2022年上半期、北米でポルシェ911は5175台、スープラは2684台 ではGR86/BRZは何台売れた?

911 Carrera GTS Cabriolet America edition
スポーツカーのメインマーケットであるアメリカ。そのアメリカでのポルシェの販売台数が発表された。今年上半期、北米でもっとも売れたのは、どのモデルか?

2022年上半期ポルシェ北米販売台数

まずは、Q2(4~6月)のポルシェ北米販売台数を見ていこう。

2022年Q2(4~6月)ポルシェUSセールス
ALL 911:3052台(前年同期比+31.2%)
ALL718:962台(+6.2%)
ALL TAYCAN:2524台(-24.9%)
ALL PANAMERA:1126台(-11.0%)
ALL CAYENNE:5913台(+15.9%)
ALL MACAN:5910台(+15.9%)

トップはカイエン、2位がマカンで、売れているのはSUVであることは明白だ。そのなかで、911シリーズが3052台も売り上げているのは、”さすが911”である。

次はQ1・Q2、つまり2022年上半期の販売台数だ。
2022年Q1~Q2(1~6月)ポルシェUSセールス
ALL 911:5175台(前年同期比+1.3%)
ALL718:1744台(-27.7%)
ALL TAYCAN:4449台(-17.1%)
ALL PANAMERA:1913台(+11.5%)
ALL CAYENNE:8566台(-16.3%)
ALL MACAN:10682台(-7.0%)

Cayenne Turbo GT

マカン、カイエンのSUVの強さは変わらない。ここでも911シリーズは前年同期比+1.3%の5175台を売り上げている。

ニッポンのスポーツカーはどのくらい売れている?

この911シリーズの5175台は、どんな数字なのか?

北米のスポーツカーセールスで、ダントツに強いのはシボレー・コルベットやカマロなどのアメリカンスポーツだ。それを除くとどうなるか?

ここでは日本のスポーツカーの今年上半期のセールスを見てみよう。

2023_GR 86_SpecialEdition_SolarShift

まずはトヨタ勢
トヨタ・スープラ:2684台(昨年同期比-41.0%)
トヨタGR86:6177台(+497.4%)
レクサスLC:833台(−47.1%)
GRスープラが健闘している。日産勢は
370Z:0台
GT-R:54台(-45.5%)
で、もうこれは新型Z待ちとしか言いようがない。

ホンダも同様だ。
ホンダ(アキュラ)NSX:123台(+105%)

911シリーズとはサイズも価格帯も違うが、
マツダ
MX-5 Miata(ロードスター):2800台(-58.1%)
で、ロードスターがコロナ禍で売れた、という状況は一段落ついた格好だ。
スバルBRZ:1663台(+130.7%)
スバルBRZも新車効果で1663台売れた。GR86+BRZ=7840台だ。

ちなみに、2021年の主なスポーツカーの北米販売台数は
フォード・マスタング:5万2414台
シボレー・コルベット:3万3041台
シボレー・カマロ:2万1893台
マツダMX-5 Miata:1万547台
ポルシェ911:1万42台
トヨタGRスープラ:6830台
ポルシェ718:4292台
BMW 8シリーズ:7760台
メルセデスAMG GT:3110台
レクサスLC:2782台
BMW Z4:2367台
スバルBRZ:2320台
ジャガーFタイプ:2212台
トヨタ86:1153台
アウディR8:649台
メルセデス・ベンツSL:462台
日産GT-R:227台
フォードGT:143台
アキュラNSX:124台
BMW i8:18台

となっている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部