スズキがインドでコンパクトSUVの新型「ブレッツァ」を発売。従来のビターラ ブレッツァをフルモデルチェンジ

スズキのインド子会社であるマルチ・スズキ・インディア社(マルチ・スズキ社)はこのほど、コンパクトSUV「ビターラ ブレッツァ」を全面改良した新型「ブレッツァ」を、インド国内で6月30日に発売した。

SUVらしい大胆でスポーティな力強いエクステリアを進化。1.5ℓデュアルジェットエンジンを新たに採用して燃費も向上

「ビターラ ブレッツァ」は、スタイリッシュな都市型のコンパクトSUVとして2016年にインドで発売して以来、インドのSUV市場でマルチ・スズキ社の販売を牽引し、これまでにインド国内で累計約75万台を販売してきた。

今回、初めて全面改良された新型「ブレッツァ」は、フードやベルトラインを強調することで、SUVらしい大胆でスポーティな力強いエクステリアを進化させた。ボディサイズは全長3995×全幅1790×全高1685mm。

インテリアは、内装色をブラックとブラウンの2トーンに統一し、アクセントとしてインパネにシルバーの加飾を施すことで、スポーティで都会的な雰囲気に仕上げられた。

また、全方位モニターやヘッドアップディスプレイなどの先進装備をインドのコンパクトSUVで初めて採用するとともに、コネクテッドサービス「スズキコネクト」に対応。さらに、後部座席はシートの幅を広げ、エアコン吹き出し口やUSB電源ソケットなどを新たに装備し、快適性も高められている。マイルドハイブリッドシステム「スマートハイブリッド」のエンジンには、1.5ℓデュアルジェットエンジンを新たに採用し、燃費向上を図った点も新型の特色だ。

近年、インドのSUVセグメントは成長傾向にあり、2021年度の乗用車市場では約40%を占めるに至っている。スズキはインドのSUVセグメントにおいても市場シェアを伸ばすべく、新型「ブレッツァ」の拡販を図る。さらに、8月よりインドのトヨタ・キルロスカ・モーターで生産開始する、スズキが開発した新型SUVを投入し、中期経営計画で掲げた「インド乗用車シェア50%以上」を目指す。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部