ダイハツ・コペンが発売20周年を記念して、「20周年記念特別仕様車」を1000台限定で発売!

ダイハツの軽オープンスポーツカー「コペン」が、発売20年を記念して1,000台限定の特別仕様車を発売!

ダイハツの軽オープンスポーツカー「COPEN(コペン)」は、2022年6月で2002年の初代モデル発売から20年を迎えた。20年間に渡るファンの熱い想いに応えて、これから軽自動車の可能性と走る楽しさを届けるべく、ダイハツはフラッグシップカーとしてコペンをつくり続けるという。その先駆けとして、2022年9月に特別仕様車の発売を予定している。
コペン20周年記念特別仕様車

初代「コペン」は、誰もが気軽に楽しめる本格的オープン・スポーツカーとして開発され、軽自動車でありながらユニークな外観デザインや電動開閉式ルーフ(アクティブトップ)等の高品質な装備と「持つ悦び、操る楽しさ」という新しい価値観を作り出し、今もなお幅広いオーナーに愛されている。2014年に発売した2代目では、コペンの象徴ともいえる電動式開閉ルーフは継承しつつ、新骨格構造「D-Frame」、内外装着脱構造「DRESS-FORMATION 」の採用により「感動の走行性能」と「自分らしさを表現できるクルマ」が実現された。「Robe(ローブ)」、「XPLAY(エクスプレイ)」に加え、2015年に「Cero(セロ)」、2019年には第4のモデルとして「GR SPORT(ジーアール スポーツ)」を発売してきた。

コペン20周年記念特別仕様車

今回、20周年を記念して2代目として初となるTVCMの放映を開始するとともに、スペシャルサイトにて、これまでのコペンの歩みと特別仕様車の情報を公開する。この20周年記念特別仕様車は、1,000台限定生産で、2022年6月20日(月)より全国一斉に先行受注を開始する予定。丸目のヘッドランプが初代を想起させる「セロ」をベースに、1 台1 台職人が手作りでつくりあげるコペンの上質さを際立たせる特別装備として、2代目に初めて本革製のスポーツシートを採用。自然の中で美しく映える、アイボリーの内装色とシートのコーディネートに加え、20周年の記念エンブレムとシリアルナンバー入りのスカッフプレートで特別感を演出している。

特別仕様車概要

❶20周年記念特別仕様車専用 MOMO製本革巻きステアリング
(メッキオーナメントシルバー加飾/アイボリー加飾付)
(7速スーパーアクティブシフト付CVT車はパドルシフト付)
❷20周年記念特別仕様車専用 自発光式3眼メーター
(シルバーリング付・ブラック盤面<コペンロゴ付>・針赤)
❸20周年記念特別仕様車専用 本革巻きシフトノブ
(7速スーパーアクティブシフト付CVT車はマニュアルモード付)
❹20周年記念特別仕様車専用 アイボリーインパネガーニッシュ(20周年エンブレム付)
❺20周年記念特別仕様車専用 スポーツシート(本革製・アイボリー<コペンロゴ入り>)
❻BBS製鍛造16インチアルミホイール(コペン専用デザイン)

●20周年記念特別仕様車専用 Bi-Angle LED ヘッドランプ
(LEDヘッドランプクリアランスランプ・オートライト付・ブラックエクステンション加飾)
●20周年記念特別仕様車専用 エンブレム
(フロントダイハツマーク/リヤ20周年記念ロゴ・専用車名ロゴ)
●20周年記念特別仕様車専用 メッキアウターハンドル
●20周年記念特別仕様車専用 ドアトリム(合成皮革製インサート・アイボリー)
●20周年記念特別仕様車専用 スカッフプレート(運転席側シリアルナンバー入り)
●20周年記念特別仕様車専用補強(フロントブレース)
●メッキインナードアハンドル/メッキパーキングブレーキボタン/メッキエアコンレジスターノブ
●フロントスーパーLSD(5MT車のみ)

20周年記念特別仕様車専用 MOMO製本革巻きステアリング
20周年記念特別仕様車専用 自発光式3眼メーター
20周年記念特別仕様車専用 本革巻きシフトノブ
20周年記念特別仕様車専用 アイボリーインパネガーニッシュ(20周年エンブレム付)
20周年記念特別仕様車専用 スポーツシート(本革製・アイボリー<コペンロゴ入り>)
BBS製鍛造16インチアルミホイール(コペン専用デザイン)

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部