初代モデルが1986年にデビュー以来モデルチェンジを繰り返し、昨年デビューのR53型で5代目。日本での販売はなく、海外専用モデルとして展開される。ファミリー向け定番SUVとして人気のモデルだ。

新型パスファインダー ロッククリークの追加機能

外装では、最大220ポンド(約100kg)積載可能なチューブ式ルーフラックが装備され、フロントマスクにはダークVモーショングリルとメッシュインサートを組み合わせた専用の仕様となっている。


内装では、ロッククリークの刺繍が入った専用レザーレットにファブリックシート。シート、ステアリングホイール、インストルメントパネル、センターコンソール、ドアパネルなど、視覚に入るほとんどの箇所にオレンジ色のコントラストステッチが施された。加えて、オフロードモード付インテリジェント・アラウンドビューモニターが標準で装備される。

足回りは、5/8インチリフトアップされたオフロードチューンサスペンションが採用され、18インチのビードロックスタイルホイールにオールテレーンタイヤが装着されている。また、フェンダーの脇とリアサイドには、ロッククリークのバッジが装着されている。

牽引用ヒッチレシーバーとハーネス、最大牽引力6,000ポンド、2列目キャプテンチェア、LEDフォグランプを標準装備。また、アグレッシブなエクステリアデザインを引き立てる、モノトーンのエクステリアカラー6色とツートーンのエクステリアカラー4色の組み合わせが用意される。

2023年型パスファインダー ロッククリークは、燃料マッピングの見直しにより、プレミアム燃料1使用時に標準グレードよりも利用可能な馬力(284馬力に対して295馬力)とトルク(259に対して270lb-ft)が向上していることも特徴となっている。

ロッククリークは2023年型パスファインダーの全ラインナップとともに2022年晩夏に北米での発売が予定されている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部