三菱ふそう・キャンター、ジンバブエの食品メーカーに250台を納入。納車式が行なわれた。

三菱ふそうが小型トラック「キャンター」250台をジンバブエの食品メーカーに納入

三菱ふそうトラック・バス(以下MFTBC)は、アフリカ南部・ジンバブエ共和国の大手食品メーカーであるベーカーズ・イン社にFUSOの小型トラック「キャンター」250台を納入することを発表した。2022年5月には、現地販売代理店のZIMOCO社が首都ハラレの販売拠点にて納車式を開催し、最初の50台を納車した。

ベーカーズ・イン社はジンバブエのほか、隣国のザンビアや東部ケニアにおいて、パン類や焼き菓子の製造・販売や、パン製品やドーナツなどの軽食を提供するレストランを50店舗以上展開している大手食品メーカーだ。FUSOの小型トラック「キャンター」は今後数年間で250台が納車される予定で、ジンバブエ各地の配送ルートを通じ、生産工場から小売店への配送業務に活用される。同社は、流通ネットワークを拡大することで、同国の需要拡大に伴う食パンの製造能力の増強を目指している。

今回納車する「キャンター」を含むジンバブエ向け小型トラックは、MFTBCの川崎製作所から輸出するノックダウン部品を用いて、南アフリカのイースト・ロンドンにあるダイムラー・トラック南アフリカ(DTSA)の工場で組み立てられる。「FA」や「TV」などの中・大型のFUSO車両については、インド・チェンナイに位置するダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社(DICV)のオラガダム工場から、ノックダウン部品として輸出されている。DTSAは商用車の組み立て・製造を担う生産拠点で、FUSOトラックのほか、メルセデス・ベンツのトラックやバスをアフリカ南部地域に提供する機能を担っている。ジンバブエ政府は「Vision 2030」によって中所得国への成長の達成を掲げ、工業化を進めてきた。MFTBCは、耐久性と信頼性に優れたFUSOトラックを現地の顧客に提供し続けることで、ジンバブエのビジネスと経済のさらなる発展への貢献を目指す。

ベーカーズ・イン社に納車した小型トラック「キャンター」の一部

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部