約5分で27℃も下がる!夏の車内温度を最も早く下げる方法は?

約5分で27℃も下がる!夏の車内温度を最も早く下げる方法は「エアコン+○○」することだった!

炎天下の駐車場に停めた車内の温度は50℃を超えてしまうこともあり、クルマに乗り込んだ直後はエアコンを使っても「なかなか車内の温度が下がらない!」という状況は夏のカーライフの大きな問題です。では、どうしたら効率的に車内温度を下げることができるのでしょうか?

炎天下の車内は50℃超え、車内温度を最も早く下げる方法は?

連日、気温35℃を超える猛暑日が続いていて、外出するのも命懸け。という近頃の日本の夏では、炎天下の駐車場に停めたクルマの車内温度は、50℃を超え、ダッシュボードの最高温度は75℃に達すると言われています。では、クルマに乗り込んでから、できるだけ早く車内温度を下げるためにはどうしたら良いのでしょうか?JAF(日本自動車連盟)が行った、対策別の車内温度変化に関する事件の結果から最適な方法をみていきましょう。

【実験内容】
・同じ車を5台用意し、車内温度が55℃になったタイミングで、5パターンの方法で温度低下を検証。
・計測器の温度センサーは運転席と助手席の中央、乗員の顔の高さに設置し、経過時間ごとの温度変化を測定。
・実験車両はホンダ・フィットを使用。

【1】ドアの開閉
エアコンは使わず、助手席の窓だけを開け、運転席のドアを5回開閉して車内の熱気を逃し、温度変化を測定。

【2】冷却スプレー
エアコンは使わず、冷却スプレーをシートに10秒ほど吹きかけ、3分間の温度変化を測定。

【3】エアコン(外気導入)
窓は開けず、クルマのエアコン(オート)を外気導入にし温度はLo(最低)に設定、10分間の温度変化を測定。

【4】エアコン(内気循環)
窓は開けず、車のエアコン(オート)を内気循環にし、温度はLo(最低)に設定、10分間の温度変化を測定。

【5】エアコン+窓全開で走行
すべての窓を全開にし、車のエアコン(オート)を外気導入にし、温度はLo(最低)に設定して走行。2分後に窓を閉め、エアコンを内気循環にして3分間走行し、温度変化を測定。

テスト結果:意外にも「エアコン+窓全開で走行」が最も早く冷える。

出展:JAF(日本自動車連盟)

結果は上記グラフのとおりで、 エアコンを使用した3パターンのうち最も早く温度が下がったのは、「エアコン+窓全開で走行」で5分後に28.0℃まで低下した。やはり車内に溜まった熱い空気を外に逃がすことが重要なようです。実験開始の55℃から半分近くまで温度が下がったことになりました。

また、時間は掛かったものの、「エアコン(内気循環)」は10分後に27.5℃、「エアコン(外気導入)」は10分後に29.5℃まで温度が下がりました。意外とやっている人が多い「ドアの開閉」は47.5℃までしか下がらずイマイチ。「冷却スプレー」は3分後に50.1℃までしか低下しないとう結果でした。

「エアコン+走行」は、 短時間で温度を大きく下げられるので、燃費や排ガスも抑えられ、環境面でもメリットが多い。

補足の実験として、「車のボディに水をかける」方法も検証しているが、結果は、バケツ3杯分(24L)の水を掛けても、車内温度は0.9℃しか下がらず、効果はありませんでした。
また、車内温度が下がっても、ハンドルやダッシュボードなどに熱が蓄積していて、あまり温度が下がっていないことがあるので注意が必要です。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部